ペスケンニウス・ニゲル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ペスケンニウス・ニゲルの胸像
ペスケンニウス・ニゲルが描かれた硬貨

ガイウス・ペスケンニウス・ニゲルラテン語: Gaius Pescennius Niger, 135年から140年 - 194年)は、ローマ帝国の軍人・政治家で、五皇帝の年における三番目の帝位請求者。「ニゲル」という名はラテン語で「黒」を意味し、敵対者だったクロディウス・アルビヌスの「白」(アルビヌス)に対して名付けられた。

生涯[編集]

カッシウス・ディオによれば、ペスケンニウス・ニゲルはイタリアエクィテス(騎士階級)の出自であったという。もともとはシリア属州総督であったが、皇帝ペルティナクスが殺害された後、ディディウス・ユリアヌスが帝位を公売で買った際に、シリアの軍団より皇帝として支持を受けた。彼はすぐにアエギュプトゥスも支配下に置き、さらにアシア在住の軍団の支持も受けた。アシアは当時のローマの中でも最も肥沃な地域であったが、セプティミウス・セウェルスが先にローマ入りを果たすと、セウェルスと対峙、193年キジクスニカイア(現在のイズニク)で敗北、そして194年にイッソスの戦いで敗れるとアンティオキアへ退却、そしてパルティアへ亡命しようとして殺された。

関連項目[編集]