ヒスパニア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ローマ帝国初期の行政区分

ヒスパニアラテン語: Hispania)は、イベリア半島(現在のスペインポルトガルや、アンドラジブラルタルの領域)の古名である。なお、スペインの現代語での名称(西: España: Espagne: Spain: Spanien: Испанияなど)は全てこのヒスパニアを語源とする。

語源[編集]

フェニキア語で「隠れた土地」や「ウサギの土地」を意味する言葉に由来するとされている。

歴史[編集]

先住民族はイベリア人とされているが、ケルト人フェニキア人ギリシア人なども入植している。カルタゴ支配(植民地)を経た後に共和政ローマの支配下に入り、ヒスパニア・キテリオルラテン語: Hispania Citerior、イベリア半島北部)、ヒスパニア・ウルテリオルラテン語: Hispania Ulterior、イベリア半島南部から西部、現在のスペイン・アンダルシア州とポルトガル主要部に相当)の2つに分かれた。

ローマ帝国の初代皇帝アウグストゥスの時期にヒスパニア全土がローマの支配下へ入り、ヒスパニアはヒスパニア・タッラコネンシスヒスパニア・バエティカルシタニアへと再編された。

関連項目[編集]