デンマークの国旗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デンマークの国旗
デンマークの旗
用途及び属性 市民陸上、市民海上?
縦横比 28:37
制定日 1854年
使用色
テンプレートを表示

デンマーク国旗ダンネブロ (Dannebrog) と呼ばれ、赤地に白のスカンディナヴィア十字を描いた旗。伝説では1219年6月にヴァルデマー2世エストニア軍とリュンダニの戦いの最中、空から降ってきたとも、ローマ帝国皇帝からこの旗を授かった処、それまで苦戦していた戦いが形勢逆転し勝利したとも伝えられている。この旗は北欧諸国でよく使われる、「スカンディナヴィア十字」の基ともなった。オーストリアの国旗スコットランドの国旗と並んで現在使用されている国旗の中で世界最古の国旗といわれる。

政府や海軍が使用する際は、フライ側を燕尾型にする。スカンディナヴィア十字の中心が旗竿側にずれているのは、燕尾型にしたときに中央に見えるようにするためである。ほぼ同等の形状であるが、軍艦旗の方が濃い赤を用いている。

政府公用旗・陸軍旗 政府・軍隊陸上、政府海上? 縦横比 56:107
軍艦旗 軍隊海上? 縦横比 56:107

関連項目[編集]