レオ2世 (東ローマ皇帝)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レオ2世とゼノンの共同統治期に発行された硬貨

レオ2世467年? - 474年11月17日)は、東ローマ帝国レオ朝の第2代皇帝(在位:474年)。外祖父は初代皇帝レオ1世。父はゼノン。母はレオ1世の娘でゼノンの妻アリアドネ。

474年のレオ1世の死後、皇位は外孫のレオ2世が継ぐこととなった。しかしまだ7歳という幼年であったため、父のゼノンが共同皇帝として即位し、政治を取り仕切ることとなった。

しかし同年のうちに、病のために死去した。その死後ゼノンが正帝として即位した。