平和学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

平和学(へいわがく、英語:peace studies)とは、諸国家間の紛争の原因、それが起こりうる背景や経済地政学的な理由から、紛争回避の手立て、方法、平和の維持とその条件などを科学的に研究する学問である。平和という一つの学問分野ではなく、平和について(学際的に)研究するアプローチであるという考えから、平和研究(へいわけんきゅう、peace research)という名称が使われることもある。


概要[編集]

平和学の研究対象は、戦争の回避、防止である。時代と共に形態を変える戦争を追い、また戦争が発生する因果を突き止め、次の時代に活かすのが平和学の目的である。戦争を客観的に捉えるのではなく「戦争否定ありき」であるため、学問ではないという批判や、戦争とは人類の性質が引き起こすものであり、いかなる手段を駆使しようとも根絶することは不可能で、研究は時間の無駄であるとの批判も受けてきた。

第二次世界大戦後のアメリカで体系化が始まり、1965年国際平和研究学会(IPRA)が発足し、1973年日本平和学会(PSAJ)が創立された(初代会長は、東京大学名誉教授立命館大学国際関係学部初代学部長の関寛治)。国際連合1980年に、紛争の原因や予防の研究、平和構築や紛争調停などの実務教育を行うため、コスタリカ大学院大学である平和大学を設けている。

消極的平和と積極的平和[編集]

「消極的平和」「積極的平和」というフレーズは、1942年にアメリカの法学者クインシー・ライトが唱えたのが最初とされる。その後、ノルウェーの平和学者ヨハン・ガルトゥングが「直接的暴力」(direct violence)と、暴力が貧困差別格差など社会的構造に根ざしている場合の「構造的暴力」(structural violence)を提起したことにより、従来の平和学における平和=単に戦争のない状態と捉える「消極的平和」に加え、戦争の原因となる構造的暴力がない状態であるとする「積極的平和」[1]という概念が確立し、平和学の理解に取り込まれ、一般的な解釈となった。日本でも20世紀から同様に解釈されており、『構造的暴力と平和』(1991年中央大学出版部発行)などが出版されている。

その結果、現行の平和学の対象領域は広がり、貧困飢餓抑圧開発ジェンダーコミュニティノーマライゼーション異文化教育といった日常生活に関わるテーマも含むようになった。

なお、第2次安倍内閣国家安全保障戦略の基本として掲げた理念の「積極的平和主義」は、上記の解釈とは隔たりがある。

研究者[編集]

「非平和(Peacelessness)」という概念を提唱したインド人学者

講義する大学の一覧[編集]

50音順で列記。平和学もしくは平和研究という科目名を置く大学には、特に★を添付する。オープン科目を置く場合は〇を、大学院修士課程以上で平和学専攻がある大学は◎を添付する。

研究機関[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2014年12月6日中日新聞朝刊4面アーサー・ビナード「言葉の中身吟味を」
  2. ^ 同学における「平和学」についての考え方や「軍事学」との関連の詳細については、同学における「平和学」担当教員の一人である吉元隆昭教授の発言[1]を参照のこと。

関連項目[編集]

関連書籍[編集]

  • 加納貞彦、本間勝、石戸充編著『平和と国際情報通信 「隔ての壁」の克服』早稲田大学出版部、2010年。
  • 日本平和学会編『「核なき世界」に向けて』平和研究35号、早稲田大学出版部、2010年。
  • 日本平和学会編『グローバルな倫理』平和研究36号、早稲田大学出版部、2011年。
  • 日本平和学会編『世界で最も貧しくあるということ』平和研究37号、早稲田大学出版部、2011年。
  • 日本平和学会編『体制移行期の人権回復と正義』平和研究38号、早稲田大学出版部、2012年。
  • 日本平和学会編『平和を再定義する』平和研究39号、早稲田大学出版部、2012年。

外部リンク[編集]