ルーマニアの国旗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルーマニアの国旗
ルーマニアの旗
用途及び属性 市民・政府・軍隊陸上、市民・政府・軍隊海上?
縦横比 2:3
制定日 1989年12月27日
使用色
テンプレートを表示

ルーマニア国旗は、1990年以後の民主政体下では、青、黄、赤の縦三色旗である。

青は空、黄は鉱物・穀物、赤は国民の勇気・独立闘争を表すという。また、青と赤がモルダヴィア、黄が小ワラキア、赤が大ワラキアを表したともいう。

国旗は公式の縦横比も含めてチャドの国旗と酷似しているが、チャドの国旗のほうが、青色が若干濃く暗い。

ルーマニア王国(1881年~1945年)[編集]

ルーマニア社会主義共和国(1945年~1989年)[編集]

ルーマニア社会主義共和国の国旗は、三色旗の中央に、赤い星と黄色い太陽と緑の森林を組み合わせた国章を配置した物である。

1989年12月のルーマニア革命では、救国戦線軍が国章を切り取って、穴の開いた旗を掲げて革命軍の標章とした。

関連項目[編集]