スペイン帝国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スペイン帝国
Imperio español
1492年 - 1898年
スペイン帝国の国旗
(国旗)
国の標語: Plus Ultra
ラテン語: 更なる前進
スペイン帝国の位置
公用語 スペイン語
首都 トレド(1492-1561)
マドリード(1561-1601)
バリャドリード(1601-1606)
マドリード(1606-現在)
国王
(1873年-1874年までは共和制
1474年 - 1516年 カトリック両王
1873年 - 1874年 スペイン第一共和政
1886年 - 1931年 アルフォンソ13世
面積
1790年 20,000,000km²
人口
1790年 60,000,000人
変遷
アメリカ大陸の発見 1492年10月12日
パリ条約による植民地帝国崩壊 1898年
通貨 スペイン・レアル
ペセタ
黄金の世紀におけるスペイン帝国(赤はスペイン王国、青はポルトガル王国)の領土、植民地、属領(1580年-1640年)

スペイン帝国(スペインていこく、西: Imperio Español)は、スペインとその植民地属領などの総称である。カスティーリャ王国アラゴン王国合併によって成立したスペイン王国ナスル朝グラナダ王国を滅ぼし、イベリア半島からイスラーム勢力を一掃した1492年以降、1898年の米西戦争に敗北して、ほぼ全ての海外植民地を失うまでの期間を指す。「帝国」の名称はその広大な統治領域に由来し、君主号皇帝)とは無関係である。更に、1868年から1874年は空位および共和制の時代である。

とりわけ、16世紀中盤から17世紀前半までの約80年間はスペインが史上最も繁栄した時期であり、黄金世紀(Siglo de Oro)と呼ばれている。スペイン君主のカルロス1世神聖ローマ帝国皇帝に即位した際には、ヨーロッパにも本国以外の広大な領土を持つなど、その繁栄の様は「太陽の沈まない国」と形容された。

概要[編集]

長らく分裂状態にあったイベリア半島であったが、カトリック両王の下で統合を果たしたスペイン王国が1492年グラナダを陥落させてナスル朝を滅ぼし、レコンキスタを完成させた。その後、スペインは国力を蓄えていき、1519年には国王カルロス1世神聖ローマ皇帝カール5世としても即位し、ハプスブルク家の全盛期を迎えるに至る。

この時代、スペインは「アメリカ大陸の発見」によって新たな領土を獲得し、国家としても隆盛を極めていた。1521年にはアステカ王国を滅ぼし、1532年にはインカ帝国を滅ぼし、アメリカ大陸はそのほとんどがスペインの植民地となっていた。

「帝国」スペインはフェリペ2世の在位中に最盛期を迎えた。1580年から1640年にかけてスペイン王がポルトガル王も兼ねるようになり、中南米やアジア・アフリカ沿岸に点在するポルトガルの海外植民地を獲得した。また、ヨーロッパではネーデルラント南イタリアシチリア王国ナポリ王国)などを属領とし、フィリピンなどの従来植民地と併せた広大な領土を統治する大国となった。しかし、その治世は多難であり、イタリア戦争宗教改革第一次ウィーン包囲といった脅威に晒され、プレヴェザの海戦アルマダ海戦での敗北など、衰退の兆しも現れ始めていた。1588年アルマダ海戦にて、スペインの無敵艦隊イングランド海軍に敗れると、スペインの衰退は顕著になっていった。イングランドはこの後急速に国力を高め、17世紀後半には史上最大の帝国であるイギリス帝国へと発展していった。

その後のスペインは衰退の一途を辿り、1640年にはポルトガルが独立する(ポルトガル王政復古戦争)。八十年戦争の結果、ネーデルラント連邦共和国(オランダ)も独立を確保する。更に三十年戦争に介入するが敗退し、1659年フランスと不平等条約のピレネー条約を締結し、スペインの黄金世紀は終焉を迎えた。黄金世紀は幕を閉じたが、スペインの植民地は成長を続け、19世紀まで続く植民地帝国としての地位を維持し続けることに成功した。

17世紀末にはスペイン・ハプスブルク家が断絶し、王位継承問題のこじれからスペイン継承戦争が始まった。この戦争は12年に及び、戦後処理としてイギリスジブラルタルフロリダを譲るなど、スペインの影響力は著しく低下した。カルロス3世(在位:1759年 - 1788年)の時代に一定の中興が成されたものの、イギリス、フランス、オランダなどの新興勢力の後塵を拝することとなった。それでもアメリカ独立戦争におけるスペインの躍進は、スペインの強国としての活気を取り戻した印象をスペイン人に抱かせることとなった。しかしこの結果、新世界においてはアメリカ合衆国の独立によって、スペインによる植民地支配からの脱植民地化の時代へと転換していく契機となった。

その後は、ナポレオン・ボナパルト率いるフランス帝国の侵攻(ナポレオン戦争)と王位簒奪、それに抵抗するスペイン独立戦争、1820年のリエゴ革命による王政の一時廃止と、それまでの混乱に乗じたスペイン領インディアス植民地の相次ぐ実質的独立など、スペインは苦難の歴史を迎えることとなる。

1868年のスペイン9月革命、1873年のスペイン第一共和政成立を経て、1874年にスペインは王制復古を果たすが、1898年に勃発した米西戦争でアメリカ合衆国に敗北し、パリ条約によってカリブ海域ではキューバの独立、アメリカ合衆国へのプエルトリコ割譲、太平洋地域では米へのフィリピン割譲、米・によるミクロネシア諸島分割により残された海外植民地のほぼ全てを失った。

こうして19世紀末までに、かつての「世界帝国」スペインの遺産はそのほとんどが失われてしまった。これ以後、スペインはわずかに残された北アフリカの植民地(スペイン領サハラ)の維持・拡大を、フランスとの提携を通じて模索していくことになる。

脚註[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]