ピレネー条約

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ピレネー条約: Treaty of the Pyrenees: Traité des Pyrénées)は、三十年戦争さなかの1635年に始まり、三十年戦争終結後も継続していたフランススペインの間のフランス・スペイン戦争英語版(西仏戦争。1635年 - 1659年)の終戦条約で、1659年に結ばれた。この条約は、2つの国の間を流れるビダソア川にある島であるフェザント島(Pheasant Island)において締結された。

背景[編集]

フランスは、1620年代のオランダでの反乱と1634年スウェーデンに対するネルトリンゲンの戦い1634年)におけるスペインの勝利の後、三十年戦争に突入した。1640年までに、フランスはカタルーニャ君主国カタルーニャ共和国)における収穫人戦争1640年 - 1659年)を支援し、スペインの政策を妨害を開始していた。一方、スペインはそれに対抗し、1648年フランスにおけるフロンドの乱を支援した。

1648年ヴェストファーレン条約の交渉では、フランスはアルザスロレーヌを手に入れ、オーストリアを経由していたネーデルラントへのスペインの接続点を切断した。オーストリアはスペインとフランス間の直接の戦争が生じるように仕向けていた。

Tratado Pirineos 1659.jpg

三十年戦争の終結から10年後、イングランド・フランス同盟軍は1658年砂丘の戦い英語版において勝利を収め、1659年に講和が成立した。

条約の内容[編集]

フランスはルシヨンアルトワルクセンブルクの一部とフランドルの一部を手に入れ、スペインとの国境をピレネー山脈に固定した。しかし条約は、ピレネー山脈の北にある全ての村はフランスの一部であるという条件を記述していた。この理由により、スペインの飛び地がこのフランスの領域に生じた。リビア(Llívia)の町がそうであった。これは村でなく町とみなされたため、スペインの支配下にとどまり、スペインのジローナ州のサルダーニャの自治区となった。

条約は同様に、ルイ14世フェリペ4世の娘であるマリー・テレーズの結婚を承認していた。マリー・テレーズには持参金として、賠償金をつける代わりにフランスはスペインの王座に関する権利の放棄を強要された。この賠償金は支払われることなく、1668年のネーデルラント継承戦争、1701年のスペイン継承戦争の原因となった。

敗北とマリー・テレーズの持参金の支払いができない事実は、スペインがヨーロッパの中で重要な位置から転がり落ちたことを示していた。一方、「アンシャン・レジーム」のフランスはその力をつけてきた。

カタルーニャの行く末[編集]

カタルーニャの地図。この地はこの条約により割譲された。

ルシヨンコンフラン英語版ヴァレスピール英語版カプシール英語版サルダーニャの半分は、現在サルダーニャ、もしくはフランス領カタルーニャとして知られており、フランス領として残っている。毎年11月7日にカタルーニャでは、これを記憶するイベントをペルピニャン(Perpignan)で開催している。

条約はカタルーニャの社会制度の維持に関して何点かの条項を含んでいた。しかし、ルイ14世はこの部分を尊重しなかった。条約が署名された1年後に、北カタルーニャの社会制度は大きく変わった。1700年4月2日5月1日より有効)にフランス国王の勅命として、カタルーニャ語を公的に使用することを禁じた。それ以降、フランス語が唯一の公用語となった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 条約全文 (PDF), France National Archives transcription フランス語