廃妃尹氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

廃妃尹氏(はいひいんし、ペビユンシ、生年不明 - 1482年8月)は李氏朝鮮第9代国王成宗の2人目の王妃で、第10代国王燕山君の生母。本貫は 咸安。尹起畎(又は尹起畝)と 申氏(申叔舟が従兄)の娘。燕山君の在位中の1504年に復位、斉献王后(チェホンワンフ)と追号されたが、1506年中宗反正の後に再び復位を取り消された。


生涯[編集]

貧しい両班家出身だった尹氏は父の死後、成宗4年(1473年)に揀擇後宮で入宮して淑儀に封じられた。母方のシン・スクチュのいとこだった。 美しい容姿の持ち主であった尹氏は成宗の寵愛を受けた。

成宗5年(1474年)に成宗の最初の妃 恭惠王后が崩御すると、それから2年後に 成宗の生母仁粹大妃を含めた多くの人々の反対にもかかわらず、尹氏を深く寵愛していた成宗は淑儀であった彼女が妊娠中に、彼女を王妃に冊封した。 王妃に昇格して4ヶ月の後、元子(燕山君)を産んで中殿の地位はより一層確かだった。

しかし、尹氏はかなり嫉妬深い性格であったとされ、王や宮廷の女官に尊大な態度を見せたり、成宗の寵愛を受けた女官を殺害するなどといったわがままな行為が目立った。最初は寛容に接していた成宗も、次第に尹氏を疎んじるようになり、尹氏のもとを訪れた成宗は尹氏の母が残していった箱に、呪詛の文が書かれた書を発見した。成宗は、この件によって尹氏を王妃からの位に降格した。

3年後、久々に成宗が尹氏のもとを訪た際、尹氏は嫉妬のあまり成宗の顔を爪で引っ掻くという不敬を犯した。これを知った大妃や他の妃の強い要求により、成宗は尹氏を廃妃とし、宮廷から追放したが、さらに強まる廃妃尹氏への処罰への嘆願と尹氏の素行不良により、1482年8月、成宗は廃妃尹氏に賜薬を下した。

尹氏の廃妃と賜死を巡っては、両班家とはいえ貧家の出身である尹氏を快く思わなかった太后と後宮の妃妾たちの妬みに遭い、謀略により憤死したという説もある。後に燕山君はこの尹氏の死の経緯を知り、甲子士禍へとつながっていく。

廃妃尹氏を演じた俳優[編集]

関連項目[編集]