新世界

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
緑の地域(南北アメリカ大陸オーストラリア周辺)が大航海時代の新世界

新世界(しんせかい、New World)あるいは新大陸(しんたいりく、New Continent)とは、大航海時代欧州人が新たに発見した土地に対する呼称である。

概要[編集]

しばしば南北アメリカとその近隣の島々を集合的に表すものとして用いられるが、広くはオーストラリア大陸とその周辺諸島をも含み称せられる。これらの地域が発見される以前の欧州では、世界が欧州、アジアアフリカ、すなわち「旧世界」からのみ形成されると考えられていた。つまり、旧世界から隔絶した世界であったので、新世界と呼ばれる。

歴史[編集]

キリスト教社会が形成されるより前の時代に移住し、そのまま定住した民族が独自の文化を形成していた地域も多く、かつては文化の類似性により、現在ではそれに加えて遺伝子の共通性によって、遠く離れた地域に住む民族が同一の祖先を持つと推測されることがある。

今日、これらの諸地域では、西欧の言語である英語フランス語スペイン語ポルトガル語オランダ語が話されており、西欧人の子孫が支配権を維持する社会が形成されている。

生物学[編集]

生物学の世界では、しばしば南北アメリカ大陸と同様の生物相を持つ地域を「新世界」と称し(新世界ザルなど)、今日の生物地理区では「新北区」及び「新熱帯区」に区分されている。また、オーストラリア大陸や太平洋諸島と同様の生物相を持つ地域は「オーストラリア区」および「オセアニア区」に区分される。生物相の違いは、地学分野のプレートテクトニクス理論においても、海進、海退や大陸分断の状況を判断する資料のひとつとして用いられる。


関連項目[編集]