ドイツの国旗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドイツの国旗
ドイツの旗
用途及び属性 市民・政府陸上、市民・政府海上?
縦横比 3:5
制定日 1949年5月23日
使用色
テンプレートを表示

現在のドイツ連邦共和国国旗は、上から順に黒・赤・金の三色で構成されている。国旗の規定はドイツ連邦共和国基本法の第22条に記されている。

この色について、ドイツ大使館は「色の由来についての定説はない」とする[1]が、杉浦によれば1813年ナポレオン戦争時にルートヴィヒ・アドルフ・ヴィルヘルム・フォン・リュッツォウが率いたリュッツォウ義勇軍の軍服(黒地に赤の襟、金のボタン)と、リュツォー義勇軍の志願兵として参戦したイェーナー大学の学生が1815年6月に結成したイェーナー・ブルシェンシャフトの旗印・制服の色に由来するとするのがほぼ一致した説だとする[2]。また、神聖ローマ帝国の紋(金地に赤のくちばしとつめをもった黒い)に由来するともされるが旗章学の立場はこの説について否定的である[3]ブルシェンシャフト形成に重大な影響をあたえたjahn Friedrich Ludwigの1849年1月15日演説によれば黒・赤・金はそれぞれ名誉・自由・祖国を表し[4]、ベルクシュトレッサーの1948年9月演説によれば「統一と自由(Einheit und Freiheit)」「自由のなかの統一(Einheit in Freiheit)」の伝統を表現しているとされる[5]。 黒は勤勉、赤は情熱、金は名誉を表すともされる[要出典]1848年革命(ドイツ三月革命)ではドイツ統一を求める自由主義者らが黒赤金の旗をシンボルとした。

現在の国旗[編集]

ドイツ連邦共和国[編集]

政府旗・軍艦旗を民間で用いることは禁じられているが、政府旗とよく似たデザインの、市民旗に国章をアレンジした旗が民間で用いられることがある。

変遷[編集]

神聖ローマ帝国[編集]

ドイツ連邦→北ドイツ連邦[編集]

北ドイツ連邦の国旗は、オーストリア帝国ハプスブルク家)の色に近い金から、北ドイツ連邦での盟主となったプロイセン王国の色である黒と白を入れたと言われている。黒と白はプロイセンの旗に、白と赤はハンブルクブレーメンリューベックなどの北ドイツのハンザ同盟の旗に由来する。北ドイツ連邦の国旗は、その後身であるドイツ国ドイツ帝国)に引き継がれる。

ドイツ国(帝政→ヴァイマル共和政→ナチス・ドイツ)[編集]

帝政時代の国旗は、ヴァイマル共和国時代にもドイツ国防軍旗として使用された。1933年3月12日に大統領布告で正式な国旗を制定するまでの暫定的な措置としてナチスの党旗であるハーケンクロイツ旗と共に国旗としての掲揚を義務づけられたが、1935年9月15日にハーケンクロイツ旗のみが国旗とされ、以後は反動的として掲揚を禁じられた。現代ではネオナチなどの極右が、禁止されているナチス時代の旗の代替として用いることがある。

連合国占領時代→東西ドイツ[編集]

関連項目[編集]

  1. ^ ドイツ大使館・ドイツ総領事館HP「ドイツ連邦共和国概略」[1]PDF-P.6
  2. ^ 「黒・赤・金-ドイツ三色成立史考」杉浦忠夫(明治大学教養論集2003.3)[2]
  3. ^ 「1806年のドイツ国民のための神聖ローマ帝国の崩壊まで、現在の意味でのナショナルカラーといえるものが全然なかったからである」。なお「黄色と黒の郵便マークに中世皇帝色の名残をみる説もある」。「黒・赤・金-ドイツ三色成立史考」杉浦忠夫(明治大学教養論集2003.3)[3]PDE-P.6
  4. ^ 杉浦忠夫2003.3、PDF-P.11
  5. ^ 1948年9月の西ドイツ基本法制定「議会評議会」におけるベルクシュトレッサーの演説による。杉浦忠夫2003.3、PDF-P.4