国家人民軍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
国家人民軍
Nationale Volksarmee
Coat of arms of NVA (East Germany).svg
国家人民軍のエンブレム
創設 1956年3月1日
解散 1990年10月2日
派生組織 地上軍
人民海軍
空軍及び防空軍
本部 東ドイツの旗 東ドイツ フランクフルト・アン・デア・オーデル県シュトラウスベルク
指揮官
最高司令官 国防大臣(平時)
国防評議会議長(戦時)
総人員
徴兵制度 あり
産業
国外供給者 ソビエト連邦チェコスロバキア
関連項目
歴史 1956年:兵営人民警察を改組しして設立
1990年:ドイツ連邦共和国への編入に伴い解散
階級 国家人民軍の階級
テンプレートを表示

国家人民軍(こっかじんみんぐん、ドイツ語Nationale Volksarmee,ナツィォナーレ フォルクスアルメー)は、ワルシャワ条約機構軍の一翼を担っていたドイツ民主共和国軍隊である。通称は東ドイツ軍東独軍。略称はNVA(エヌ・ファオ・アー)。東西ドイツ合併後はドイツ連邦軍に統合された。

概要[編集]

国家人民軍の軍旗
1971年のSED第8回党大会会場での国家人民軍

1956年1月18日人民議会では冷戦の激化を受けて「国家人民軍及び国防省の創設に関する法律」(über die Schaffung der Nationalen Volksarmee und des Ministeriums für Nationale Verteidigung)が採択された。これに基づいて3月1日までに兵営人民警察国家人民軍に改組され、同時に国防省が設置された。1962年からは徴兵制が導入された。西ドイツのような良心的兵役拒否は認められなかったが、実質上これに相当する建設部隊勤務ドイツ語版という制度はあった(西側諸国の兵役代替役務に近い)。建設部隊勤務は反体制の意思表示として兵役期間中はもちろん除隊後も周囲からの差別・偏見の対象となった。建設部隊勤務制度は主に宗教上の理由から兵役を拒否した人々と当局との妥協の結果として成立した制度である[1]

他の社会主義国の軍隊同様、国軍であると同時に支配政党であるドイツ社会主義統一党 (SED) の強い指導下に置かれた党の軍隊でもある。東西冷戦の最前線であることからドイツ駐留ソ連軍の方が国家人民軍より規模が大きく、また運用においてもソ連軍の指揮下に置かれていた。

国家人民軍は公式には16世紀のドイツ農民戦争の農民達の軍隊の後継者であると称していた[2]が、後述するようにドイツ将校同盟などで「反ファシズム教育」を受けたとされるドイツ国防軍将校たちが創設に関与し、入隊の際の忠誠宣誓では西ドイツの連邦軍では削除された上官への絶対服従義務が明記されているなど、第二次世界大戦以前のドイツ軍の伝統が継続されていた[3]軍服のデザインガチョウ足行進などにドイツ国防軍の影響が色濃く残っている点も、戦後それらをアメリカ式に改めたドイツ連邦軍(西ドイツ軍)とは大きく異なる点である。このため国家人民軍は「赤いプロイセン軍」と呼ばれていた[4]

1990年のドイツ再統一以降、各軍はドイツ連邦軍の各軍に統合される。旧地上軍の人員・機材は旧地上軍司令部に設置された第4軍団によって管理され、また旧人民海軍の人員・機材は旧人民海軍司令部に設置されたロストック海軍司令部によって管理された。しかし、統一直前に締結されていたドイツ最終規定条約で軍縮が確定していた為、統合の際に多くの将兵が職を失った。残留を許された一握りの下士官兵も、直後に結ばれたヨーロッパ通常戦力条約に基づく軍縮の中で段階的に解雇されていった。

さらに統一後のドイツ連邦共和国では国家人民軍への従軍を「外国軍への従軍」と見なし、軍人恩給の支給を認めなかった。元将校らが受け取った年金は大学生が受け取る奨学金の額にも満たなかったという。彼らは退役軍人を名乗る事も認められず、少額の年金のみを保証され、長らく苦しい生活を送った[5]。統一からおよそ15年後の2005年3月1日、ドイツ社会民主党緑の党など左派諸党の提出した法改正によって国家人民軍への従軍を「連邦軍海外勤務」として扱うことが認められ、ようやく軍人恩給の支給が行われた。ただし、退役軍人を名乗ることはドイツキリスト教民主同盟自由民主党など右派諸党の反対で認められなかった[6]

組織[編集]

国家人民軍の組織(1985年)

国家人民軍は以下の3つの軍から構成されていた。

  • 陸軍(Landstreitkräfte, 直訳すると「地上戦力」。地上軍とも)
  • 海軍(Volksmarine, 人民海軍。1956年から1960年まではSeestreitkräfte,直訳で「海上戦力」)
  • 空軍(Luftstreitkräfte, 直訳すると「航空戦力」。航空軍とも)

