リューベック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リューベック
Lübeck


紋章
リューベックの位置
座標: 北緯53度52分11秒 東経10度41分11秒 / 北緯53.86972度 東経10.68639度 / 53.86972; 10.68639
ドイツの旗 ドイツ
シュレースヴィヒ=ホルシュタイン州
郡独立市
行政区域 10 Stadtteile mit 35 Stadtbezirken
行政
 - 市長 ベルント・ザクセ (SPD)
面積
 - 計 214.14km2 (82.7mi2)
標高 13m (43ft)
人口 (2012年12月31日)[1]
 - 計 211,713人
 - 人口密度 989人/km² (2,561.5人/mi²)
市外局番 0451, 04502
ナンバープレート HL
自治体コード 01 0 03 000
ウェブサイト www.luebeck.de

リューベックLübeck) はドイツ連邦共和国の都市。シュレースヴィヒ=ホルシュタイン州に属する。バルト海に面する北ドイツの代表都市。かつてはハンザ同盟の盟主として繁栄を誇った。正式名称をハンザ都市リューベックDie Hansestadt Lübeck)という。"Lübeck"の発音は、標準ドイツ語ではドイツ語発音: [ˈlyːbɛk] ( 聞く)リューベックに近い)であるのに対し、地元では[ˈlyːbɛːk](リューベークに近い)となる傾向がある。面積214.14平方キロメートル、人口210,892人(2008年)。

地勢[編集]

上空から見たリューベックの風景
中世のリューベック

バルト海南西部のリューベック湾に面する海港を有する港湾都市である。造船産業などでも繁栄した。約55キロ南西にハンブルク、60キロ北西にキール、55キロ南西にシュヴェリン、100キロ東にロストックが位置する。

歴史[編集]

1143年ホルシュタイン伯のアドルフによって建設された。一旦火事で荒廃したものの、ザクセンハインリヒ獅子公によって再建された。北海・バルト海交易で一時期独占的な地位を築いたハンザ同盟の盟主でもあった。リューベック商人は、ノルウェーベルゲンに商館を築き、ノルウェーのを南に売却して大きな利益をあげた。また、リューネブルクの岩塩をおさえたことで、塩漬け(ニシン)でも独占的な地位を誇った。近世にはいると、ハンザ同盟の衰退とともに、リューベックも衰退していった。

1806年の神聖ローマ帝国解体により主権国家となるが、ナポレオン戦争に巻き込まれ、1811年から1813年までフランス帝国に併合される。ナポレオンの没落にともない1813年に独立を回復するが、1815年にドイツ連邦に参加。1867年には北ドイツ連邦に参加し、1871年のドイツ帝国成立に伴い、同国の州となる。ワイマール共和国時代も州の地位を保ったが、ナチス政権下の1937年にプロイセン州に併合され、同州の属州であるシュレースヴィヒ=ホルシュタインに編入される。

第二次世界大戦中は空襲を受け、戦後はイギリスの占領下におかれるが、ソ連占領地区(後の東ドイツ)に近接し、後背地とは鉄のカーテンに分断されることとなる。リューベックは州の地位を回復することなく、プロイセン州解体により西ドイツ連邦州に昇格したシュレースヴィヒ=ホルシュタイン州の一部として現在に至る。

文化[編集]

世界遺産 ハンザ都市リューベック
ドイツ
市庁舎
市庁舎
英名 Hanseatic City of Lübeck
仏名 Ville hanséatique de Lübeck
面積 81 ha(緩衝地域 694 ha)
登録区分 文化遺産
登録基準 (4)
登録年 1987年
備考 2009年に軽微な変更。
公式サイト ユネスコ本部(英語)
使用方法表示
ホルステン門(1478年)

トラベ川とトラベ運河に囲まれた島にある旧市街地は世界遺産に登録されている。

旧市街地の入り口のホルステン門Holstentor)はユーロ導入以前の旧50ドイツマルク紙幣の図柄にも採用されている。 マルクト広場に面して黒レンガ造りの市庁舎がある。その隣にゴシック様式のマリエン教会がある。

なんといっても、トーマス・マンの故郷で、『ブッデンブローク家の人々』はこの町に住んだ彼の一族をそのままモデルにしたもの。生家は以前は銀行の支店だったこともあるが、現在ではマンの記念館になっている。

旧市街地は、運河が周囲に掘り巡らされていて、船での周遊が観光の目玉。古い船員組合の建物がレストランになっていて、大航海時代の巨大な帆船模型が天井から吊り下げられ、また壁面はさまざまな航海の様子を描いた油彩で飾られた中での魚料理はまた格別と評判。

登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。


トラヴェミュンデ[編集]

町の中心部から20kmほど離れたところに、トラヴェミュンデTravemünde)というバルト海に面した海水浴場がある。ドイツ有数のリゾート地として有名で、夏場は多くの海水浴客で賑わう。

リューベック出身の人物[編集]

スポーツ[編集]

姉妹都市・友好都市[編集]

風景[編集]

パノラマ・カメラによるリューベックの風景

引用[編集]

外部リンク[編集]

Icon of Sekaiisan.svg Icon of Sekaiisan.svg ドイツの世界遺産
World Heritage Sites in the Federal Republic of Germany

文化遺産
アーヘン大聖堂 | シュパイアー大聖堂 | ヴュルツブルク司教館、その庭園群と広場 | ヴィースの巡礼教会 | ブリュールのアウグストゥスブルク城と別邸ファルケンルスト | ヒルデスハイムの聖マリア大聖堂と聖ミカエル聖堂 | トリーアのローマ遺跡群、聖ペテロ大聖堂、聖母聖堂 | ハンザ同盟都市リューベック | ポツダムとベルリンの宮殿群と公園群 | ロルシュの修道院とアルテンミュンスター | ランメルスベルク鉱山、歴史都市ゴスラーとオーバーハルツ水利管理システム | バンベルク市街 | マウルブロン修道院の建造物群 | クヴェードリンブルクの聖堂参事会教会、城と旧市街 | フェルクリンゲン製鉄所 | ケルン大聖堂 | ヴァイマルとデッサウのバウハウスとその関連遺産群 | アイスレーベンとヴィッテンベルクにあるルター記念建造物群 | 古典主義の都ヴァイマル | ベルリンのムゼウムスインゼル(博物館島) | ヴァルトブルク城 | デッサウ・ヴェルリッツの庭園王国 | 僧院の島ライヒェナウ | エッセンのツォルフェアアイン炭鉱業遺産群 | ライン渓谷中流上部 | シュトラールズント及びヴィスマルの歴史地区 | ブレーメンのマルクト広場の市庁舎とローラント像 | ドレスデン・エルベ渓谷 | レーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフ | ベルリンのモダニズム集合住宅群 | ムスカウアー公園/ムジャコフスキ公園(ポーランドと共有) | ローマ帝国の国境線(イギリスと共有) | アルプス山脈周辺の先史時代の杭上住居群(ほか5か国と共有) | アルフェルトのファグス工場 | バイロイトの辺境伯歌劇場
自然遺産
メッセル採掘場の化石発掘現場| ワッデン海(オランダと共有)| カルパティア山脈のブナ原生林とドイツの古代ブナ林群(ウクライナ、スロバキアと共有)
世界遺産 | ヨーロッパの世界遺産 | ドイツの世界遺産 | 五十音順 | [編集]
Commons-logo.svg ウィキメディア・コモンズに、ドイツの世界遺産に関連するマルチメディアがあります。