MiG-21 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

MiG-21/МиГ-21

セルビア空軍及び防空軍のMiG-21UM(NL-16)

セルビア空軍及び防空軍のMiG-21UM(NL-16)

MiG-21(ミグ21;ロシア語: МиГ-21ミーグ・ドヴァーッツァチ・アヂーン)は、ソ連ミグ設計局が開発した戦闘機。多くの機数が生産され、世界各国に配備がされた。

ほかの三角翼機と同様、ソ連ではしばしばその翼形からバラライカと渾名されていた。北大西洋条約機構(NATO)の使用するNATOコードネームフィッシュベッド(Fishbed、魚類の化石が多い堆積層の意)。

概要[編集]

開発[編集]

ソ連1950年代前半より開発された。開発に当たり、設計局では二つの系統の試作機を製作した。そのうち先に完成したYe-2Е-2イェー・ドヴァー)は、MiG-15からMiG-17MiG-19と受け継がれてきた後退翼を持った機体で、MiG-19から開発された後期の試作機とよく似た外見だった。一方、もうひとつの試作機Ye-4Е-4イェー・チトィーリェ)は、新しい水平尾翼つき三角翼を持った機体だった。このYe-4がMiG-21の原型である。

Ye-2とYe-4は、ともに1955年に初飛行を行い、同年中に展示飛行も済ませ公に姿を現した。このときスホーイ設計局で開発されていた2種類の機体も飛行を行っており、同じ年に四種類の試作機が産声を上げた。このうちスホーイの試作機は後退翼のSu-7と三角翼のSu-9に発展した。そしてMiG-19から正統的に発展した後退翼のYe-2は、改良型も製作されMiG-23(Tip 23)という名称で量産するという計画も出されたものの、結局は開発中止となった。

第1世代[編集]

東ドイツ空軍のMiG-21F-13、かつてジークムント・イェーンの乗機だった

Ye-4の発展型であるYe-5Е-5イェー・ピャーチ)は、1956年1月9日に初飛行を行い、その後MiG-21という量産機の名称が与えられた。次の改良型であるYe-6Е-6イェー・シェースチ)は、1958年5月20日に初飛行を行った。また、Ye-6の3号機は1959年10月31日に15/25kmコースにて2,388km/hという当時の世界速度記録を樹立した。その際の国際航空連盟への申請にはYe-66Е-66イェー・シヂスャート・シェースチ)という名称が使用された。この3号機は、MiG-21シリーズの最初の生産型であるMiG-21FМиГ-21Фミーグ21エーフ)となった。この機体の兵装は、基本的には2門の30mm機関砲ロケット砲である。

Ye-6の開発はさらに続けられ、1959年に初飛行を行ったYe-6TЕ-6Тイェー・シェースチ・テー)と呼ばれる機体は、新しいK-13赤外線誘導空対空ミサイル2発を搭載した。このK-13は、アメリカ合衆国製のAIM-9B赤外線誘導空対空ミサイルのコピーで、独自に発展し、のちには改良型のR-3Sやレーダー誘導型のR-3Rなどを生み出し長らく東側の標準的兵器となった。このK-13を搭載する機体はMiG-21F-13МиГ-21Ф-13ミーグ21エーフ・トリナーッツァチ)として量産に入り、初の本格的な生産型となった。なお、MiG-21F-13はミサイルの搭載に伴い従来2門あった機関砲を1門に減らしている。

記録機として開発されたYe-66AЕ-66Аイェー・シヂスャート・シェースチ・アー)は、ロケットブースターを搭載し1961年4月28日に34,714mという絶対到達高度の世界記録を樹立した。

なお、MiG-21F/F-13など全天候能力のあるレーダーを搭載しない(搭載していたのは射撃照準用の測距レーダー)前線戦闘機として開発された機体は便宜的に「MiG-21の第1世代機」と呼ばれることがある。同様に、MiG-21PFなどは「MiG-21の第2世代機」、MiG-21SMなどは「MiG-21の第3世代機」、MiG-21bisは「MiG-21の第4世代機」と呼ばれる。なお、これはあくまでMiG-21シリーズの中での世代区分を行ったものである。これとは別に、一般に他機種との比較を行った場合はMiG-21は初期型が第2世代ジェット戦闘機、MiG-21SM以降は第3世代ジェット戦闘機とされる。この場合の第2世代とはアメリカのセンチュリーシリーズミラージュ IIIなどを指し、第3世代とはF-4ミラージュ F1などが該当する。

全天候型への発展[編集]

東ドイツ空軍のMiG-21PF

全天候戦闘能力が必須となってきた1950年代後半から1960年代にかけて、設計局ではMiG-21に本格的なレーダーを搭載する改良型を開発していた。ソ連ではそれまでMiG-17PF/PFUやMiG-19P/PMといった迎撃戦闘機を有していたが、これらはいずれも能力に限界のあるイズムルート・レーダーを搭載しており、MiG-21では新たな装備方法で全く新しい形式のレーダーを搭載する必要に迫られていた。この課題に対する試作機にはYe-7Е-7イェー・スィェーミ)という名称が与えられた。その内始めに設計されたのはMiG-21F-13を改修したMiG-21P-13МиГ-21П-13ミーグ21ペー・トリナーッツァチ)で、最終的には操縦席後方に膨らみを設けて燃料搭載量を補ったMiG-21PFМиГ-21ПФミーグ21ペーエーフ)が初の量産型となった。MiG-21の開発は、これ以降レーダー搭載型が主となった。

MiG-21P/PFの搭載したレーダーは、TsD-30TP(ЦД-30ТП、制式名はRP-21U(РП-21У)と呼ばれている。当時完成していた機材の中では最新型のもので、Su-9迎撃戦闘機に搭載されたTsD-30T(ЦД-30Т)あるいはRP-9U(РП-9У)と呼ばれるレーダーと基本的には同一のものである。指令誘導システムの追加により、MiG-21P/PFでは従来のK-13空対空ミサイルに加えコマンド誘導方式のRS-2US空対空ミサイルが搭載できるようになった。大型機のSu-9ではTsD-30レーダー・ステーションは比較的無理なく搭載されていたが、ずっと小型のMiG-21への搭載には困難が伴った。機体構造は大きく見直され、機首は大型レーダーの搭載に従い太いものに変更され、機器や燃料タンクなどの搭載場所の不足から背部の膨らみは大型化された。操縦性は劇的に悪化することはなかったが、これは奇跡的なことであるといえた。

なお、MiG-21は昼間戦闘機である第1世代までは「前線戦闘機」、それ以降は「迎撃戦闘機」と区分されている。なお、ソ連では1960年代頃は「全天候戦闘機」のことを「迎撃戦闘機」と呼んでいたようである。これは、レーダーによる全天候能力がないのが当たり前の時代と、逆にそれによる全天候能力があるのが当たり前になった時代との狭間における区分と考えられる。第二次世界大戦時の迎撃戦闘機MiG-3はレーダーなどの全天候能力は有しておらず、現代の前線戦闘機MiG-29は高度な全天候能力を有している。

第3世代への発展[編集]

チェコ空軍のMiG-21MF

MiG-21PFはその後MiG-21PFSМиГ-21ПФСミーグ21ペーエーフエース)やMiG-21PFMМиГ-21ПФМミーグ21ペーエーフエーム)などへと進んでいった。

これら「第2世代機」と呼ばれるシリーズに対し、1960年代半ばには「第3世代」と呼ばれる機体が登場した。その初めの機体はMiG-21RМиГ-21Рミーグ21エール)である。これは当初はMiG-21PF型の機体に各種偵察コンテナを搭載する戦術偵察機で、主として生産されたのは背部の膨らみを大型化した新しい機体である。偵察コンテナは作戦任務に応じて昼間・夜間・電波の3種類が用意されていた。

