アルゼンチンの国旗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルゼンチンの国旗
アルゼンチンの旗
用途及び属性 市民・政府・軍隊陸上、市民・政府・軍隊海上?
縦横比 9:14
制定日 1810年5月25日
使用色

アルゼンチン国旗は、横に青の三層で中央に太陽のシンボル。この色は1810年5月のリオ・デ・ラ・プラタ副王領政府に対するポルテーニョブエノスアイレス市民)民兵隊の蜂起(五月革命)の際に使われた帽章の色に由来し、旗そのものはマヌエル・ベルグラーノ将軍がロサリオでのスペイン軍との戦いの後、両軍の旗が同じ色(スペインの血と金=赤と黄色の旗)であることに気付いて戦闘終了後に作成した。

この蜂起の日付(5月25日)を記念して、中央の太陽は「五月の太陽」と呼ばれ、古代インディオの、つまりインカ帝国の独立の象徴である太陽神インティを表し、当時のラ・プラタ地域で流通していた8エスクード硬貨の意匠があしらわれた。 徽章等に使用されるときは「五月の太陽」が省略されるときがある。

歴代の国旗[編集]

関連項目[編集]