ポッパエア・サビナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポッパエア・サビナ

ポッパエア・サビナPoppaea Sabina, 30年 - 65年)は、第5代ローマ皇帝ネロの2番目の妻。

家族[編集]

イタリアのピケヌム(Picenum - 現在のマルケ)で、ティトゥス・オッリウスと同名の母親ポッパエア・サビナとの間に生まれる。彼等の唯一の子供で、兄弟は誰もいなかった。父親はティベリウス帝時代にクァエストル(財務官)を得ていた中堅の人材であったが、当時プラエフェクトゥス・プラエトリオであったルキウス・アエリウス・セイヤヌスと親密な関係であったためにセイヤヌス失脚後、それ以上の官職を得られないまま没落。彼女の母親は裕福でとても愛嬌のある女性だったとタキトゥスは記述している。しかし母親は47年クラウディウス帝の妃メッサリナによって自害を命ぜられている。

母方の祖父はガイウス・ポッパエウス・サビヌス、身分が低いがティベリウス帝のもとトラキアに転戦、9年執政官(コンスル)職を得て、プロコンスルとしてギリシアに赴くなどティベリウスの忠実な部下であった。彼は35年に没する。ポッパエア・サビナの名前は帝政期の女性の名前の慣習よりこの「ポッパエウス・サビヌス」の女性形である。

ポッパエアが生まれると翌年父親オッリウスが没し、母親はプブリウス・コルネリウス・レントゥルス・スキピオと再婚する。再婚の夫は軍務からコンスル職に当選し、元老院議員になった人物であり、これにより母親と娘は皇帝に近い存在となる。

結婚[編集]

ポッパエアは西暦44年、ルフリウス・クリスピヌスと結婚する。夫はエクィテス(騎士階級)の出自ではあったが、クラウディウス帝の時代にはプラエフェクトゥス・プラエトリオまで上り詰めた男であった。後にクリスピヌスはネロの母小アグリッピナによって失脚し、セクストゥス・アフラニウス・ブッルスがその後任となった。クリスピヌスはその後、65年にネロの暗殺計画に名を連ねたとして流罪となる。
58年頃、ポッパエアは二人の子がいたにも関わらず失脚した夫を見限って、ネロの親しい友人で当時財務官を務めていたオトと結婚した。しかし結婚後まもなくオトを通じてポッパエアを知ったネロに愛され皇帝の愛人となり、オトはルシタニアに左遷されてしまったと言われる。
また、ネロの愛人だったポッパエアを、ネロが妻のオクタウィアと正式に離婚するまで保護するはずだったのに、オトがポッパエアを自分の愛人にしてしまいネロとの友情が壊れ、オトはルシタニアに左遷されたとも言われる。

皇帝の妃として[編集]

ポッパエア・サビナ(右)とネロの肖像が彫られた硬貨

歴史家タキトゥスの彼女に対する見方は厳しく、野心があり、非情な女性と述べている。ポッパエアはネロに近付きたいがために、オトと結婚したと言い、またネロの母小アグリッピナの殺害をネロに後押ししたのも彼女だと言う。62年にブッルスが死去、後任のプラエフェクトゥス・プラエトリオの1人ガイウス・オフォニウス・ティゲッリヌスと組んでルキウス・アンナエウス・セネカを政界引退へ追い込み、ネロと妻クラウディア・オクタウィアの離縁に反対する人物が退くと、ネロはオクタウィアを離婚し、更に自殺させた。ポッパエアはその年の内にネロと結婚し、娘が1人生まれた。ネロの喜びは大きく母と娘に「アウグスタ」の称号を与える。しかし娘は数カ月のちに夭折した。

皇帝の妻としての彼女の評判は良くない。前述のタキトゥスはもとよりキリスト教会の資料でも、この頃のキリスト教を迫害したのはネロではなくポッパエアがネロを動かしていたのだとするものもある。しかしユダヤ教徒の歴史家フラウィウス・ヨセフスは彼女をとても信仰厚い女性だと記述している。この記述の差異は当時ローマ社会で起こっていたギリシア人とユダヤ人の対立で彼女はユダヤ人社会の保護者であったと言う説もある。

65年に死去、ネロは悲嘆にくれ、彼女の遺体は火葬には付されず、中には香料を詰められ香油に漬けられたと言う。しかしスエトニウスによると、第2子を懐妊中にネロが戦車競技からの帰還が遅いことをなじって口論となり、ネロに下腹部を蹴られたのが死の原因とされる。 タキトゥスの年代記では、幾人もの史家がポッパエアはネロに毒殺されたと伝えていると書かれている。タキトゥス自身は「ネロはポッパエアを熱愛していたし、何より子供を欲しがっていた」としてスエトニウスと同じく夫婦喧嘩からの事故死説を採っている。

外部リンク[編集]