ヌエバ・グラナダ副王領

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヌエバ・グラナダ副王領
Virreinato de la Nueva Granada
ヌエバ・グラナダ王国 1717年 - 1723年
1739年 - 1810年
ベネズエラ総督領
大コロンビア
トリニダード島
ヌエバ・グラナダ副王領の国旗 ヌエバ・グラナダ副王領の国章
(国旗) (国章)
国の標語: Vtraque Vnvm
国歌: 国王行進曲
ヌエバ・グラナダ副王領の位置
1813年時のヌエバ・グラナダ副王領の地図
公用語 スペイン語
首都 サンタフェ
スペイン国王
xxxx年 - xxxx年 不明
変遷
創設 1717年5月27日
一時廃止 1723年1月15日
再創設 1739年8月20日
崩壊 1810年7月20日

ヌエバ・グラナダ副王領(ヌエバ・グラナダふくおうりょう、スペイン語: Virreinato de Nueva Granada)は、スペイン中南米植民地化の間に作った副王領のひとつである[1]

ヌエバ・グラナダ王国スペイン語版英語版1550年-1717年)。 1717年5月27日に初めてこの名前で創設され[2]、その後1723年に一時廃止。1739年に再び創設された[1]。現在のコロンビアパナマ(1751年以降)、エクアドルベネズエラを含み、その首都はサンタ・フェ(現在のボゴタ)に置かれた[1]ブルボン王朝植民地行政改革の一環として、またカリブ海でのイギリスの活動に対する防備の強化を目的として、ペルー副王領の領地から分割され、18世紀には商業上の重要性を増し、人口も増大した[1]。その後の商業と政治の改革、植民地産品の欧州の需要に伴い、繁栄の時代を迎えるが、ペニンスラールと中流上流階級のクリオーリョの関係は分裂し悪化した[1]

副王領は1810年、領域の多くでスペイン人の官吏が排斥され、崩壊し始めた[1]。当初、新政府はスペインの君主に忠誠を誓ったが、翌年からそれぞれ独立を宣言し始めた[1]。一連の内戦により、1814年から1816年のスペインによるヌエバ・グラナダ諸州連合の一時的な再征服を導き、1823年にスペイン支配から解放された[1]ヌエバ・グラナダ共和国という名前は1830年から1835年の間コロンビアによって採択された[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i "Viceroyalty of New Granada." Encyclopadia Britannica. 2008. Encyclopadia Britannica Online. 2012年4月6日.
  2. ^ (スペイン語) El archipiélago de Los Monjes y las relaciones diplomáticas con Venezuela: El Virreinato

関連項目[編集]