ルワンダ王国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルワンダ王国
Kingdom of Rwanda
ルアンダ=ウルンディ 1959年 - 1962年 ルワンダ
ルワンダ王国の国旗 ルワンダ王国の国章
(ルワンダの国旗) (ルワンダの国章)
ルワンダ王国の位置
公用語 ルワンダ語英語フランス語
首都 キガリ
国王ムワミ
1959年 - 1962年 キゲリ5世
変遷
成立 1959年7月25日[要出典]
共和制へ移行 1962年7月1日

ルワンダ王国英語: Kingdom of Rwanda, 2008年版のウェブスターではKingdom of Banyarwanda)は、1959年から1962年まで存続した[要出典]中部アフリカの国家。現在のルワンダに一致する領域を支配していた。(26,338km²)王家は14世紀から継続しているとの伝承がある。

歴史[編集]

ルワンダ王家は伝承上1350年頃から始まったとされ、3代目のニギィニャ朝時代に後のルワンダの領域が欧米諸国の侵略を受けた。ムワミは少数派の牛牧民トゥチのパトロン・クライアント関係の頂点にあり、ムハジ湖周辺から徐々に支配を広げた[1]が、周辺部は農耕民フトゥの支配が維持されていた。第一次世界大戦終結まではドイツ領東アフリカとして植民地支配を受け、ドイツの敗戦後はルアンダ=ウルンディとしてベルギーの支配下に置かれた。この間に、ドイツ軍やベルギー軍の武力によりツチの王権・首長制が強化され、「ハム仮説」によりツチとフツの「人種」的分離とツチによる間接支配体制が構築された。

1959年、国王(ムワミムタラ3世がベルギー当局によるワクチン接種後に不可解な死を遂げ、弟のジャン=バティスト・ンダヒンドゥルワがキゲリ5世として即位。これに伴い、ツチ人とベルギー当局の関係は急速に悪化する。同年、フツ人の大規模な反乱(万聖節の騒乱)が発生し、ベルギー軍は軍政を施行した。ルワンダは自治権を獲得して事実上の独立国となった[要出典]

1961年キゲリ5世キンシャサにて開催される国際連合事務総長ダグ・ハマーショルドとの会談へ外遊中、ベルギーの支援を受けたドミニク・ムボニュムトゥワクーデターを起こし、王政存廃に関する国民投票を実施する。その結果、キゲリ5世は廃位され、共和制国家の樹立が決定された。

1962年、ルワンダ共和国として完全に独立するが、政情不安が後のジェノサイドルワンダ内戦)に繋がることとなる。

歴代国王[編集]

ルワンダの国王はムワミと呼ばれ、ブルンジにも同様の君主号を持つ国王が存在した。最盛期にはキブ湖の対岸の後のコンゴ民主共和国キヴ地方東部にも勢力を及ぼしニャルワンダやニャムレンゲと呼ばれる人々が移住し、難民の一部もコンゴに逃れた。

第一王朝[編集]

第二王朝[編集]

第三王朝[編集]

脚註[編集]

  1. ^ 武内進一「資料:1960年代のコンゴ東部反乱とルワンダ系住民」『アジア・アフリカの武力紛争』アジア経済研究所、2001年。