忠誠宣誓 (ドイツ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

忠誠宣誓(ちゅうせいせんせい、: Gelöbnis)とは、プロイセン王国時代より軍人に求められた君主への忠誠の宣誓を指す。左手を軍旗に触れて右手を上方に差し上げ宣誓することから、ドイツ語では軍旗宣誓Fahneneid)とも呼ばれる。この宣誓は絶対的なものと考えられており、軍人が命令に服従する根拠となった。また文官には官吏宣誓という同種のものが存在した。

第一次世界大戦末の1918年11月9日、ドイツ皇帝ヴィルヘルム2世は反旗の上がったベルリンに兵を送ろうとするが、集まった高級将校の多くは是としなかった。皇帝は「プロイセン軍人の忠誠宣誓はどうなったんだ」と詰め寄るが、参謀本部次長のグレーナーが「陛下、忠誠宣誓はもはや空虚な観念に過ぎません。」と諭したという。同日、皇帝は退位した。

ナチス・ドイツ時代には弁護士にも弁護士宣誓が定められた。

忠誠宣誓に基づく命令への絶対服従の伝統は、第二次世界大戦でドイツ軍人が「人道に反する犯罪行為」を拒否しえなかった理由の一つとされたため、戦後のドイツ連邦軍(旧西ドイツ軍)では否定された(忠誠宣誓自体はドイツ連邦軍にも存在する)。そのためドイツ基本法及び軍人法には“軍人もまた市民であり基本権を保持する”という規定(軍人法第17条)、「抗命権」及び発動された場合の不利益処分(降格など懲戒)禁止が明文規定されている。また昇進できないことを条件に忠誠宣誓を拒否する権利も認められている。

変遷[編集]

ここでは第一次世界大戦後のドイツの軍人の忠誠宣誓文の変遷について述べる。

"Ich schwöre Treue der Reichsverfassung und gelobe, dass ich als tapferer Soldat, das Deutsche Reich und seine gesetzmäßigen Einrichtungen jederzeit schützen, dem Reichspräsidenten und meinen Vorgesetzten Gehorsam leisten will."

(私は、憲法に忠誠を誓い、勇敢な兵士としてドイツ国とその国法による機関をいかなる時も防衛し、大統領と上官に服従することを誓います。)

"Ich schwöre bei Gott diesen heiligen Eid, dass ich meinem Volk und Vaterland allzeit treu und redlich dienen und als tapferer und gehorsamer Soldat bereit sein will, jederzeit für diesen Eid mein Leben einzusetzen."

(私は、我が民族と祖国とに常に忠誠を尽くし、実直に仕え、勇敢で従順な兵士として、いかなる時もこの宣誓のため身命を賭する用意のあることを、この神聖なる宣誓をもって、神にかけて誓います。)

  • 1934年8月2日の改定版の宣誓文(1935年には国防軍(Wehrmacht)と改称された)

"Ich schwöre bei Gott diesen heiligen Eid, dass ich dem Führer des Deutschen Reiches und Volkes, Adolf Hitler, dem Oberbefehlshaber der Wehrmacht, unbedingten Gehorsam leisten und als tapferer Soldat bereit sein will, jederzeit für diesen Eid mein Leben einzusetzen."

(私は、ドイツ帝国とドイツ民族の総統であり、同時に国防軍最高司令官であるアドルフ・ヒトラーに対して進んで無条件の忠誠を尽くすとともに、勇敢な兵士として、いかなる時も身命を賭する用意のあることを、この神聖なる宣誓をもって、神にかけて誓います。)

"Ich schwöre Dir, Adolf Hitler, Kanzler des Deutschen Reiches, Treue und Tapferkeit. Ich gelobe Dir und den von Dir bestimmten Vorgesetzten Gehorsam bis in den Tod! So wahr mir Gott helfe!"

(私は、ドイツ国の首相たるアドルフ・ヒトラー、あなたに対して、忠誠と勇気とを誓います。私は、あなたとあなたが定めた上官とに、死に至るまで服従を誓います。かくて神よ、私を助けたまえ!)

"Ich gelobe, der Bundesrepublik Deutschland treu zu dienen und das Recht und die Freiheit des deutschen Volkes tapfer zu verteidigen."

(私は、ドイツ連邦共和国に忠実に尽くし、ドイツ国民の権利と自由とを勇敢に守ることを誓います。)

"Ich schwöre, der Bundesrepublik Deutschland treu zu dienen und das Recht und die Freiheit des deutschen Volkes tapfer zu verteidigen, so wahr mir Gott helfe."

(私は、ドイツ連邦共和国に忠実に尽くし、ドイツ国民の権利と自由とを勇敢に守ることを誓います。かくて神よ、私を助けたまえ)

"Ich schwöre, der Deutschen Demokratischen Republik, meinem Vaterland, allzeit treu zu dienen und sie auf Befehl der Arbeiter-und-Bauern-Regierung gegen jeden Feind zu schützen.

Ich schwöre, an der Seite der Sowjetarmee und der Armeen der mit uns verbündeten sozialistischen Länder als Soldat der Nationalen Volksarmee jederzeit bereit zu sein, den Sozialismus gegen alle Feinde zu verteidigen und mein Leben zur Erringung des Sieges einzusetzen.

Ich schwöre, ein ehrlicher, tapferer, disziplinierter und wachsamer Soldat zu sein, den militärischen Vorgesetzten unbedingten Gehorsam zu leisten, die Befehle mit aller Entschlossenheit zu erfüllen und die militärischen und staatlichen Geheimnisse immer streng zu wahren.

Ich schwöre, die militärischen Kenntnisse gewissenhaft zu erwerben, die militärischen Vorschriften zu erfüllen und immer und überall die Ehre unserer Republik und ihrer Nationalen Volksarmee zu wahren.

Sollte ich jemals diesen meinen feierlichen Fahneneid verletzen, so möge mich die harte Strafe des Gesetzes unserer Republik und die Verachtung des werktätigen Volkes treffen."

(私は、我が祖国ドイツ民主共和国へ常に忠誠を尽くし、労農政府の命令にしたがって、祖国をいかなる敵に対しても守ることを誓います。
私は、ソビエト軍と社会主義同盟諸国の軍の側に立ち、国家人民軍の兵士としていかなる時も社会主義をすべての敵から防衛し、勝利をかちとるために私の身命を賭する用意があることを誓います。
私は、実直・勇敢で、規律正しく油断なき兵士であること、上官へ無条件に服従すること、命令を断固として遂行し、軍と国家の機密を常に厳しく守ることを誓います。
私は、軍事知識を良心をもって習得し、軍の諸規則に従い、いかなる時、いかなる場所においても我が共和国と国家人民軍の栄誉を保つことを誓います。
もしも私がこのおごそかな宣誓を破ることがあれば、我が共和国の法による厳罰と、勤労国民からの軽蔑を甘んじて受け入れます。)

文献[編集]

  • Theodor Plievier 『カイゼルは去ったが、将軍たちは残った』 舟木重信訳、白水社、1953年。(1918年10月初旬からドイツ皇帝が退位した1918年11月9日までの政治家・軍人の動きを描く。原本は1932年に出版)
  • 四宮恭二 『ヒトラー・1932-1934(下)』 日本放送出版協会、1981年。(著者はドイツ留学生)
  • 加瀬俊一 『ワイマールの落日』 光人社、1998年。ISBN 4-7698-2189-1。(著者はドイツ駐在外交官)