バーベンベルク家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バーベンベルク家系図

バーベンベルク家: Haus Babenberg)は、フランケン地方バンベルク、現在の北ボヘミアを出自とする一族。オーストリアの辺境伯そして部族大公として976年から1248年の間、断絶によってプシェミスル朝及びハプスブルク家に代わられるまでオーストリアオーストリア公国)を支配した。

バーベンベルク家前史[編集]

バーベンベルク家は、フランス王家であるカペー家の祖でもあるローベルロベール家)を遠祖とする。

最も古く歴史に残っているのは、9世紀初めに現在のヘッセン州テューリンゲン州の間の地域を支配したグラープフェルト伯のポッポ(Poppo I)である。ポッポの息子のハインリヒ(Heinrich I)は、フランケン公にして辺境伯と言われ、886年にはノルマン人と戦っている。同じく息子のポッポ(テューリンゲンのポッポ; Poppo II)は880年から892年までテューリンゲン辺境伯に任じられていたが、ドイツカロリング朝の東フランク王アルヌルフがライバルのラーンガウ伯コンラディン家(コンラート家)を支持したため衰退した。

バーベンベルク家はハインリヒ公の3人の息子たちにより、マイン川上流域のバンベルクに城を築いたことで家名とした。バンベルク市は、バーベンベルク家の古い城を囲んでつくられたのである。

バーベンベルク抗争[編集]

バーベンベルク家はライバルのラーンガウ伯コンラディン家との争いの中で、マイン川中流域に互いに勢力を伸ばしていった。この一連の抗争は『バーベンベルク抗争』と呼ばれ、10世紀初頭のルートヴィヒ小児王の時代(899年 - 911年)まで続いた。906年、フリッツラーの戦いにおいてコンラディン家によって決定的な敗北を被り、フランケン地方の支配を失った。また、フランケン公位はコンラディン家のものとなった。

オーストリア辺境伯[編集]

976年、バーベンベルク家の一族であったドネガウ伯レオポルト1世は、後のオーストリア大公領へと成長するバイエルンの東側国境付近を獲得し、東方辺境伯と呼ばれている。

しかし、オーストリアのバーベンベルク家もフリードリヒ2世の代で男系が絶えて、女系が特例としてオーストリア辺境伯となった。だが、ボヘミア貴族のオタカル2世プシェミスル朝)が、オーストリア辺境伯マルガレーテ(フリードリヒ2世の姉)と結婚したため、オーストリア辺境伯はプシェミスル朝のものとなり、ついに断絶した(後にオタカル2世はマルガレーテがかつてトリーアの修道女であったことを理由に離別した)。

系図[編集]

オーストリア系バーベンベルク家[1][編集]

 
 
 
 
 
 
 
レオポルト1世
(ルイトポルト1世)
(?-994)
オストマルク辺境伯
 
リクヴァラ(リヒャルダ)
(ズアラフェルトガウ伯
エルンスト娘)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ハインリヒ1世
(?-1018)
 
ユーディト
 
エルンスト1世
(?-1015)
シュヴァーベン大公
 
ギーゼラ
(シュヴァーベン大公
ヘルマン2世娘)
 
ポッポ
(?-1047)
トリーア大司教 (1016-1047)
 
アダルベルト
(?-1055)
 
リウトポルト
(?-1059)
マインツ大司教 (1051-1059)
 
クニグンデ
 
ヘンマ
=ディーセン伯ラポト
 
クリスティネ
(修道女)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エルンスト2世
(?-1030)
シュヴァーベン大公
 
ヘルマン4世
(?-1038)
シュヴァーベン大公
 
イーダ
(ブラウンシュヴァイク伯ルドルフス
(皇帝ハインリヒ3世異父兄)の娘)
 
レオポルト
(?-1043)
ハンガリー辺境伯
 
エルンスト
(?-1075)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
レオポルト2世
(?-1095)
 
ユスティツィア
=ヴォルフラーツハウゼン伯
オットー2世(3世)
 
アダルベルト
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エリーザベト
=シュタイアーマルク辺境伯オタカル2世
 
ユディエッタ
 
ゲルベルガ
(?-1142)
=ボヘミア公ボジヴォイ2世
 
?・フォン・ペルグ
 
レオポルト3世
 
アグネス
(皇帝ハインリヒ4世娘)
 
イーダ
=ルイトポルト・フォン・メーレン
 
オイフェーミア
=パイルシュタイン伯コンラート
 
ゾフィー
(?-1154)
1=ケルンテン公ハインリヒ3世・フォン・エッペンシュタイン
2=シャラ=ブルクハウゼン伯ジクハルト10世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アーデルハイト
 
アダルベルト
(c.1098-1138)
 
ゾフィー
(ヘートヴィヒ)
(ハンガリー公アールモシュ娘)
 
レオポルト4世
 
マリア
(ボヘミア公ソビェスラフ1世娘)
 
ゲルトルート
(皇帝ロタール3世娘)
 
ハインリヒ2世
 
テオドラ・コムネナ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イロナ
(ハンガリー王ゲーザ2世娘)
 
レオポルト5世
 
ハインリヒ
メドリンク公
 
リクサ
(?-1182)
(ボヘミア王ヴラジスラフ2世娘)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フリードリヒ1世
 
レオポルト6世
 
テオドラ・アンゲリナ
 
ハインリヒ
(?-1233)
メドリンク公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ハインリヒ7世
ドイツ王
 
マルガレーテ
 
オタカル2世
ボヘミア王
 
ハインリヒ
 
アグネス
(チューリンゲン方伯ヘルマン1世娘)
 
ゾフィー
(ニカエア皇帝テオドロス1世ラスカリス娘)
(1229年離婚)
 
フリードリヒ2世
 
アグネス
(メラーノ公オットー1世娘)
(1240年離婚)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ハインリヒ8世
 
フリードリヒ4世
 
 
 
ヴラディスラフ
(1227/30-1247)
(ボヘミア王ヴァーツラフ1世子)
 
ゲルトルート
(1227/8-1288)
 
ロマン・フォン・ハリーチ
(キエフ大公ダヌィーロ子)
(1253年離婚)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヘルマン6世
バーデン辺境伯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フリードリヒ1世
バーデン辺境伯
 
アグネス
1=ケルンテン公ウルリヒ3世
2=ホインブルク伯ウルリヒ3世
 
マリア
(1252/3-?)
=ヨアヒム・グトケレドスラヴォニアバン

 :オーストリア辺境伯またはオーストリア公

脚注[編集]

  1. ^ Karl Lechner, Handbuch der historischen Stätten Österreich. v. 1. Donauländer und Burgenland, A. Kröner, 1970.

参考文献[編集]

  • 成瀬治 他 編『世界歴史大系 ドイツ史 1』山川出版社、1997年
  • 下津清太郎 編『世界帝王系図集 増補版』近藤出版社、1982年
  • Karl Lechner, Handbuch der historischen Stätten Österreich. v. 1. Donauländer und Burgenland, A. Kröner, 1970.