クリスプス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クリスプスが描かれた硬貨

フラウィウス・ユリウス・クリスプス(Flavius Julius Crispus、? - 326年)は、ローマ皇帝コンスタンティヌス1世の息子で、彼に任じられた副帝である。

クリスプスはコンスタンティヌスの長子であり、コンスタンティヌスの最初の妻ミネルウィナの息子である[1]。クリスプスはラクタンティウスの教えを受け、教養豊かな青年に育った[2]。17歳で副帝になったクリスプスは父帝によってガリア属州の統治権を与えられ、ここでの蛮族に対する戦いで軍事的才能を発揮した[3]。その後、コンスタンティヌスとリキニウスの戦いにクリスプスは父の下で戦ってその軍事的才能を大いに発揮し、324年ヘレスポントスの海戦では艦隊を率いてリキニウス艦隊を破った[4]。これらの功績によって、老境に入っていたコンスタンティヌスへの人々の人気はクリスプスに吸い寄せられることになった[5]。しかし、これが父の嫉妬と猜疑を呼び、腹違いの弟コンスタンティウス2世が副帝になってガリアの統治に送り込まれると、クリスプスは宮廷内に軟禁状態に置かれた[6]

クリスプスはコンスタンティヌスの治世20年を祝う式典の時、祝典のどさくさにまぎれて逮捕され、イストリアポーラに送られて処刑された[7]。継母ファウスタ英語版の誘惑をクリスプスが拒絶したために、彼女がコンスタンティヌスの猜疑を扇動して殺させたとも言われる[8]。なお、このコンスタンティヌスの非道な行いを、彼の伝記を書いたエウセビオスは弁護の余地がなかったためか、その中では黙殺している[9]

[編集]

  1. ^ ギボン [1996b], p. 99
  2. ^ ibid, p. 100
  3. ^ ibid, p. 100
  4. ^ ギボン [1996a], p. 252-253
  5. ^ ギボン [1996b], p. 100
  6. ^ ibid, p. 102
  7. ^ ibid, p. 103-4
  8. ^ ibid, p. 106
  9. ^ ibid, p. 104

参考文献[編集]