租借地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

租借地(そしゃくち)とは、ある国が条約で一定期間、他国に貸し与えた土地のこと。租借期間中は、貸した国には潜在的な主権が存在するが、実質的な統治権は借りた国が持つ。立法行政司法権は借りた国に移る。「租」とは年貢や田賦のことで、租借地・租界とは税を取って借す領域、あるいはより狭い区域[1]のこと。租借料が支払われることを想定した用語であるが、実際にはそれぞれの条約によった。中国の場合、アロー号事件のさいイギリスは清国政府から九龍半島を年500銀で租借したものの半年後の北京条約で割譲となり、それ以降に設定された租借地においても租借料の支払いは無くなった。一方で租界は、通常は都市などのより狭い一部区域に設定されるもので、永代借地契約であって地主や中国政府に地代を支払う必要があった。

歴史[編集]

日清戦争後、英仏独露のヨーロッパ列強が国を脅迫し、沿岸の要地を租借したのが端緒である。帝国主義列強による勢力均衡の賜物といえ、借りた国は行政長官などを派遣して植民地同様に扱った。また膠州湾関東州威海衛では、租借地の周囲に中立地帯が設定された。

中国以外では、1878年イギリスオスマン帝国からキプロス島を租借(第一次世界大戦でトルコが負けると植民地として併合)。アメリカ1999年に返還したパナマ運河地帯も租借地であった。

清国における租借地[編集]

中国での租借地は一般に租借期限が99年に設定されることが多かった(英領新界、仏領広州湾、ドイツ領膠州湾、日本領関東州など)。これは99年の99という数字が中国語の久久(=永久)と同音であることから、これらの租借は永久租借すなわち事実上の割譲を意味していたとされ、実際に関東州の日本人学校ではそのような教え方がなされていたようである。

国名 租借地 年代 期限 勢力圏 鉄道敷設権(獲得年)
ロシア 旅順大連 1898年 25年 万里の長城以北 東清鉄道(1896年)
ドイツ 膠州湾 1898年 99年 山東省 膠済鉄道(1898年)
イギリス 威海衛九竜半島 1898年 25年・99年 長江流域 深浦鉄道(1899年)
フランス 広州湾 1899年 99年 広東・広西・雲南省 滇越鉄道(1898年)
日本 遼東半島南部(関東州 1905年 18年→99年 福建省・南満州 南満州鉄道(1905年)

現在の租借地[編集]

地域 本国 租借国 租借期間
グァンタナモ・ベイ キューバの旗 キューバ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1903年 - 永久租借
サイマー運河 ロシアの旗 ロシア フィンランドの旗 フィンランド 1963年 - 2062年
ディエゴガルシア島 イギリスの旗 イギリス アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1966年 - 2016年
バイコヌール カザフスタンの旗 カザフスタン ロシアの旗 ロシア 1994年 - 2050年
マリー・ヴィソツキー島 ロシアの旗 ロシア フィンランドの旗 フィンランド 1963年 - 2062年

脚注[編集]

  1. ^ KO字源「租」

関連項目[編集]

外部リンク[編集]