その後、この機体を基にMiG-21SМиГ-21Сミーグ21エース)やMiG-21SMМиГ-21СМミーグ21エースエーム)といった1960年代後半から1970年代にかけてソ連の航空戦力の主力を担った戦闘機型が生み出された。また、MiG-21SMを基に輸出向けのグレードダウン型としてMiG-21MМиГ-21Мミーグ21エーム)が開発・生産された。その後、ソ連国内向けにより高性能なMiG-21bisが開発されると、ソ連型MiG-21SMと同等の能力を持ったMiG-21MFМиГ21МФミーグ21エームエーフ)や改良型のMiG-21MF-75МиГ-21МФ-75ミーグ21エーフ・スィヂスャート・ピャーチ)などが開発され、輸出されるようになった。

第4世代[編集]

キューバ空軍のMiG-21bis LAZUR

1971年に初飛行したのが、MiG-21シリーズのひとつの完成型となった「第4世代機」MiG-21bisМиГ-21бисミーグ21ビース)である。これはさらに大型化した背部の膨らみを持ち、MiG-21としては最も高い能力を付与されていた。また、ソ連のアフガニスタン侵攻では、主力戦闘爆撃機として多数が投入された。

複座型[編集]

MiG-21には各世代に対応する複座の高等練習機として使用される教育訓練戦闘機Учебно-тренировочный истребитель)型が製作された。主なものとしては、MiG-21UМиГ-21Уミーグ21ウー)、MiG-21USМиГ-21УСミーグ21ウーエース)、MiG-21UMМиГ-21УМミーグ21ウーエーム)などがある。これらは戦闘機型のMiG-21の退役後も各種試験に用いられ、また専用の高等練習機として使用が続けられている場合がしばしばある。なお、NATOコードネームは戦闘機型と異なりモンゴル(Mongol)である。

ソ連以外[編集]

MiG-21を運用した国

MiG-21シリーズは、ソ連をはじめ東欧アジアアフリカを中心に世界各国に配備された。生産はソ連の他、チェコスロバキアS-106という名称でMiG-21F-13の改修型をライセンス生産)、インドMiG-21FL/M/bisをライセンス生産)、中国(MiG-21F-13をコピーして殲撃7型として生産、また、その各種発展型を開発)、独立後のグルジア(独立後の生産はMiG-21UMを2機のみ)でもなされ、とくに中国では21世紀に入ってもしばらく生産が続いていた。

また、同国で開発された第4世代戦闘機FC-1梟龍スーパー7という別名を持つとされ、殲撃7型即ち同国製MiG-21の発展型であると言われる。

弱点[編集]

ソ連時代のバリエーション機はレーダーの探知距離が短く目標追尾機能を持たないので、射程の長いセミアクティブ・レーダー誘導ミサイルを装備できない。また、機首の狭いスペースに収容するためアンテナの作動範囲も狭い。これは、地上の管制システムに迎撃や航法の指示を受けるという前提の下、レーダーなどは簡略でよいとされたためである。性能面では機動性能が優れているが操縦性は悪く、特に低空で操縦性が悪化する他、1秒あたり90度以上のロールを与えると回転が止まらなくなるというほど操縦が非常に困難な機体とされている。これは、後期の機体でも完全には改善されなかったようである。また、燃費のよいターボファンエンジンへの換装は行われず、小型機で燃料搭載量も低く、航続距離が非常に短かった。これは「国外逃亡を防ぐためもある」と言われるが、機体に改良を加えるごとに燃料搭載量を増加させるという努力が続けられていることを考えると、そのような目的があったとは考えにくい。

運用[編集]

MiG-21はソ連製だけでも、各型合わせて1万機以上という超音速機としては他に例を見ない数の機体が生産されており、戦後最も成功した戦闘機のひとつである。これほどまでに改良が進み、長期に亘って生産された理由としては、後継機たるMiG-23がMiG-21を全面的には凌駕できなかった点も挙げられる。実際、MiG-19譲りのMiG-21の格闘性能は非常に高く、これを全面的に凌ぐ機体はアメリカF-16、そしてMiG-29の登場を待たねばならなかった。

実戦[編集]

独立戦争の記念碑となっているクロアチア空軍及び防空軍のMiG-21bis LAZUR

MiG-21の使用された主な事件は以下の通り。

MiG-21はその運用国が多いため、この他にも多くの紛争や内戦に使用されている。

展望[編集]

2002年アメリカ海軍の戦闘機F-14Bと編隊を組んで飛行するクロアチア空軍及び防空軍のMiG-21bis LAZUR

現在でも世界各国の空軍に配備されており、近代化改修を行った機体のみならず、今後も多数運用し続けられると見られている。また、MiG-21は超音速戦闘機としては他に類を見ないほど構造が簡単で維持しやすいため、維持の難しいMiG-23MiG-29などを退役させてMiG-21に統合した国もある。これは、冷戦後の軍縮の一つの典型といえよう。MiG-29やMiG-23MFを退役させてMiG-21ランサーを残したルーマニアや、MiG-23MLDなどを退役させてMiG-21bis SAUを残したブルガリアなどがこれに当てはまる。

一方、MiG-21は機体の規格がまちまちで、その点で整備が煩雑であるという欠点があるとされている。ルーマニアでMiG-21を近代化改修する際、「部品・規格等の統一」が最重要改修点のひとつに挙げられていた。

近代化改修[編集]

クロアチア空軍及び防空軍のMiG-21bisD

近代化改修案は各国から出されている。現在も開発・生産を続けている中国を別とすれば、ロシアMiG-21-93(別名MiG-21UPGМиГ-21УПГミーグ21ウーペーゲー)やMiG-21-93IМиГ-21-93Иミーグ21-93イー)、MiG-23-98MiG-21KМиГ-21Кミーグ21カー)、ルーマニアランサーI/II/IIILancer I/II/III)、イスラエルMiG-21-2000が主なところである。この他、チェコは運用する自国のMiG-21MFをNATO標準に合わせたMiG-21MFNに改修している。チェコではより高度な近代化改修を行う計画もあったが、結局スウェーデン製のグリペンを導入してMiG-21を代替することとし、MiG-21MFには最低限の改修しか施されなかった。また、ウクライナでも近代化改修機が開発されていた。同国では海外の運用国の機体の改修や定期点検も受け持っている。

主な派生型[編集]

«»は製品番号

ソ連/ロシア/ウクライナ/グルジア/インド/ドイツ/ブルガリア[編集]

