ハインツ・ケスラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハインツ・ケスラー
Heinz Keßler
Bundesarchiv Bild 183-1988-0704-410, Heinz Keßler.jpg
ハインツ・ケスラー (1988年)
生誕 1920年1月26日(94歳)
ドイツの旗 ドイツ国 ラウバン(現ポーランドルバン英語版
所属組織 Balkenkreuz.svg ドイツ国防軍陸軍
(heer)
Emblem of aircraft of NVA (East Germany).svg 国家人民軍航空軍
(Luftstreitkräfte)
軍歴 1940年-1941年(国防軍)
1952年-1989年(航空軍)
最終階級 上級大将
テンプレートを表示

ハインツ・ケスラーHeinz Keßler, 1920年1月26日 - )は、ドイツ民主共和国(東ドイツ)の軍人、政治家。国家人民軍航空軍司令官、国防相、人民議会議員などを務めた。最終階級は上級大将

経歴[編集]

ドイツ東部のラウバン(現ポーランドルバン英語版)生まれ。第二次世界大戦中、国防軍の兵士として従軍した。独ソ戦の勃発直後の1941年7月にソ連軍に投降し、自由ドイツ国民委員会(NKFD)の反ファシズム抵抗運動に参加した。戦後、彼はドイツ社会主義統一党(SED)に入党した。1946年、ケスラーは自由ドイツ青年団Freie Deutsche Jugend)の創設メンバーの1人となった。同年、彼はSED中央委員となった。

ケスラーは1956年9月から空軍司令官、1967年3月から参謀総長、1979年1月から政治総局(Politische Hauptverwaltung)局長を務め、また1956年から85年まで国防次官を兼ねた。その後1985年12月3日カール=ハインツ・ホフマンの後任で国防相となった。また1986年には、彼は党中央委員会政治局員となった。

ベルリンの壁崩壊後の 1990年に、ケスラーはSEDから改名した民主社会党(PDS)から除名された。ドイツ再統一後に国家安全保障評議会の元メンバーとともにベルリンの壁での発砲命令をめぐって裁判にかけられ、1993年に懲役7年半の判決を受けた。1998年にベルリンの刑務所を出所した。ケスラー自身はベルリンの壁崩壊以前から、発砲命令の存在自体を否定する発言を続けている。

現在は夫人と共にベルリンリヒテンベルク区に隠棲している。2009年には、ミニ政党の一つ「ドイツ共産党=DKP」(第二次世界大戦前のドイツ、および同戦後の旧西ドイツにて短期間だけ存在していたドイツ共産党=KPDとは別組織)に入党している。

文献[編集]

  • Kessler, Heinz: Zur Sache und zur Person : Erinnerungen. Berlin, 1996, ISBN 392916163X

外部リンク[編集]


先代:
ハインツ・ゾルン
空軍及び防空軍司令官
1956年 - 1967年
次代:
ヘルベルト・シャイベ
先代:
ジークフリート・リーデル
参謀総長
1967年 - 1979年
次代:
フリッツ・シュトレーレッツ
先代:
ヴァルデマール・フェルナー
政治総局長
1979年 - 1985年
次代:
ホルスト・ブリュンナー
先代:
カール=ハインツ・ホフマン
ドイツ民主共和国国防相
1985年 - 1989年
次代:
テオドール・ホフマン