ヨーロッパ通常戦力条約

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヨーロッパ通常戦力条約
通称・略称 CFE条約
署名 1990年11月19日(パリ
効力発生 暫定: 1992年7月17日[1]、正式: 同年11月9日[2]
条文リンク 米国国務省サイト
テンプレートを表示

ヨーロッパ通常戦力条約(ヨーロッパつうじょうせんりょくじょうやく、英名:Treaty on Conventional Armed Forces in Europe)は、欧州各国が核兵器以外の通常戦力の削減について締結した条約。通称CFE条約

第二次世界大戦後初の通常戦力削減に関する軍縮条約である。署名は1990年11月、暫定発効を経て1992年11月に正式発効した。条約が提起され、締結について議論されたのが冷戦中であり、条約は冷戦の継続を前提として通常戦力の削減について定めている。その後、冷戦終結による国際情勢の変化などを受け、1997年1月から、いわゆる条約の適合化交渉が始まり、1999年11月に条約適合のための合意文書、通称「CFE適合条約」が作成された。ただ、同適合条約はロシア連邦など一部の国のみが批准しており発効していない。

2007年12月12日、ロシアはNATO諸国がCFEを批准していないとしてCFE履行の一時的な履行停止を宣言した。

締約国[編集]

NATO 16ヶ国

ベルギーの旗 ベルギー, カナダの旗 カナダ, キプロスの旗 キプロス, デンマークの旗 デンマーク, フランスの旗 フランス, グルジアの旗 グルジア, ドイツの旗 ドイツ, ギリシャの旗 ギリシャ, アイスランドの旗 アイスランド, イタリアの旗 イタリア, ルクセンブルクの旗 ルクセンブルク, オランダの旗 オランダ, ノルウェーの旗 ノルウェー, ポルトガルの旗 ポルトガル, スペインの旗 スペイン, トルコの旗 トルコ, イギリスの旗 イギリス, アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国

ワルシャワ条約機構 14ヶ国

アルメニアの旗 アルメニア, アゼルバイジャンの旗 アゼルバイジャン, ベラルーシの旗 ベラルーシ, ブルガリアの旗 ブルガリア,ハンガリーの旗 ハンガリー, カザフスタンの旗 カザフスタン,モルドバの旗 モルドバ,ポーランドの旗 ポーランド, ルーマニアの旗 ルーマニア, ロシアの旗 ロシア, スロバキアの旗 スロバキア,ウクライナの旗 ウクライナ,

内容[編集]

この条約は、戦車装甲戦闘車両火砲戦闘機攻撃ヘリの5つのカテゴリーの兵器について、東西両陣営において保有数の上限を定め、上限を超える兵器の速やかな廃棄、および条約遵守のための査察について取り決めている。

以下は5つのカテゴリーそれぞれの兵器について、条約締結時点(1992年7月)の各陣営の保有数、および条約で定められた目標数を示している。

上段:現有数
下段:削減目標数
NATO 旧ワルシャワ
条約機構
アメリカ ロシア連邦
戦車 24,093
20,000
31,773
20,000
5,163
4,006
9,338
6,400
装甲戦闘車両 33,827
30,000
44,218
30,000
4,963
5,372
19,399
11,480
火砲 19,831
20,000
26,575
20,000
1,973
2,492
8,326
6,415
戦闘用航空機 5,118
6,800
8,542
6,800
398
784
4,624
3,450
攻撃ヘリ 1,685
2,000
1,512
2,000
349
518
1,005
890

脱法行為[編集]

条約の規制の網目をすり抜けるような「条約逃れ」を目的としたとも解釈できる装備を開発・配備する例もある。

代表的一例としては、保有総数を規制されている「口径100mm以上の火砲」に該当する120mm迫撃砲の不足を補うためにポーランドが開発したM-98迫撃砲が挙げられる。M-98迫撃砲の口径は98mmであり、条約の規制をかろうじてクリアしているため、条文の定義上は保有数を規制できない。

もう一つの例としては、ロシアが開発した「戦車支援戦闘車」(戦車を対戦車車両や歩兵の対戦車攻撃から援護するための車両で、大砲を装備しない替わりに「非装甲目標を攻撃する」ことに特化した装備を持つ)である「BMP-T」と呼ばれる戦闘車両を調達・配備する際に、ロシア国防省は「BMP-Tは戦車でも兵員輸送車でもなく、条約締結の時点で存在しなかった新カテゴリの兵器なので、同条約には規定されず、報告の義務も保有数の制限も無い」として条約の存在を無視した装備とすることを公言した、という例がある[3]

いわゆる“無人機”や“ロボット兵器”についても、2012年現在では明確な規定はない。

脚注[編集]

  1. ^ 米国国務省, "CFE treaty and CFE-1A agreement - Conventional Armed Forces in Europe", July 13, 1992.
  2. ^ Joseph Harahan and John Kuhn, On-Site Inspections Under the CFE Treaty, Chapter 3, Federation of American Scientists, 1996, 2008年9月15日閲覧。
  3. ^ ただし、BMP-T自体はロシア軍の装備に対する方針の変化と予算面の問題から、2010年をもって当初の予定数を満たずに調達は終了している。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]