オーストリアの国旗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オーストリアの国旗
オーストリアの旗
用途及び属性 市民陸上、市民海上?
縦横比 2:3
制定日 13世紀・年月日詳細不明
使用色
テンプレートを表示

オーストリア国旗は、13世紀にオーストリア公であったバーベンベルク家(Babenberg)のフリードリヒ2世(喧嘩公)が、神聖ローマ皇帝フリードリヒ2世に対し反乱を企てたときに制定されたものである。デンマークの国旗とともに現在でも使用されている世界最古の国旗のひとつとされる。

第3回十字軍に参加したオーストリア公レオポルト5世が敵の返り血を浴びて全身赤く染まったが、ベルトのため腰の部分だけ白く残ったという故事が有名。ただし実際は十字軍以前から使われていたらしく、レオポルト5世の母親のテオドラ・コムネナの実家であるコムネノス家に由来するという。[要出典][1]

オーストリア帝国オーストリア=ハンガリー帝国時代は黒・金2色のハプスブルク家の旗が国旗であり、赤・白・赤の現国旗は戦闘旗として使用されていた。また、オーストリア=ハンガリー帝国時代はハンガリーの国旗と赤・白・赤の旗を組み合わせたものが商船旗として使われた。

ナチス・ドイツとの統合で廃止されたが、第二次世界大戦の終結後ドイツから再独立した1945年に復活した。現在の法的根拠は、1984年制定の「国章・国旗法」。

政府旗は、中央にオーストリアの国章が描かれており、政府庁舎などで掲揚される。

関連項目[編集]

参考・脚注[編集]

  1. ^ [1]