Ye-2
MiG-19から発展した後退翼機。エンジンは予定したAM-11(RD-11、のちR-11)が間に合わなかったためMiG-19シリーズが2基搭載していたAM-9B(RD-9B)を1基搭載し、1954年12月25日に完成、翌1955年2月14日に初飛行を行った。
Ye-2A
AM-11を搭載した2号機で、主翼上の境界層版を大型化していた。MiG-23(Tip 63)として生産に入る計画もあり1957年に7機が製作されたが、結局は採用されなかった。
Ye-4
三角翼機の1号機。主翼下面に大型の境界層版をつけていた。エンジンは当初はRD-9Bと同推力のRD-9Yeで、のちに若干推力の向上したRD-9Iに換装された。なお、エンジンの換装以外にも機体は徐々に改修され、主翼下面の大型の境界層版を廃し、かわりに3枚の小型の境界層版を主翼上面から下面にかけて装備するなどした。1955年6月16日に初飛行を行った。
Ye-50
ВВС СССР Е-50 ВВС СССР Е-50 ВВС СССР Е-50/3
Ye-2の発展型で、AM-9Yeジェットエンジンに加えS-155ロケットエンジンを追加した混合動力機。3号機は機首が延長されていた。
Ye-50A
燃料消費量の大きなロケットエンジンのため、機体下面に大型の燃料タンクを装備する機体として設計されたが、実際には製作されなかった。
Ye-5
Ye-4の発展型。1956年1月9日に初飛行し、同年末にこの機体を基にして新型前線戦闘機MiG-21の量産されることが決定された。H-5I-500とも呼ばれた。
Ye-6
Ye-5の発展型で、信頼性に乏しかったRD-11エンジンをR-11F-300に換装するなどの改修を行った。1号機は1958年5月20日に初飛行を行ったが、28日には墜落して失われた。
2号機は境界層版を外側1枚のみに減じ、機首側面に機体の横滑り時のエンジンの失速防止用の空気取り入れ口を設けた。1960年には主翼端への空対空ミサイル搭載の試験機に改造された。
3号機はエンジンのストール防止用の空気取り入れ口を増設した。1959年10月31日には15/25kmコースにて2,388km/hという当時の世界速度記録を樹立した。なお、その際の国際航空連盟への申請名はYe-66である。この3号機を基に初めの生産型MiG-21Fが製作された。
MiG-21F «72»
ВПС України МіГ-21Ф #01, 2001
初期型。NR-30機関砲を2門搭載する。R-11F-300エンジンを搭載し、1959年に初飛行を行った。翌1959年秋から1960年半ばにかけて99機が生産された。なお、MiG-21Fは設計局内ではYe-6Tと呼称された。後には、MiG-21F-13同様の垂直尾翼の増積や、R-3ミサイルの運用のための改修が行われた機体もある。
Ye-6T/3
カナードを装備する機体。のちにはR-3ミサイルの搭載試験に用いられ、その成果は初の本格的生産型MiG-21F-13に生かされた。
MiG-21F-13 «74»
БВВС МиГ-21Ф-13 #520 и 515 и МиГ-21ПФМ #78 и МиГ-21М #210 и МиГ-21бис САУ и МиГ-21УМ, 2003
本格的に生産の始められた昼間戦闘機型で、R-3S(機体名称の-13はR-3Sの試作名称K-13に由来)ミサイルを運用可能としたかわりにNR-30を1門に減らしている。R-11F-300エンジンを搭載し、1959年に初飛行を行った。
Ye-6V
MiG-21F-13に不整地での短距離離着陸性能を付加するために改造された試験機。
Ye-66A
1961年4月28日に34,714mという絶対到達高度の世界記録を樹立した機体。出力向上形のR-11F-200とロケットエンジンを搭載していた。
Ye-7
レーダー搭載型の一連の開発機名称。
MiG-21P
TsD-30T全天候レーダーを搭載する迎撃戦闘機(全天候戦闘機のこと)型の最初の型だが、生産されなかった。R-11F-300エンジンを搭載する最初の試作機Ye-7/1は10機が製作され、1958年8月に初飛行を行った。試作機はYe-7/2Ye-7/3と作られ、Ye-7/3はこのシリーズの最初の量産型迎撃戦闘機であるMiG-21PFの直接的な基礎となった。
MiG-21PF «76»
HungaryAF MiG-21PF #501, 2002
量産・配備された最初の全天候戦闘機型。MiG-21の第2世代機。固定武装は廃されている。搭載レーダーはTsD-30TP(RP-21)である。新型のR-11F2-300エンジンを搭載するYe-7/4が直接の原型機となった。なお、試作機はMiG-21Pからの連番であるが、特に区別するとすればYe-7/3とYe-7/4がMiG-21PFの試作機といえる。
Ye-8
ВВС СССР Е-8 #82 ВВС СССР Е-8 #82
1962年に初飛行したMiG-21PFの大幅な改設計型。R-21F-300en)エンジン1基を搭載した。2機のみ製作されたが、1号機(#81)が事故で失われるなどし、機体の欠陥の改善される見通しも立たなかったため開発は中止された。
MiG-21FL «77»
インドでのライセンス生産機で、基本的にはMiG-21PFM初期型の輸出仕様機であるが、吹き出しフラップがないなどMiG-21PFとの中間的機体構造を持っている。R-11F-300エンジンとR-2Lレーダーを搭載した。MiG-21PFM同様、機関砲コンテナを搭載することもできる。1965年から1968年まで生産され、1966年から現在に至るまでインド空軍で運用されている。
MiG-21PFS «94»
ВВС СССР МиГ-21ПФС #09, 1995
R-11F2S-300エンジンを搭載し、1962年に初飛行を行った。最大の改修点は主翼に吹き出しフラップ(SPS)を採用したことで、これ以降の機体はこのシステムを備えることとなった。試作機はYe-7SPSと呼ばれた。比較的少数が生産されたに留まったが、一部は輸出もなされた。
MiG-21SPS
DDRLA MiG-21SPS #869, 2005
MiG-21PFSのドイツ民主共和国(東ドイツ)での制式名称。
MiG-21SPS-K
DDRLA MiG-21SPS-K #981
東ドイツのMiG-21SPSの改修型で、MiG-21PFMに準じた仕様としたもの。MiG-21PFM以降の発展型同様、機関砲コンテナを搭載可能とした。そのため、機首左右の空気取り入れ小口に、機関砲の排煙除去用の整流版が設置されている。外見上は、MiG-21PFM後期型に酷似している。風防は上方へ膨らみをもったツーピース型。後方ミラーは付属するものとしないものとがある。東ドイツのみで運用された。
MiG-21PFM «94A»
UF/NCAF MiG-21PFM #72
TsD-30TP(RP-21)レーダーを搭載したMiG-21PFSの改良型。試作機はYe-7Mと呼ばれた。比較的少数が生産されたに留まった。風防はMiG-21PF同様のワンピース型。
MiG-21PFM «94H»
ВПС України МіГ-21ПФМ #98, 2000
吹き出しフラップを備えた初期のMiG-21の主要生産型となった。射出座席を新しいKM-1に変更するなどの変更が行われていた。また、機関砲コンテナの搭載能力も付加されていた。なお、射出座席の変更に伴い風防はそれまでの前開きのワンピース型から横開きのツーピース型に変更されたが、ワンピース型同様に上方へやや膨らみをもった形状のものと上辺が直線的でリアビューミラーを装備したものとがある。風防の型は、MiG-21S/SM/M辺りまで同様に2種類のものが見られた。
23-31 (Ye-7PD/MiG-21PD)
ВВС СССР МиГ-21ПД
1967年に初飛行したMiG-21PFMの改設計型で、2機のリフトエンジンを搭載する短距離離着陸機の研究機として用いられた。PDはリフトエンジンを意味する。主脚は収納できず固定式である。これを基に23-01短距離離着陸戦闘機が製作されたが、こちらも量産には結びつかなかった。
MiG-21R «94R/03»
SRAF MiG-21R #1923, 2004
戦術偵察機型。Ye-7Rとして1965年に初飛行を行った。外見上は第3世代機の最初の機体として数えられるが、実際は第2世代機の背部燃料タンクを大型化しただけの機体である。また、Ye-7Rや初期のごく少数の量産機はMiG-21PF同様の機体を使用していた。ソ連空軍の他、各国で使用されたが、機体製作年が早かったため他の第3世代機よりも先に退役している。その場合はMiG-21MFを改修したMiG-21MFRなどがMiG-21Rの後継機として運用される場合もあった。
