スコットランドの国旗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スコットランドの国旗
スコットランドの旗
縦横比 2:3
使用色
テンプレートを表示

スコットランド国旗は青地に白のセント・アンドリュー・クロス (St.Andrew's Cross) 旗である。セント・アンドリュー・クロスは、X字型の十字にかけられて殉教した、十二使徒の一人でスコットランドの守護聖人であるセント・アンドリュー(聖アンデレ)を象徴している。十字の幅は旗の縦の長さの1/5、縦横比は通常2:3、稀に3:5などでも使われる。現用されている最古の国旗であり[1]、その歴史は8世紀乃至9世紀まで遡る[2][3]。現在でもFIFAにはイングランド、スコットランド、ウェールズ北アイルランドの4ヶ国が個別に加盟しているため、セント・アンドリュー・クロス旗はFIFA主催のサッカー国際戦に掲げられている。


由来[編集]

処刑される聖アンデレ。

X十字に言及した最古の史料は12世紀のものであり、それによると8世紀にフングス王により制定されたとされている[4]。一説によると、809年[5]、スコットランド系であるピクト族の王フングスが、イングランド系のウェスト・サクソン王アセルスタンに攻められた。援軍に駆けつけたスコットランド王アカイウスは戦いの前夜、光り輝く聖アンデレ十字の夢を見て、これを吉兆だと感じた。そして、翌日の戦いはスコットランド側の圧勝だった。このことに感謝し、フングスはセント・アンドリューの寺院を建立すると共に、セント・アンドリュー・クロスを自らの象徴とした。一方アカイウスは、セント・アンドリューに因んだ勲章(後のシッスル勲章)を制定した[6]

当初は色が定まっていなかった。その理由は、セント・ジョージ・クロスのような普通の十字とは明らかに異なるX十字は当時珍しかったため、色が区々でも他の国との識別が出来たからであるとされている。例えば、赤いX十字がセント・パトリック・クロスとしてアイルランドの国旗となるのは16世紀である。十字の色が始めて統一されたのは1385年で、兵士に対して衣服に白のセント・アンドリュー・クロスを表示するよう命令がされた。この命令では、白い衣服の場合は十字の周囲を黒にすることとされた。そして、地の色が青と決められたのはそれより更に後の17世紀であった。[7]

ユニオン・フラッグ[編集]

ユニオン・フラッグ

セント・アンドリュー・クロスはイギリスの国旗、ユニオン・フラッグ(ユニオン・ジャック)の一部にもなっている。但し、スコットランド単独の場合は地の色がアジュールだが、ユニオン・フラッグの場合はダークブルーになっている。スコットランド人は、自分たちのセント・アンドリュー・クロスがイングランドのセント・ジョージ・クロスによって分断されるこの構図を長い間不満に思っていた[8]

脚注[編集]

  1. ^ スコットランド政府公式サイト
  2. ^ スミス p 182
  3. ^ 君塚 p 250
  4. ^ スミス p 182
  5. ^ 英王室公式サイト
  6. ^ 君塚 p 250
  7. ^ スミス p 182
  8. ^ スミス p 186

参考資料[編集]