ウァレンティニアヌス朝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ウァレンティニアヌス朝は、ウァレンティニアヌス1世ウァレンスグラティアヌスウァレンティニアヌス2世の4人、もしくはこれに379年から東方副帝となったテオドシウス1世を含め5人のローマ皇帝から成る364年から392年ローマ帝国王朝である。

歴代君主[編集]

西方帝[編集]

東方帝[編集]

王朝断絶後[編集]

王朝の断絶(ウァレンティニアヌス2世の死去で男系が断絶)後も、ウァレンティニアヌス1世の娘ガッラがテオドシウス1世に嫁いでいたので女系を通じて血統は存続した。そしてガッラとテオドシウスとの間に生まれた娘、ガッラ・プラキディアは後のローマ皇帝ホノリウス配下の部将で後に正帝となるコンスタンティウス3世に嫁ぎウァレンティニアヌス3世が生まれた。ウァレンティニアヌス3世は後に皇帝となった(在位425年〜455年、ただしウァレンティニアヌス3世はテオドシウス朝に含む)。 ウァレンティニアヌス1世の子孫は、6世紀の終わりまで、コンスタンティノープルのローマ貴族であり続けた。

参照[編集]

Wikipedia英語版Valentinian dynastyより

関連項目[編集]