MiG-21RF
EAF MiG-21RF
MiG-21Rの輸出型として開発された。MiG-21Rとは装備などが若干異なる。なお、MiG-21RFは主力型とはならず、MiG-21Rの方が多く輸出された。
MiG-21S «95»
ВВС СССР МиГ-21С #92, 1995
第3世代機。新型のサプフィール22(RP-22)レーダーを搭載した。新型のR-11F2S-300エンジンを搭載し、1963年に初飛行を行った。なお、冷戦時代には西側諸国からは「MiG-21PFMA」であると誤認されていた。
MiG-21SM «15»
ВПС України МіГ-21СМ, 2001
MiG-21SにGSh-23L連装機関砲を固定装備した機体で、一時はソ連の空軍戦力の主力となった。R-13-300en)エンジンを搭載し、1969年に初飛行を行った。MiG-21シリーズの中で最も多くの機体が製作されたとされる。MiG-23などが主力戦闘機となった後は、戦闘爆撃機として使用された。
MiG-21Iアナローク (A-144)
ВВС СССР МиГ-21И (No.2), 1995
Tu-144開発のために製作された試験機。MiG-21Sの胴体を利用して製作され、1968年に初飛行を行った。
MiG-21M «96»
MiG-21SMの輸出向けダウングレード型で、一世代前のRP-21MLレーダーを搭載していた。エンジンもMiG-21PFMと同じR-11F2S-300を搭載し、1968年に初飛行を行った。生産はMMZ「ズナーミャ・トルダー(労働の旗)」工場で1968年から1971年まで行われた。インドでは1971年よりライセンス生産が行われ、1973年よりインド空軍に配備された。
MiG-21MA «96A»
ВВС Българии МиГ-21МА #613 SRAF MiG-21MA #1210, 2003
単にMiG-21Mとも呼ばれる。
MiG-21MF «96F»
БВВС МиГ-21МФ #52, 2005
サプフィール22(RP-22)レーダーを搭載するなどMiG-21SMと同程度の能力を持った輸出型。R-13-300エンジンを搭載し、1970年に初飛行を行った。MMZ「ズナーミャ・トルダー」工場で1970年から1974年まで生産された。輸出型の主力となった機体。ワルシャワ条約機構各国で主力機となった。冷戦終結後は、MiG-21bisより以前に旧式のMiG-21MFは多くが退役したが、チェコスロバキアルーマニアのようにMiG-21bisを運用しなかった国では後継機種の選定まで長らく運用が続けられた。その他の国では、MiG-21bisの配備後は主として戦闘爆撃や偵察に用いられた。
MiG-21MF-75 «63»
БВВС МиГ-21МФ-75 #112
MiG-21MFの発展型で、システムが若干近代化された。
MiG-21MFR
1990年代ブルガリアで開発された戦術偵察機型。機体が老朽化したMiG-21Rの代替機として計画された。戦闘爆撃機としては旧式化したMiG-21MFを改修し、従来MiG-21Rで運用されていた偵察コンテナを運用できるようにした。しかし、MiG-21MFRも機体の老朽化で早期に退役し、同時期にMiG-25RBSu-22M4Rも退役したため、ブルガリアの高度の航空偵察能力は失われた。
М-21
1967年に初飛行した無人航空機型で、MiG-21PFやMiG-21PFMから改修されていた。ソ連時代後期、標的機や各種試験機として多数が試験や訓練に使用された。
MiG-21SMT «50»
ВВС СССР МиГ-21СМТ #11, 2003
大型の背部燃料タンクを装備する機体として開発されたが、機体バランスが崩れ、失敗作といわれた。1971年に初飛行。一部の機体は、MiG-21STに改修された。
MiG-21ST
ВВС России МиГ-21СТ #40, 2004
失敗に終わったMiG-21SMTを改修した機体。
MiG-21MT «96T»
R-13F-300エンジンを搭載するMiG-21Mの発展型として開発された。装備などはMiG-21MFと同様で、1971年よりMMZ「ズナーミャ・トルダー」工場で生産が始められたが、15機しか製作されなかった。
MiG-21bis LAZUR «75A»
WLiOP MiG-21bis #9703, 2004
第4世代機。大幅な改良型で、1970年代から1980年代にかけてソ連の主力機となった。R-25-300en)エンジンを搭載し、1971年に初飛行を行った。
MiG-21bis SAU «75B»
БВВС МиГ-21бис САУ #261, 2005
ソ連での生産機としては最終型となった。改良された電子機器を搭載した。なお、«75A»と«75B»は、正式名称はどちらも単に「MiG-21bis」と称されることが普通である。また、資料によってはMiG-21bis-Kと表記しているものもある。なお、通常では「"B"規格」はワルシャワ条約機構外への大幅なダウングレード輸出型であることを意味しているが、この場合はその意味ではない。
MiG-21bis «75»
IAF MiG-21bis #C2122
インドでのライセンス生産機。FCSレーダーはRP-22型。
MiH-21bis
ВПС України МіГ-21біс
ウクライナで開発された海外向けの近代化改修型。オデッサで開発が行われた。なお、ウクライナではエジプトイエメンリビアといった外国のMiG-21のオーバーホールやメンテナンスを行っている。
MiG-21U-400 «66»
FAR MiG-21U-400 #1120
最初に生産された複座型。高等練習機としての運用の他、様々な試験用途にも使用された。
MiG-21U-600 «67»
FAR MiG-21U-600 #3517 WLiOP MiG-21U-600 #2420, 2005
改良型。垂直尾翼が大型化されるなどしている。«66»と«67»はどちらも単に「MiG-21U」と称されることも多い。
MiG-21US «68»
ВВС Българии МиГ-21УС #05, 2000 DDRLA/BLW MiG-21US #2405, 2004
改良型。電波受信部などが変更されている。MiG-21PFM以降の単座型同様、吹き出しフラップとKM-1射出座席を装備している。
MiG-21UM «69»
ВВС Българии МиГ-21УМ #27 WLiOP MiG-21UM #9353, 2004 CzechAF MiG-21UM #9322, 2004 WLiOP MiG-21UM #9344, 2005
改良型。なお、グルジアではソ連からの独立後も生産が続けられ、1990年代後半に2機だけ製作されている。また、グルジアでは改修型も開発されており、一部MiG-21運用国で採用されている。
MiG-21K
新しい空対空ミサイルであるR-27RR-73を運用可能とするなどした、ロシアによるMiG-21SMの近代化改修機。MiG-21M/MFを運用する国やMiG-21bisを運用する国へ提案されたが受注には失敗し、計画は破棄された。
MiG-21UPG / MiG-21-93
ВВС России МиГ-23-93 #21-93, 1995
ロシアで開発された近代化改修機。R-25-300エンジンを搭載し、1994年に初飛行した。インドに採用されたのち、一時はイエメン共和国、ブルガリア、クロアチアなどにも採用される可能性があるとされていた。高性能の小型レーダーであるコピヨー21l)を搭載し、これによりR-73やR-77のような空対空ミサイルのほか、Kh-31などの空対地ミサイルが搭載可能となり、戦闘能力が大幅に向上したとされている。また、ESW-21レーダー警報受信機、チャフ・フレア・ディスペンサ、リングレーザージャイロ式の慣性航法装置の搭載などの改良が行われている[1]。しかし、エンジンはMiG-21bisのままであるためその欠点はそのまま受け継いでいる。
MiG-21BISON
IAF MiG-21BISON #CU2819, 2004
MiG-21-93のインドでの採用名称。
MiG-21-93I
MiG-21-93の派生型。
MiG-21-98
MiG-21-93の派生型。

