五月の太陽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

五月の太陽(ごがつのたいよう、スペイン語: Sol de Mayo)とはアルゼンチン、及びウルグアイの国章の一つであり、両国の国旗にもあしらわれている。インカ帝国の太陽神インティを象徴している。太陽-五月の太陽-は1813年に承認された、アルゼンチンの最初の硬貨(8エスクードの価値があった)の模様を模している。太陽はそれぞれ16の直線と曲線からなる光線を発している。

1978年に内側の直径が10cm、外側の直径が25cm、太陽の色がや山吹色(amarillo oro)になるよう指定された(太陽の直径は白い帯の高さの5/6になる。太陽の顔の部分は高さの2/5となる)。交互に続く16本の曲線と16本の直線からなる、32本の光線によって特徴づけられ、1978年から「公式儀礼旗」としてそのように刺繍されなければならなくなった。

「五月」とは1810年5月18日から25日までの一週間の間に勃発した五月革命リオ・デ・ラ・プラタ副王領を構成していた諸国がスペインからの独立を開始するきっかけとなった)を参照している。

関連項目[編集]