タイファ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1031年のイベリア半島。緑がタイファの版図

タイファスペイン語ポルトガル語 Taifa)は、かつてイベリア半島に存在したイスラム教諸王国およびその君主を指す語。アラビア語で「分立している集団」「部族集団」などを意味するターイファ طائفة tā'ifa (複数形はタワーイフ طوائف tawā'if )に由来する名称で、「分立する諸王(朝)」ほどの意味である「ムルーク・アッタワーイフ」 ملوك الطوائفmulūk al-tawā'if と呼ばれる。「ターイファ諸国」、「群小王朝」などとも訳される。1031年後ウマイヤ朝が滅亡したあとに誕生した。

概要[編集]

1031年のイベリア半島

イベリア半島の歴史におけるタイファという語は、独立したムスリム支配の君主国、 首長国あるいは 小王国を指す。1031年コルドバを首都とした後ウマイヤ朝が最終的に崩壊したあとに、イベリア半島(アンダルス)各地に建国された。

タイファの起源が後ウマイヤ朝の行政上の区分にあることはほぼ間違いない。また、後ウマイヤ朝のエリートの民族区分にも起源を持つ。アラブ人(力はあったが少数派であった)、ベルベル人、イベリア半島のイスラム教徒(ムラディとして知られる)、そしてサカーリバ(ヨーロッパ人奴隷)である。

タイファ諸国は11世紀末から12世紀はじめにムラービト朝によって征服されたが、12世紀なかばにムラービト朝が衰えると再びタイファ諸国が分立した。

11世紀および12世紀半ばのタイファ諸国の全盛期には、タイファのアミールたちは互いに競い合った。軍事面だけでなく、名声も競争の対象であり、有名な詩人や芸術家を迎え入れようとした。

半島北部のキリスト教諸王国はしばしば後ウマイヤ朝カリフに貢物を贈っていたが、後ウマイヤ朝が滅亡すると立場が逆転した。分裂したタイファ諸国はキリスト教諸国よりも劣勢となり、カスティーリャ・レオン王国などにパリアと呼ばれる貢物を納めて臣従した。   軍事力の弱体化によって、タイファの君主はキリスト教諸国と戦うために二度にわたって北アフリカ(マグリブ)の軍勢に頼った。1085年トレドの陥落後にはムラービト朝の軍勢に頼り、 1147年リスボンの陥落の際にはムワッヒド朝に頼っている。しかし、これらのマグリブのイスラム新勢力は、タイファ諸国を助けるよりも、彼らの版図にタイファ諸国を組み入れて支配した。

タイファ諸国は、隣国と戦うためにしばしばキリスト教徒の傭兵を雇った。エル・シッドが有名な例として挙げられる。 

大きなタイファは次のとおり。

サラゴサ、トレド、バダホスは、もともと後ウマイヤ朝の国境警備軍の管轄区であった。

主なタイファ諸王朝[編集]

 

全てのタイファのリスト[編集]

名称は現代スペイン語、ポルトガル語

  • アルバラチン'Albarracín': 1011-1104 (Almoravidsへ)
  • アルジェシラス'w:en:Algeciras': 1035-58 (セビリアへ)
  • アルメリア w:en:Almería: 1011-91 (to Almoravids); 1145-47 (briefly to Castile and then to Almohads)
  • アルプエンテ'w:en:Alpuente': 1009-1106 (to Almoravids)
  • アルコス w:en:Arcos: 1011-91 (to Almoravids); 1143 (to Almohads)
  • バダホス w:en:Badajoz: 1009-1094 (to Almoravids); 1145-50 (to Almohads)
  • バエサ Baeza: 1224-26 (to Castile)
  • バレアレス諸島'w:en:Balearic Islands'あるいはマジョルカ: 1076-1116 (to Almoravids)
  • ベハおよびエボラ'Beja and Évora': 1114-50 (to Almohads)
  • カルモナ'w:en:Carmona': 1013-91 (to Almoravids); a second period is diffuse
  • カスタンティーナおよびホルナチェロス Constantina and Hornachuelos: dates and destiny diffuse
  • コルドバ Córdoba (Cordova) (organized as republic): 1031-91 (to Seville)
  • デニア'w:en:Denia': 1010/12-76 (to Zaragoza); 1224-1227 (to Almohads?)
  • グラナダ w:en:Granada (Garnata): 1013-90 (to Almoravids); 1145 (to Almoravids?); 1237-1492 (this last period not usually considered to be a taifa; to Castile); 1568-71 (rebellion of Las Alpujarras after Arabic and Muslim customs were forbidden, two successive kings were appointed by the rebels)
  • グァディクスおよびバサ'Guádix and Baza': 1145-51 (to Murcia)
  • ハエン'w:en:Jaén': 1145-1159 (to Murcia); 1168 (to Almohads)
  • ヘリカ'Jérica': dates and destiny diffuse
  • リスボン'w:en:Lisboa (Lisbon)': 1022-? (to Badajoz)
  • ロルカ'w:en:Lorca': 1051-91 (to Almoravids); 1240-65 (to Castile)
  • マラガ'w:en:Málaga': 1026-57/58 (to Granada); 1073-90 (to Almoravids); 1145-53 (to Almohads)
  • メノルカ'w:en:Menorca': 1228-87 (to Aragon)
  • メルトラ'Mértola': 1033-91 (to Almoravids); 1144-45 (to Badajoz); 1146-51 (to Almohads)
  • モリナ w:en:Molina: ?-1100 (to Aragon)
  • マロン'w:en:Morón': 1013-66 (to Seville)
  • ムルシア'w:en:Murcia': 1011/12-65 (to Valencia); 1065-78 (to Seville); 1145 (to Valencia); 1147-72 (to Almohads); 1228-66 (to Castile)
  • ムルビエドロおよびサグント'Murviedro and Sagunto': 1086-92 (to Almoravids)
  • ニエブラ w:en:Niebla: 1023/24-91 (to Seville); 1145-50? (to Almohads); 1234-62 (to Castile)
  • オリフエラ'w:en:Orihuela': 1239/40-49/50 (to Murcia or Castile)
  • プルチェラ'Purchena': dates and destiny diffuse
  • ロンダ'Ronda': 1039/40-65 (to Seville); 1145 (to Almoravids)
  • サルテスおよびウエルバ'Saltés and Huelva': 1012/13-51/53 (to Seville)
  • サンタ・マリア・デル・アルガルベ'Santa María del Algarve': 1018-51 (to Seville)
  • サンタレン w:en:Santarem: ?-1147 (to Portugal)
  • セゴルベ'Segorbe': dates and destiny diffuse
  • セグラ'Segura': 1147-? (destiny unknown)
  • セビリア Sevilla (w:en:Seville): 1023-91 (to Almoravids)
  • シルベス Silves: 1040-63 (to Seville); 1144-55 (to Almohads)
  • タビラ'Tavira': dates and destiny diffuse
  • テハダ Tejada: 1145-50 (to Almohads)
  • トレド'Toledo': 1010/31-85 (to Castile)
  • トルトサ'w:en:Tortosa': 1039-60 (to Saragossa); 1081/82-92 (to Denia)
  • バレンシア Valencia: 1010/11-94 (to El Cid, nominally vassal of Castile); 1145-72 (to Almohads); 1228/29-38 (to Aragon)
  • サラゴサ'w:en:Zaragoza': 1013-46 (then divided into several minor states); 1046-1110 (to Almoravids); continuity in Rueda until 1030 (to Aragon)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]