ルーマニア/イスラエル/クロアチア[編集]

MiG-21RFM
FAR MiG-21RFM #710
ルーマニアのMiG-21PFはこの名称で呼ばれた。
MiG-21RFM-M
FAR MiG-21RFM-M #4710, 2004
ルーマニアのMiG-21PFMはこの名称で呼ばれた。
MiG-21-2000
UgandaAF MiG-21-2000 #9811, 2004
イスラエルで開発された近代化改修機。ウガンダポーランドより購入したMiG-21bisを購入した際この規格に改修して配備した他、ザンビアエチオピアも改修したとされる。ラオスは契約は結んだものの、経済的な理由から中止された。なお、イスラエルは商業上の戦略から当初よりルーマニアと共同開発したように装っていたが、実態はそうではなかった。イスラエルのこうした販売努力にも拘らず、販売は順調には行っていない模様である。
MiG-21M LANCER I / MiG-21M LANCER A
FAR MiG-21M LANCER A #806, 2004 RoAF MiG-21M #715, 2001 FAR MiG-21M LANCER A #904, 2001
MiG-21MF LANCER I / MiG-21MF LANCER A
FAR MiG-21MF LANCER A #7701, 2001
MiG-21-2000の技術を用いたルーマニアの近代化改修機で、主に対地攻撃を行うとされる。R-25-300エンジンを搭載している。MiG-21-2000の違いはアビオニクスに国産のものが使用されていることにある。改修点は、EL/M-2001B測距レーダーの搭載、DASHヘルメット照準装置への対応、ライトニング目標指示ポッド英語版への対応、EL/L-8222R ECMポッドへの対応、PlESSEY敵味方識別装置の搭載、SAIMSフライトレコーダの搭載、DTSデータ転送システムの搭載、LISA-4000EBナビゲーションシステムの搭載、ELOP921ヘッドアップディスプレイの搭載、SPS-20レーダー警報受信機の搭載、LM52-M2発射器の搭載、ACR435/430 UHF/VHFラジオの搭載、TAAS/IMIチャフフレアディスペンサーの搭載、多機能カラーディスプレイ1機の搭載などによるグラスコックピット化、マジック2・オファー赤外線誘導爆弾の運用能力の付加などである。
MiG-21M LANCER II / MiG-21M LANCER C
LANCER I規格に準じたルーマニアの近代化改修機で、防空任務により適した仕様となっている。レーダーはEL/M-2032を搭載。また、マジック2パイソン3R-73などの短距離AAMに対応した。
MiG-21MF LANCER II / MiG-21MF LANCER C
FAR MiG-21MF LANCER C #6807, 2005
LANCER II規格に改修されたルーマニアのMiG-21MF。
MiG-21MF-75 LANCER II / MiG-21MF-75 LANCER C
LANCER II規格に改修されたルーマニアのMiG-21MF-75。
MiG-21UM LANCER I / MiG-21UM LANCER B
FAR MiG-21UM LANCER B #327, 2004
LANCER I規格に改修されたルーマニアのMiG-21UM。
MiG-21bis LANCER III
FAR MiG-21bis LANCER III #165, 1999
MiG-21bisに対する近代化改修機で、フルバージョンのものの販売実績がない。
L-17D / MiG-21bisD
HRZiPZO MiG-21bisD #116, 2005
クロアチアのMiG-21bis LAZURの改修機で、ルーマニアのLANCER III規格の簡易型。
MiG-21UMD
HRZiPZO MiG-21UMD #167, 2004
ルーマニアで改修されたクロアチアのMiG-21UM近代化改修機。

ユーゴスラヴィア/セルビア・モンテネグロ/セルビア[編集]

L-12
РВиПВО ВСЦГ Л-12 #22532, 2005
ユーゴスラビア社会主義連邦共和国のMiG-21F-13は、この名称で呼ばれた。
L-14
РВиПВО ВСЦГ Л-14 #12716, 2004
ユーゴスラビアのMiG-21PFMは、この名称で呼ばれた。
L-14i
РВиПВО ВСЦГ Л-14и #26112, 2002
ユーゴスラビアのMiG-21Rは、この名称で呼ばれた。
L-15
ユーゴスラビアのMiG-21Mは、この名称で呼ばれた。
L-16
РВиПВО Л-16 (МиГ-21МФ), 2005
ユーゴスラビアのMiG-21MFは、この名称で呼ばれた。
L-17
HRZiPZO L-17 #102, 2002
ユーゴスラビアのMiG-21bis LAZURは、この名称で呼ばれた。
L-17K
РВиПВО ВСЦГ Л-17К #17126, 2005
ユーゴスラビアのMiG-21bis SAUは、この名称で呼ばれた。
NL-12
РВиПВО ВСЦГ Л-12 #195, 2001
ユーゴスラビアのMiG-21Uは、この名称で呼ばれた。
NL-14
ユーゴスラビアのMiG-21USは、この名称で呼ばれた。
NL-16
РВиПВО ВСЦГ НЛ-16 #16174, 2003
ユーゴスラビアのMiG-21UMは、この名称で呼ばれた。

チェコスロヴァキア/チェコ[編集]

S-106
SlovakiaAF S-106 #9904, 2003
チェコスロバキアでのライセンス生産機で、第二風防が金属製になるなどソ連製のMiG-21F-13とは異なる点がある。名称はのちに単なるMiG-21F-13に変更された。
MiG-21MFN
CzechAF MiG-21MFN #2500, 2005
チェコのMiG-21MFのNATO仕様改修機。2005年まで運用後、JAS39グリペンに代替された。

フィンランド[編集]

MiG-21F-13
フィンランドで独自に改修された機体で、MiG-21bis導入後、戦術偵察機に改修された。
MiG-21bis
FinlandAF MiG-21bis MG-135, 1996
フィンランドで独自に改修された機体。

中華人民共和国/パキスタン[編集]

ここでは主な形式のみの記述に留める。詳細は各項目を参照。

殲撃七型(J-7/F-7)/殲教七型(JJ-7/FT-7)
MiG-21を中国が独自に改良した機体。
殲撃八型(J-8/F-8)
J-7を基にした発展型。Ye-152同様にエンジンを双発にして大型化した。
殲撃八型II(J-8II/F-8II)
J-8の発展型。空気取り入れ口を機首から側面に移したため、外見はSu-15に似る。
殲撃九型(J-9/F-9)
J-8と同時期に計画された発展型。計画中止。
教練九型 山鷹(JL-9/FTC-2000)/CY-1
JJ-7の後継として開発された練習機
FC-1 梟龍(超級殲撃七型 Super-7/殲撃九型 J-9)/JF-17 サンダー
J-7を発展させた輸出用戦闘機。当初はSuper-7計画として西側諸国と提携して開発を進めたが第二次天安門事件によって頓挫し、その後ロシア41を発展させる形で開発が進められた。JF-17はパキスタンでの呼称。

スペック[編集]

ソ連製[編集]

