軍縮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

軍縮(ぐんしゅく)とは、軍隊の持つ兵器、装備、人員などの削減、あるいは撤廃を行うことで軍隊の規模を縮小することである。軍備縮小とも。対義語軍拡

概説[編集]

軍縮とは軍備を縮小することで軍拡の対義語である。一般に軍縮は国家の財政負担を減らすために行われる。単に戦時体制を解除したり、軍隊の量を減らす事で質的向上を目指す場合を差す事もある。

軍事上の安全保障は、基本的に相手との相対的な力関係によって定まる為に、現状において自国だけ大幅に軍縮すると、かえって周辺地域の力の安定を損ね、紛争を誘発させる事が多い。そのため多国間の交渉し軍縮条約を締結、互いに軍縮するという事が行われる。他方で、例えば80年代のゴルバチョフの一方的軍縮宣言に見られるように、軍縮における一方的イニシアティブを提示(それが現実に実行されるか否かは別として)することが、逆に自国の安全保障上のプレゼンスを高めるという側面もあるし、加えて、現実には国家の財政危機などにより一方的に行われる事もある。国家間の軍拡競争は相互の財政をひっ迫するためにブレーキをかける意味で軍縮交渉が行われてきた。これは外交交渉であるため相互に利益がある事が前提となる。

現代では衝突の危機を低下させることを重視した軍備管理という概念も用いられるようになっている。

軍縮条約[編集]

軍縮はしばしば、国際的な条約に基づいて行われる。この条約のことを軍縮条約と呼ぶ。この場合、縮小される軍備は条約内で定義された種類の装備に限定される。

過去に締結された主要な軍縮条約には、以下のようなものがある。

関連項目[編集]