ブルンジ王国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブルンジ王国
Ubwami bw'i Burundi
Royaume du Burundi
ブルンジの歴史
ルアンダ=ウルンディ
不明 - 1966年 ドイツ領東アフリカ
ブルンジ
ブルンジの国旗 ブルンジの国章
国旗 国章
ブルンジの位置
公用語 ルンディ語
フランス語
首都 ブジュンブラ
国王
1962年 - 1966年 ムワンブツァ4世
1966年 - 1966年 ンタレ5世
首相
1962年 - 1963年 アンドレ・ムヒルワ
1966年 - 1966年 ミシェル・ミコンベロ
変遷
成立 16世紀頃
(1680年という説もある)
ドイツ領東アフリカの一部に 1890年7月1日
ベルギー委任統治領ルアンダ=ウルンディの一部に 1922年7月20日
ベルギーより独立 1962年7月1日
共和制に移行 1966年11月28日
通貨 ルワンダ・ブルンジ・フラン
ブルンジ・フラン

ブルンジ王国(ブルンジおうこく、ルンディ語Ubwami bw'i Burundiフランス語Royaume du Burundi)は、16世紀頃(1680年という説もある)から1966年まで存続した中部アフリカの国家。現在のブルンジに相当する領域に成立していた。王朝がいつ頃から始まっていたかは定かでないが、16世紀に成立したとの伝承も存在する。

歴史[編集]

現在のブルンジに相当する地域には、古くから先住民族の部族長による支配体制が確立していた。しかし、1884年ドイツ帝国の侵攻を受け、その植民地(ドイツ領東アフリカおよびドイツ植民地帝国を参照)となり、白人の支配を受けるようになる。ただし、伝統としての王朝の系譜が途切れることはなかった。

1918年、ドイツの第一次世界大戦における敗戦の結果、隣国のルワンダとともにルアンダ=ウルンディとして再編され、ベルギー領になる。長く苦しい植民地支配の末、第二次世界大戦後に民族自決の機運が高まり、1962年ムワミ国王)を元首とする伝統的な国家体制のもと独立した。

しかし、クーデターが頻発するなど国情は安定せず、1966年に最後のムワミが廃位され、ミシェル・ミコンベロを指導者とする共和国として再出発する。だが、少数派のツチ族による支配に不満を持つ多数派のフツ族1972年に大規模な反乱を起こし、約1万人のツチ族を殺害する事件が発生した。その後もクーデターによってジャン=バティスト・バガザが政権を奪取し、軍事独裁を開始するなど政情不安が続いた。

歴代国王[編集]

ブルンジの国王はムワミと呼ばれる伝統的な君主号を持つ。同時期には、ルワンダにも同様の国王が存在した。なお、国王の系譜には、伝承に基くものと現代的な系譜学に基くものが存在するため、ここではその2通りを示す。

伝承に基く系譜[編集]

現代的系譜学に基く系譜[編集]