延安派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
延安派
各種表記
ハングル 연안파
漢字
発音 ヨナンパ
日本語読み: えんあんは
MR式
2000年式
Yŏnanp'a
Yeonanpa
テンプレートを表示

延安派(えんあんは)は、第二次世界大戦後の朝鮮半島北部(のちに朝鮮民主主義人民共和国)にあった共産主義者の政治的派閥のひとつ。1940年代前半、中国延安を根拠地とする中国共産党の指導下において、朝鮮独立同盟韓国語版朝鮮義勇軍を組織していたグループを指す。1950年代半ば、北朝鮮内部の政権抗争において金日成満州派に敗れて粛清された。

本項では、その前史として中国における中国共産党指導下の朝鮮人社会主義運動についても言及する。

前史[編集]

中国における朝鮮人の社会主義運動[編集]

満洲(中国東北地方)には19世紀末より朝鮮人が居住するようになり(朝鮮族参照)、朝鮮が日本による支配下にあった時代には抗日運動の舞台となった。この中から、社会主義による革命と独立を目指す運動も現れた。また、中国本土においても、朝鮮人留学生が社会主義思想を受容して運動に参加したり、朝鮮や満州での活動が困難になった活動家が移り、活動の舞台とした。在満の朝鮮人革命家の多くは朝鮮共産党に、在中国本土の朝鮮人革命家の多くは中国共産党に参加した。

留学生として中国にわたった武亭は1920年代半ばに中国共産党に加入しており、長征にも加わった。張志楽広州起義(1927年)に参加している。

なお、満洲における朝鮮人社会主義者の活動は1930年代に中国共産党指導下におかれ、軍事組織として東北抗日聯軍が形成される。のちにここからソ連領に脱出した金日成らのグループが満州派が形成することになる。

延安の朝鮮人革命家たち[編集]

1936年、長征のすえに中国共産党が延安に本拠地を移す。1930年代後半から40年代にかけて、延安には多くの朝鮮人社会主義者が集まり、左派抗日民族運動の拠点となった。

延安に入ったニム・ウェールズは、「キム・サン」こと張志楽の半生と人柄を『アリランの歌』に描き、欧米圏に朝鮮人の革命運動を紹介した。ただし、張志楽本人はその後康生による粛清に巻き込まれ、1938年に日本のスパイの嫌疑をかけられて処刑されている。

1940年代に入ると、中国において独自に社会主義系の活動を行っていた崔昌益らが延安に入り、中国共産党の勢力に合流。1942年7月、延安において朝鮮独立同盟韓国語版(委員長:金奉)が結成され、朝鮮人活動家たちが組織された。太行山根拠地では崔昌益が率いてきた朝鮮義勇隊(もともとは中国国民党が支援する左派系軍事組織)を基盤に朝鮮独立同盟の軍事組織として朝鮮義勇軍(司令官:武亭)が結成され、中国共産党と八路軍の支援を受けて日本軍に対する宣伝活動などに従事した。また、延安に朝鮮革命軍政学校を設立し、幹部の養成にあたっている。

中国戦線に動員された日本軍の朝鮮人兵士の中には、脱走して朝鮮義勇軍に加わる者もあった。1945年には作家金史良が中国共産党支配地域に脱出している。

戦後北朝鮮における「延安派」[編集]

1945年8月の日本の敗戦と朝鮮の解放によって、延安で活動していた朝鮮人社会主義者は順次帰国。その多くはソ連占領下の朝鮮北部における社会主義体制建設に参加していった。当時の北朝鮮はさまざまな経歴を持つ革命家の寄り合い所帯であり、延安派は金日成らの満州派(パルチザン派)、朝鮮内部で独立運動を行ってきた国内派(南労党派)、ソ連出身者を中心としたソ連派などの諸派閥と競合関係にあった。

1946年2月、金枓奉ら延安派を中心とするグループは北部朝鮮で朝鮮新民党を、南部朝鮮で南朝鮮新民党を結成。北の朝鮮新民党は、同7月、金日成の朝鮮共産党北朝鮮分局に吸収されて北朝鮮労働党となり、金奉が同党委員長に就任した。1949年6月、朝鮮労働党が結成され、同9月に朝鮮民主主義人民共和国が建国された。

中国で実戦経験を積んだ延安派の幹部や兵士たちは1948年に発足した朝鮮人民軍の中で重要な位置を占めた。1950年朝鮮戦争において、武亭方虎山は部隊の指揮に当たり、金雄朴一禹らは中国との連絡と調整にあたった。

1956年、ソ連でスターリン批判が起こると、北朝鮮においても金日成批判が起った。延安派はソ連派とともにその中心となったが、金日成に敗れ、粛清された(8月宗派事件)。グループとして消滅した。

主要なメンバー[編集]

中国共産党への加入もしくは共産党勢力との合流時期と、1940年代における代表的な役職 / 戦後北朝鮮(1950年代)における代表的な役職 / 8月宗派事件(1956年)前後の状況を併記した。

中国共産党のもとで活動した人物
  • - 1942年合流、朝鮮独立同盟主席 / 最高人民会議常任委員会委員長 / 1958年粛清。
  • 崔昌益[1] - 1941年合流、朝鮮独立同盟副主席 / 副首相兼財政相 / 1956年党除名、57年獄死または処刑。
  • 許貞淑 - 崔昌益の妻、朝鮮独立同盟で活動 / 文化宣伝相 / 失脚を免れ、党中央委書記まで昇進、1991年死去。
  • 金昌満 - 朝鮮独立同盟幹部 / 党宣伝扇動部長、教育相 / 失脚を免れ、副首相まで昇進、1966年粛清。
  • 武亭[1] - 1920年代入党、朝鮮義勇軍総司令 / 朝鮮人民軍第2軍団長 / 1952年病死。
  • 朴一禹 - 1928年入党、朝鮮義勇軍副司令 / 内務相 / 1955年失脚。
  • 朴孝三 - 朝鮮義勇軍副司令 / 朝鮮人民軍第9師団長、朝鮮人民軍副総参謀長
  • 方虎山 - 八路軍指揮官 / 朝鮮人民軍第6師団長、朝鮮人民軍第5軍団長 / 消息不明(中国亡命?)。
  • 尹公欽 -   / 商業相 / 1956年粛清。
  • 徐輝 -   / 朝鮮職業総同盟委員長 / のちに中国に亡命 
  • 李相朝 - 朝鮮義勇軍第3支隊長 / 朝鮮人民軍副総参謀長、駐ソ連大使 / ソ連、のちに韓国に亡命
  • 金雄 - 朝鮮義勇軍第1支隊長 / 朝鮮人民軍第1軍団長、民族保衛副相 /  
延安派に近い行動をとった人物

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]