MiG-21F
ロシアのMiG-21F
MiG-21F-13
MiG-21FとMiG-21F-13
  • 種別:前線戦闘機
  • 初飛行:1959年
  • 翼幅:7.15m
  • 全長:14.10m
  • 全高:4.71m
  • 翼面積:23.00m²
  • 空虚重量:4,871kg
  • 通常離陸重量:7,100kg
  • 機内燃料搭載量:1,900l
  • 発動機:ツマンスキー R-11F-300 ターボジェット
  • 推力:5,740kg/f
  • 最高速度:2,125km/h
  • 最高速度(地表高度):1,100km/h
  • 航続距離(機内燃料のみ):1,300km
  • 航続距離(外部燃料タンク搭載時):1,580km
  • 実用上昇限度:19,000m
  • 武装
MiG-21PF
MiG-21.svg
  • 種別:迎撃戦闘機
  • 初飛行:1958年
  • 翼幅:7.15m
  • 全長:14.10m
  • 全高:4.71m
  • 翼面積:23.00m²
  • 空虚重量:5,150kg
  • 通常離陸重量:7,750kg
  • 最大離陸重量:9,080kg
  • 機内燃料搭載量:2,200l
  • 発動機:ツマンスキー R-11F2-300 ターボジェット
  • 推力:6,120kg/f
  • 最高速度:2,175km/h
  • 最高速度(地表高度):1,300km/h
  • 航続距離(機内燃料のみ):1,600km
  • 航続距離(外部燃料タンク搭載時):1,900km
  • 実用上昇限度:19,000m
  • 最大G:8
  • 武装:空対空ミサイルx4まで:K-13、R-3S
MiG-21PFM
MiG-21PFM
  • 種別:迎撃戦闘機
  • 初飛行:1962年10月17日
  • 運用開始:1964年
  • 翼幅:7.15m
  • 全長:14.10m
  • 全高:4.71m
  • 翼面積:23.00m²
  • 通常離陸重量:7,820kg
  • 最大離陸重量:9,120kg
  • 機内燃料搭載量:2,200l
  • 発動機:ツマンスキー R-11F2S-300 ターボジェット
  • 推力:6,175kg/f
  • 最高速度:2,230km/h
  • 最高速度(地表高度):1,300km/h
  • 航続距離(機内燃料のみ):1,300km
  • 航続距離(外部燃料タンク搭載時):1,970km
  • 実用上昇限度:19,000m
  • 最大G:8
  • 武装
MiG-21R
MiG-21R
  • 種別:戦術偵察機
  • 初飛行:1965年
  • 翼幅:7.154m
  • 全長:14.10m
  • 全高:4.125m
  • 翼面積:23.00m²
  • 空虚重量:5,350kg
  • 通常離陸重量:8,100kg
  • 燃料搭載量:2,320l
  • 発動機:ツマンスキー R-11F2S-300 ターボジェット
  • 出力:6,175kg/f(A/Bなし:3,950kg/f)
  • 最高速度:1,700km/h
  • 最高速度(地表高度):1,150km/h
  • 航続距離(外部燃料タンク搭載時):1,600km
  • 航続距離(機内燃料のみ):1,300km
  • 実用飛行上限高度:15,100m
  • 最大G:8.0
  • 乗員:1名
  • 武装:R-3S空対空ミサイルx2、S-5ロケット弾用のUB-16-57UまたはUB-32ポッド、S-24空対地ロケットx2、自由落下型爆弾x2、燃料タンクなど(のち、23mm連装機関砲 GSh-23コンテナを搭載可能に改修)
  • 偵察コンテナ:D/N/R各型(昼間写真偵察/夜間写真偵察/電波偵察用)x1
MiG-21S
  • 種別:迎撃戦闘機
  • 初飛行:1968年
  • 翼幅:7.15m
  • 全長:14.10m
  • 全高:4.71m
  • 翼面積:23.00m²
  • 通常離陸重量:8,150kg
  • 燃料搭載量:2,320l
  • 発動機:ツマンスキー R-11F2S-300 ターボジェット
  • 出力:6,175kg/f
  • 最高速度:2,230km/h
  • 最高速度(地表高度):1,300km/h
  • 航続距離(外部燃料タンク搭載時):1,610km
  • 航続距離(機内燃料のみ):1,240km
  • 実用飛行上限高度:18,000m
  • 最大G:8
  • 乗員:1名
  • 武装
    • 最大兵器搭載量1,300kgまで、ハードポイント4ヶ所
    • 23mm連装機関砲GSh-23コンテナ
    • 空対空ミサイルx4まで:K-13、R-3S、RS-2US
    • 空対地ロケット:S-24
    • 100kgまでの自由落下型爆弾、燃料タンクなど
MiG-21M
東ドイツのMiG-21M
  • 種別:迎撃戦闘機
  • 初飛行:1968年
  • 翼幅:7.15m
  • 全長:14.90m
  • 全高:4.71m
  • 翼面積:23.00m²
  • 空虚重量:5,350kg
  • 通常離陸重量:8,200kg
  • 最大離陸重量:9,300kg
  • 燃料搭載量:2,200l
  • 発動機:ツマンスキー R-11F2S-300 ターボジェット
  • 出力:6,175kg/f
  • 最高速度:2,230km/h
  • 最高速度(地表高度):1,300km/h
  • 航続距離(外部燃料タンク搭載時):1,420km
  • 航続距離(機内燃料のみ):1,050km
  • 最大上昇率:12,240m/min
  • 実用飛行上限高度:17,300m
  • 最大G:8.5
  • 乗員:1名
  • 武装
    • 23mm連装機関砲GSh-23L(弾数200発)x1(固定武装)
    • 最大兵器搭載量1,300kgまで、ハードポイント4ヶ所
    • 空対空ミサイルx4まで:K-13M、K-13
    • S-5 57mmロケット弾ポッド:UB-16-57、またはUB-32
    • 100kgまでの自由落下型爆弾、燃料タンクなど
MiG-21SM
ソ連のMiG-21SM
  • 種別:迎撃戦闘機
  • 初飛行:1969年
  • 翼幅:7.15m
  • 全長:14.10m
  • 全高:4.71m
  • 翼面積:23.00m²
  • 空虚重量:5,250kg
  • 通常離陸重量:8,300kg
  • 最大離陸重量:9,400kg
  • 燃料搭載量:2,200l
  • 発動機:ツマンスキー R-13-300 ターボジェット
  • 出力:6,490kg/f
  • 最高速度:2,230km/h
  • 最高速度(地表高度):1,300km/h
  • 航続距離(外部燃料タンク搭載時):1,420km
  • 航続距離(機内燃料のみ):1,050km
  • 最大上昇率:12,240m/min
  • 実用飛行上限高度:18,000m
  • 最大G:8.5
  • 乗員:1名
  • 武装
    • 23mm連装機関砲GSh-23L(弾数200発)x1(固定武装)
    • 最大兵器搭載量1,300kgまで、ハードポイント4ヶ所
    • 空対空ミサイルx4まで:K-13M、K-13、K-13R、R-60、R-60M
    • 57mmロケット弾ポッド:UB-16-57、またはUB-32
    • 100kgまでの自由落下型爆弾、燃料タンクなど
MiG-21MF
ポーランドのMiG-21MF
  • 種別:迎撃戦闘機
  • 初飛行:1970年
  • 翼幅:7.15m
  • 全長:14.90m
  • 全高:4.71m
  • 翼面積:23.00m²
  • 空虚重量:5,350kg
  • 通常離陸重量:8,200kg
  • 最大離陸重量:9,300kg
  • 燃料搭載量:2,200l
  • 発動機:ツマンスキー R-13-300 ターボジェット
  • 出力:6,490kg/f
  • 最高速度:2,230km/h
  • 最高速度(地表高度):1,300km/h
  • 航続距離(外部燃料タンク搭載時):1,420km
  • 航続距離(機内燃料のみ):1,050km
  • 最大上昇率:12,240m/min
  • 実用飛行上限高度:18,200m
  • 最大G:8.5
  • 乗員:1名
  • 武装
    • 23mm連装機関砲GSh-23L(弾数200発)x1(固定武装)
    • 最大兵器搭載量1,300kgまで、ハードポイント4ヶ所
    • 空対空ミサイルx4まで:K-13M、K-13、K-13R、R-60、R-60M
    • 57mmロケット弾ポッド:UB-16-57、またはUB-32
    • 100kgまでの自由落下型爆弾、燃料タンクなど
MiG-21bis
MiG-21bis
  • 種別:迎撃戦闘機
  • 初飛行:1971年
  • 翼幅:7.15m
  • 全長:14.10m
  • 全高:4.71m
  • 翼面積:23.00m²
  • 空虚重量:5,460kg
  • 通常離陸重量:8,726kg
  • 燃料搭載量:2,390l
  • 発動機:ツマンスキー R-25-300 ターボジェット
  • 推力(アフターバーナー未使用時):69.60kNx1
  • 推力(アフターバーナー使用時):97.10kNx1
  • 最高速度:2,175km/h
  • 最高速度(地表高度):1,300km/h
  • 航続距離(外部燃料タンク搭載時):1,470km
  • 航続距離(機内燃料のみ):1,210km
  • 最大上昇率:13,500m/min
  • 実用飛行上限高度:17,800m
  • 最大G:8.5
  • 乗員:1名
  • 武装
    • 23mm連装機関砲GSh-23L(弾数200発)x1(固定武装)
    • 最大兵器搭載量1,300kgまで、ハードポイント4ヶ所
    • 空対空ミサイルx4まで:K-13M、K-13、K-13R、R-60、R-60M
    • 57mmロケット弾ポッドまたは240mm空対地ロケット弾、500kgまでの爆弾、牽引式AFA電波偵察機器機関砲コンテナなど
MiG-21-93
  • 種別:迎撃戦闘機
  • 初飛行:1991年
  • 翼幅:7.15m
  • 全長:14.10m
  • 全高:4.71m
  • 翼面積:23.00m²
  • 迎え角:57°
  • 空虚重量:5,460kg
  • 通常離陸重量:8,825kg
  • 最大離陸重量:9,600kg
  • 燃料搭載量:2,390l
  • 発動機:ツマンスキー R-25-300 ターボジェット
  • 推力(アフターバーナー未使用時):69.60kNx1
  • 推力(アフターバーナー使用時):97.10kNx1
  • 最高速度:2,175km/h
  • 最高速度(地表高度):1,300km/h
  • 航続距離(外部燃料タンク搭載時):2,100km
  • 航続距離(機内燃料のみ):1,210km
  • 最大上昇率:13,500m/min
  • 実用飛行上限高度:17,300m
  • 最大G:8.5
  • 乗員:1名
  • 武装