また、国境警備隊も1961年には内務省から国防省に移管されたが、1973年には再び国家人民軍から分離されている。

陸軍(地上軍)[編集]

海軍(人民海軍)[編集]

空軍(航空軍)[編集]

歴代指導部[編集]

国防評議会議長 (Vorsitzender des Nationalen Verteidigungsrates)[編集]

  1. ヴァルター・ウルブリヒト(1960年 - 1971年) ドイツ社会主義統一党書記長、国家評議会議長と兼務
  2. エーリッヒ・ホーネッカー(1971年 - 1989年) ドイツ社会主義統一党書記長、国家評議会議長 (1976年 - ) と兼務
  3. エゴン・クレンツ(1989年) ドイツ社会主義統一党書記長、国家評議会議長と兼務

国防相 (Minister für Nationale Verteidigung)[編集]

  1. ヴィリー・シュトフ(1956年 - 1960年)
  2. カール=ハインツ・ホフマン(1960年 - 1986年) 
  3. ハインツ・ケスラー(1986年 - 1989年)
  4. テオドール・ホフマン(1989年 - 1990年)
  5. ライナー・エッペルマン(1990年)

ライナー・エッペルマン以外は社会主義統一党所属。エッペルマンは「民主主義の目覚め」所属。また、エッペルマンの官職名は「軍縮及び防衛相」(Minister für Abrüstung und Verteidigung)。

国家人民軍における旧ドイツ国防軍出身将校[編集]

東ドイツでは西ドイツに比べると、非ナチ化ナチ党関係者の公職追放を初めとする弾圧)が厳しく行われたが、国家人民軍においては徹底されず、旧軍時代に親ナチ的態度を示していた者が将官に抜擢される例すらあった。

1958年1月1日時点で国家人民軍はおよそ20399人の戦力を有し、その内およそ2600人が将校だった。さらに将校の内、およそ1600人は元国防軍下士官、およそ400人は元国防軍将校であった[7]。彼らは主に国防省内や教育機関、各軍管区内の前哨地点などに配置された。国家人民軍全軍で82箇所設置されていた前哨地点のうち、61箇所に元国防軍将校が配置されていた。

1957年2月15日に社会主義統一党政治局が下した決定に基づき、1950年代後半を通じて多くの元国防軍将校が退役を強いられた。これはアルノ・フォン・レンスキー、ヴィンツェンツ・ミューラー、ハンス・ヴルツなどの退役を想定したものであった[8]。それにも係わらず、1960年1月1日の段階でも、元国防軍軍人のうち654人が将校として、338人が兵下士官として国家人民軍に残留していた[9]

以下に列挙する国家人民軍将官らは、第二次世界大戦中、旧ドイツ国防軍軍人として鉄十字章を受勲している[10]

以下は同じく騎士鉄十字章を旧軍人として受勲した将官の一覧である[11]

脚注[編集]

  1. ^ 市川ひろみ「武器を持たない兵士たち」『三省堂ぶっくれっと』No,120、September,1996所載 を参照。徴兵制度の項目もあわせて参照のこと。
  2. ^ 伸井太一『ニセドイツ〈1〉 ≒東ドイツ製工業品』社会評論社、2009年 P149
  3. ^ 1966年にはプロイセンゲアハルト・フォン・シャルンホルストの名を冠した勲章 (de:Scharnhorst-Orden) が制定されている。
  4. ^ 仲井斌『もうひとつのドイツ』朝日新聞社、1983年
  5. ^ Andrew Bickford, "Soldiers, Citizens, and the State: East German Army Officers in Post-Unification Germany." Comparative Studies in Society and History 2009; 51(2):260-287. http://dx.doi.org/10.1017/S0010417509000127
  6. ^ [dip.bundestag.de/btd/15/049/1504949.pdf Beschlussempfehlung und Bericht des Verteidigungsausschusses]
  7. ^ Daniel Niemetz: Das feldgraue Erbe. Wehrmachtseinflüsse im Militär der SBZ/DDR. S. 274
  8. ^ Hans Ehlert, Armin Wagner: Genosse General! Die Militärelite der DDR in biografischen Skizzen, Ch Links Verlag, Berlin, 2003
  9. ^ Daniel Niemetz: Das feldgraue Erbe. Wehrmachtseinflüsse im Militär der SBZ/DDR. S. 275
  10. ^ Generals & Admirals who were awarded the Knight's Cross in the Axis History Factbook
  11. ^ Generals & Admirals who were awarded the German Cross in the Axis History Factbook

関連項目[編集]