士禍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

士禍(しか、サファ、사화)は、李氏朝鮮時代における、士(官僚)に対する粛清(弾圧)の事を差す。当初は、勲旧派や外戚が新興勢力の士林派に対して行ったものであるが、勲旧派も巻き添えになったり、後には士林派同士による士禍も起こっている。

四大士禍と言われる大きな士禍は以下である。

それ以外にも

などがある。