イスラエル/ルーマニア製[編集]

MiG-21-2000
  • 製造:イスラエル・エアロスペース・インダストリーズ
  • 種別:前線打撃戦闘機
  • 初飛行:1995年
  • 翼幅:7.154m
  • 全長:15.76m
  • 全高:4.71m
  • 翼面積:23.00m²
  • 空虚重量:5,350kg
  • 通常離陸重量:8,825kg
  • 最大離陸重量:10,500kg
  • 発動機:ソユース(ツマンスキー) R-25-300 ターボジェット
  • 推力(アフターバーナー未使用時):40.26kNx1
  • 推力(アフターバーナー使用時):69.63kNx1
  • 最高速度:2,230km/h(マッハ2.10)
  • 最高速度(地表高度):1,300km/h(マッハ1.06)
  • 航続距離:1,800km
  • 戦闘行動半径:350-750km
  • 最大上昇率:15,250m/min
  • 実用飛行上限高度:18,500m
  • 最大G:8.5
  • 乗員:1名
  • 武装
MiG-21ランサー
  • 製造:IAI、IAR
  • 種別:多用途戦闘機
  • 初飛行:1996年
  • 翼幅:7.154m
  • 全長:15.76m
  • 全高:4.71m
  • 翼面積:23.00m²
  • 空虚重量:5,350kg
  • 通常離陸重量:8,825kg
  • 最大離陸重量:10,500kg
  • 発動機:ソユース(ツマンスキー) R-25-300 ターボジェット
  • 推力(アフターバーナー未使用時):40.26kNx1
  • 推力(アフターバーナー使用時):69.63kNx1
  • 最高速度:2,230km/h
  • 巡航速度:946km/h
  • 航続距離:1,800km
  • 戦闘行動半径:350-750km
  • 最大上昇率:15,250m/min
  • 実用飛行上限高度:18,500m
  • 最大G:8.5
  • 乗員:1名
  • 武装
    • 23mm連装機関砲GSh-23L(弾数200発)x1(固定武装)
    • 最大兵器搭載量1,500kgまで、ハードポイント5ヶ所
    • 空対空ミサイル:パイソン-4、R-60
    • 誘導爆弾、空対地ロケットなど

運用国[編集]

