粛清

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

粛清(しゅくせい)の原義は厳しく取り締まって、不純・不正なものを除き、整え清めること[1]。また不正や反対者を厳しく取り締まること[2]。政治的には、組織の一体性・純粋性を保つため、組織内から異分子人物・勢力を排除すること[3]。英語ではパージ: purge)とよばれる。同音異義語の「粛正」と混同されるが、こちらは「綱紀粛正」などに見られるように厳重に取り締まり、不正を無くすこと[2]

解説[編集]

独裁的な組織・国家や社会主義国家などに多く見られる[3]。その場合には物理的暴力を伴うこともある。政治犯死刑執行や追放をはじめとして、刺客による暗殺強制収容所への送致なども見られる。

粛清は、革命反革命クーデター弾圧の一場面としても行われる事も多い。共産主義独裁国家においては体制を保つ為に必ずと言って良いほど発生する。特に新たな独裁政権が誕生した時は、将来自分または後継者を脅かしそうな存在に対して行われる。

主な粛清[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 大辞泉
  2. ^ a b 広辞苑第三版
  3. ^ a b 平凡社世界大百科事典下斗米伸夫執筆項
  4. ^ 朝鮮中央通信によると、「張成沢を取り除き、その一党を粛清することによって、党内に新しく芽生える危険極まりない分派的行動に決定的な打撃を加えた。」としており、事実上政権が公式に「粛清」の語を用いている。「朝鮮労働党中央委員会政治局拡大会議に関する報道 」 - 朝鮮中央通信 チュチェ102年(2013年12月8日

関連項目[編集]