キューバの国旗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キューバの国旗
キューバの旗
用途及び属性 市民・政府・軍隊陸上、市民・政府・軍隊海上?
縦横比 1:2
制定日 1902年5月20日
使用色
テンプレートを表示

キューバ国旗(キューバのこっき)は、1902年5月20日に採用された。

1849年スペイン統治からの様々なキューバ解放運動が興った際に、ナルシソ・ロペス (Narciso López) が詩人トロン (Miguel Teurbe Tolón) から提案されたものを採用した。この旗が現在のキューバ国旗の基となった。青の3本の縞はスペイン統治下のキューバの三つの軍政地域、白の二本の縞は純粋な愛国心を象徴している。赤の三角は強さと不変性を象徴しているが、フリーメーソンの平等を示すシンボルとも言われ、他の旧スペイン植民地国の国旗によく見られる。白の星は独立を象徴する。

1869年にキューバ国会で国旗として採用された。米西戦争の間はアメリカ星条旗が使用されたこともあったが、独立後はこの国旗が使われた。なお、キューバの国歌と同様に、フィデル・カストロが実権を握ったキューバ革命後も変更されず、現在までこの旗が使用されている[1]

脚注[編集]

  1. ^ キューバ憲法第4条では国旗・国歌・国章は100年以上にわたる独立・人民の権利及び社会進歩へのキューバ人の闘いを象徴するものと規定されている。 キューバ共和国憲法 解説と全訳早稲田大学比較法研究所 PDF)

関連項目[編集]