Flag of the Soviet Union (1955-1980).svg ソ連
空軍 - MiG-21F/F-13/PF/PFS/PFM/R/S/SM/bis/U/US/UM、M-21 ВВС СССР МиГ-21ПФС #09, 2005 ВВС СССР МиГ-21СМ #35, 2004 ВВС СССР МиГ-21УС #06, 2004
国土防空軍 - MiG-21PF/PFM/S/SM/bis/U/US/UM
海軍航空隊 - MiG-21F-13/PF/PFM/S/SM/bis/U/US/UM
Flag of Russia.svg ロシア連邦
空軍 - MiG-21PFM/R/SM/bis/US/UM、M-21 ВВС Росии МиГ-21СМ #70, 2004 ВВС Росии МиГ-21бис #08, 2005
Flag of Ukraine.svg ウクライナ
空軍 - MiG-21PFM/SM/bis/US/UM、M-21 ПС України М-21 #45
Flag of Georgia.svg グルジア
空軍 - MiG-21UM ВВС Гурзии МиГ-21УМ #27
Flag of Azerbaijan.svg アゼルバイジャン
空軍 - MiG-21
Flag of Armenia.svg アルメニア
空軍 - MiG-21bis/UM
Flag of Kazakhstan.svg カザフスタン
空軍 - MiG-21bis/UM
Flag of Turkmenistan.svg トルクメニスタン
空軍 - MiG-21
Flag of Kyrgyzstan.svg キルギス
空軍 - MiG-21bis/UM
Flag of Bulgaria.svg ブルガリア
空軍 - MiG-21F-13/PF/PFM/R/M/MA/MF/MF-75/MFR/bis/U/US/UM БВВС МиГ-21Ф-13 #501 & МиГ-21ПФМ #62, 2005 БВВС МиГ-21бис ЛАЗУРЬ #507, 2005БВВС МиГ-21бис Поиск-ОИ, 2011
Flag of Romania.svg ルーマニア
空軍 - MiG-21F-13/RFM/RFM-M/M/MF/MF-75/U/US/UM/ランサーA/B/C FAR MiG-21F-13 #23, 2001 FAR MiG-21M LANCER A #711, 2001 FAR MiG-21MF LANCER C #6707, 2005
Flag of Poland.svg ポーランド
空軍および防空軍 - MiG-21F-13/PF/PFM/R/M/MF/bis/U/US/UM WLiOP MiG-21MF #8015, 2003 WLiOP MiG-21US #4401, 2005 WLiOP MiG-21UM #9311, 2005WLiOP MiG-21UM #9323, 2005
海軍航空隊 - MiG-21F-13/PF/PFM/M/MF/bis/U/US/UM PolandNavy MiG-21bis LAZUR #8705, 2002
Flag of Czechoslovakia.svg チェコスロバキア
空軍 - MiG-21F-13/PF/PFM/R/M/MA/MF/U/US/UM、S-106
Flag of the Czech Republic.svg チェコ
空軍 - MiG-21M/MA/MF/MFN/US/UM CzechAF MiG-21MF #5512 & MiG-21MFN #4175, 2005 CzechAF MiG-21MFN #5581, 2005 CzechAF MiG-21UM #9322, 2004 CzechAF MiG-21UM #9341, 2005
Flag of Slovakia.svg スロバキア
空軍 - MiG-21M/MA/MF/US/UM SlovakiaAF MiG-21MF #7708, 1994 SlovakiaAF MiG-21UM #0474, 2004
Flag of Hungary.svg ハンガリー
空軍 - MiG-21F-13/PF/MF/bis/U/UM HuAF MiG-21F-13 #813, 2004 HuAF MiG-21bis SAU #5822&1904&5540&1874, 1993 HuAF MiG-21UM #0465, 2005
Flag of Germany.svg ドイツ
空軍 - MiG-21M/MF/bis/US/UM BLW MiG-21bis SAU #24+53, 2005 BLW MiG-21US #24+08, 2004
Flag of East Germany.svg ドイツ民主共和国
空軍 - MiG-21F-13/PF/PFS/SPS/PFM/M/MF/bis/U/US/UM DDRLA MiG-21SPS #891, 2004 DDRLA MiG-21bis SAU #904, 1990 DDRLA MiG-21UM #249, 1990
Flag of Finland.svg フィンランド
空軍 - MiG-21F-13/bis/U/UM FinlandAF MiG-21bis #MG-138, 2005 FinlandAF MiG-21U #MK-103, 2005
Flag of SFR Yugoslavia.svg ユーゴスラビア社会主義連邦共和国
空軍及び防空軍 - MiG-21F-13/PFM/R/M/MF/bis/U/US/UM РВиПВО МиГ-21Ф-13 #22532, 2005
Flag of FR Yugoslavia.svg ユーゴスラビア連邦共和国
空軍及び防空軍 - MiG-21PFM/R/M/MF/bis/U/US/UM
Flag of Serbia and Montenegro.svg セルビア・モンテネグロ
空軍及び防空軍 - MiG-21R/M/MF/bis/UM РВиПВО Л-17 (МиГ-21бис ЛАЗУРЬ) & Л-17К (МиГ-21бис САУ), 2005
Flag of Serbia.svg セルビア
空軍及び防空軍 - MiG-21bis/UM
Flag of Croatia.svg クロアチア
空軍及び防空軍 - MiG-21bis/bisD/UM/UMD HRZiPZO MiG-21bisD #122, 2005 HRZiPZO MiG-21bisD #117, 2005
Flag of Cuba.svg キューバ
空軍 - MiG-21F-13/R/MF/bis/U/UM FAR MiG-21F-13 #420 FAR MiG-21PFM #1006, 2003 FAR MiG-21US #502, 2002
Flag of Indonesia.svg インドネシア
空軍 - MiG-21F-13/U IndonesiaAF MiG-21F-13 #2158
Flag of Vietnam.svg ベトナム
空軍及び防空軍 - MiG-21F-13/PF-V/M/MF/bis/U/US/UM VPAF MiG-21bis SAU #5338 VPAF MiG-21bis SAU #5210
FNL Flag.svg ベトナム民主共和国
空軍 - MiG-21F-13/PF/PF-V/PFM/M/MF/bis/U/US/UM VAF MiG-21MF #5108
Flag of Laos.svg ラオス
空軍 - MiG-21PFM/bis/US/UM LaosAF MiG-21PFM & MiG-21bis & MiG-21UM & An-24
Flag of Cambodia.svg カンボジア
空軍 - MiG-21bis/UM CambodiaAF MiG-21UM #7115 CambodiaAF MiG-21UM & MiG-21bis LAZUR, 2002
Flag of the Khmer Republic.svg 民主カンボジア(民主カンプチア)
空軍 - MiG-21bis/UM
Flag of the People's Republic of Kampuchea.svg カンプチア人民共和国
Flag of North Korea.svg 朝鮮民主主義人民共和国
空軍 - MiG-21F-13/PF/PFM/bis/U/US/UM DPRKAF MiG-21PFM #313&705&312 & MiG-21F-13 DPRKAF MiG-21bis #643
Flag of the People's Republic of China.svg 中華人民共和国
空軍 - MiG-21F-13、コピーJ-7 (航空機)
Flag of Mongolia.svg モンゴル
空軍 - MiG-21PFM/UM MongolAF MiG-21PFM #006 & Mi-24V
Flag of India.svg インド
空軍 - MiG-21F-13/FL/M/MF/bis/I/U/UM IndianAF MiG-21FL #C996 IndianAF MiG-21I Bison
Flag of Bangladesh.svg バングラデシュ
空軍 - MiG-21M/UM
Flag of Afghanistan.svg アフガニスタン
空軍 - MiG-21FL/PFM/MF/bis/U/US/UM DRAAF MiG-21UM #0549&0537&543 & MiG-21PFM #77 DRAAF MiG-21bis, 2002 DRAAF MiG-21bis, 2002 DRAAF MiG-21bis, 2004 NCAF MiG-21FL #72 NCAF MiG-21bis, 2002
Flag of Iran.svg イラン
空軍 - MiG-21PF/UM IRIAF MiG-21PF IRIAF MiG-21UM
Flag of Yemen.svg イエメン共和国
空軍 - MiG-21MF/bis/UM (/UPG)
Flag of North Yemen.svg イエメン・アラブ共和国
空軍 - MiG-21MF/UM
Flag of South Yemen.svg 南イエメン人民共和国(イエメン人民民主共和国)
空軍 - MiG-21MF/bis/UM
Flag of Syria.svg シリア
空軍 - MiG-21F-13/PF/FL/PFM/M/MF/bis/U/UM、S-106 SyriaAF MiG-21F-13, 2005
Flag of Egypt.svg エジプト
空軍 - MiG-21F-13/PF/FL/PFM/R/RF/M/MF/U/UM EAF MiG-21F-13 #5908, 2004 EAF MiG-21F-13 #0843EAF MiG-21RF EAF MiG-21MF
Flag of Iraq.svg イラク
空軍 - MiG-21F-13/PF/PFM/M/MF/bis/U/UM IraqAF MiG-21bis
Flag of Libya.svg リビア
空軍 - MiG-21MF/bis/UM
Flag of Algeria.svg アルジェリア
空軍 - MiG-21F-13/MF/U/UM l'AAF MiG-21MF
Flag of Israel.svg イスラエル
航空宇宙軍 - MiG-21F-13/2000 IDF/AF MiG-21F-13 #007 IAI MiG-21bis #IAI807, 2004
Flag of Angola.svg アンゴラ
空軍 - MiG-21F-13/MF/bis/UM FAPA-DAA MiG-21bis SAU #C340
Flag of Namibia.svg ナミビア
空軍 - MiG-21
Flag of Uganda.svg ウガンダ
空軍 - MiG-21F-13/MF/bis/2000/US/UM UgandanAF MiG-21M #U-906, 2003 UgandanAF MiG-21-2000 #9811, 2004 UgandanAF MiG-21-2000 #9811 & Il-76D, 2004 UgandanAF MiG-21UM (Upgraded in Georgia)
Flag of Tanzania.svg タンザニア
空軍 - MiG-21MF/U
Flag of Madagascar.svg マダガスカル
空軍 - MiG-21bis/UM TAFIKA ANABAKABAKA MiG-21UM #291
Flag of Zambia.svg ザンビア
空軍 - MiG-21MF/bis/2000/UM
Flag of Guinea.svg ギニア
空軍 - MiG-21MF/UM
Flag of Guinea-Bissau.svg ギニアビサウ
空軍 - MiG-21MF/UM
Flag of Mauritania.svg モーリタニア
空軍 - MiG-21MF/UM
Flag of Mozambique.svg モザンビーク
空軍 - MiG-21PFM/MF/bis/UM
Flag of Somalia.svg ソマリア
空軍 - MiG-21MF/US
Flag of Ethiopia.svg エチオピア
空軍 - MiG-21PFM/R/MF/bis/2000/US/UM EthiopiaAF MiG-21bis #1087
Flag of Eritrea.svg エリトリア
空軍 - MiG-21MF/UM
Flag of Sudan.svg スーダン
空軍 - MiG-21M/U
Flag of Burkina Faso.svg ブルキナファソ
空軍 - MiG-21bis/UM BFAF MiG-21bis LAZUR #75
Flag of Mali.svg マリ共和国
空軍 - MiG-21MF/UM
Flag of the Democratic Republic of the Congo.svg コンゴ民主共和国(旧ザイール)
空軍 - MiG-21PFM
Flag of the Republic of the Congo.svg コンゴ共和国(旧コンゴ人民共和国
空軍 - MiG-21bis/UM PRCAF MiG-21bis SAU #527
Flag of Nigeria.svg ナイジェリア
空軍 - MiG-21MF/U/UM NAF MiG-21MF & MiG-21UM
Flag of the United States.svg アメリカ合衆国
空軍 - MiG-21F-13 USAF MiG-21F-13

登場する作品[編集]

ドキュメンタリー
映画
同盟国陣営の航空戦力としてMiG-21に外形の似たモグ戦闘機が登場。北極海上で連邦国陣営のF-101空中戦を展開。
小説
主人公の回想でエジプト空軍のMiG-21が登場、主人公の乗ったアメリカ空軍F-4Eとの戦闘で一機がAIM-9D サイドワインダーによって撃墜されるも、もう一機のMiG-21が主人公の乗ったF-4Eを撃墜する。
  • 『ネオ・ゼロ』(鳴海章 著)
朝鮮人民軍のMiG-21が登場、核施設爆撃に向かうネオ・ゼロ(FSX-90)を発見、後方からロックオンするが、ネオ・ゼロ(FSX-90)が後方に向け放った「サイドワインダー改」ミサイルにより撃墜される。
ゲーム
大抵の作品にMiG-21bis(或いは93)としてプレイヤー操縦可能機である。ちなみに、エースコンバット・ゼロベルカ空軍のトップエース、ウォルフガング・ブフナー大佐のMiG-21bisが登場。一般機としても登場するが、大佐の機体は専用塗色である。
こちらも外観がMiG-21bisに酷似した機体がプレイヤー操縦可能機となっている。
珍しくMiG-21F-13に酷似した機体がプレイヤー操縦可能機となっている。
スネークソ連に再潜入する際や、脱出する時に度々登場している。
アニメ
第2部の21話でキレネンコが岩を投げて撃墜した、そのエンジンは自動車に搭載している。
新谷かおるの漫画作品。劇中に登場する組織「プロジェクト4」の主力機。電子機器に西側の部品が使用され、原型の機体より性能が向上している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 航法ファン2014年2月号

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]