ドイツ植民地帝国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドイツ植民地帝国、濃青が本土、赤の点がプロイセンが建設した植民地、水色がドイツ帝国が建設した植民地。黄色がヴェルザー家のヴェネズエラ植民計画を実行した範囲。

ドイツ植民地帝国(ドイツしょくみんちていこく、: Deutsche KolonienもしくはDeutsche Schutzgebiete: German colonial empire)は主に19世紀後半から第一次世界大戦までにかけて、ドイツ帝国が保有していた旧植民地の総称である。

概要[編集]

ドイツは統一国家の建設に他の西欧諸国に比べ遅れをとったため、18世紀プロイセンによるグロース・フリードリヒスブルクドイツ語版(今日のガーナ)などがあったものの本格的な海外植民地の建設も遅い時期になった。

しかしドイツ人が建設した事例は1526年カール5世フッガー家とならぶ金融業者ヴェルザー家に負債の棒引きを条件に、南米のいまのヴェネズエラの地域の全面的な統治権と司法権を譲渡したのが最も古い例である。ヴェルザー家はヴェネズエラ探検をランツクネヒトに依頼させたが、伝説の黄金郷エル・ドラドを求めた探検は、先住民への虐殺無道を極め、それはラス・カサスによって「地上のどのならずどもよりも残虐である」と激しく非難されている。ヴェルザー家はヴェネズエラ経営が採算に合わないことを理由に撤退し、この地はスペインの植民地となった[1]

統一ドイツ帝国の成立後、アフリカ太平洋などに海外植民地を建設し、ヴィルヘルム2世のもと積極的な海外進出を行った。 第一次世界大戦においては、東アフリカを除くドイツ領植民地は英海軍による海上封鎖などにより補給が行えずほどなく連合国軍に占領されているが東アフリカだけはパウル・フォン・レットウ=フォルベック将軍率いる現地人を中心としたゲリラ部隊が終戦まで抵抗を続けた。第一次世界大戦敗戦の結果、ドイツ領植民地は英仏日その他に分割され消滅した。

植民地[編集]

ドイツは19世紀後半以降以下の植民地を保有した。

脚注[編集]

  1. ^ 菊池良生「傭兵の二千年史」(講談社現代文庫、2002年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]