明宗 (朝鮮王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

明宗(ミョンジョン、めいそう、嘉靖13年5月22日1534年7月3日) - 隆慶元年6月28日1567年8月3日))は、李氏朝鮮の第13代国王(在位:1545年 - 1567年)。姓は李、名は山偏に亘)。は對陽(テヤン、대양)。は恭憲献毅昭文光粛敬孝大王。君号は慶源大君(キョンウォンデグン、けいげんたいくん)。

第11代国王中宗の第2王子で、母は文定王后尹氏。第12代国王仁宗は異母兄。在位当初から8年間は母親の文定王后尹氏が実権を握っていた。

  • 中宗~宣祖の略系図
 11中宗━┳12仁宗
          ┣13明宗
          ┗徳興大院君━━14宣祖

宗室[編集]

后妃[編集]

  • 宣烈懿聖仁順王后(青陵府院君 沈鋼の娘)
祖父の高祖父は、昭憲王后(世宗の王妃)の父 靑川府院君 安孝公 沈温。

後宮[編集]

  • 慶嬪李氏(元は淑儀,宣祖の後宮仁嬪金氏の従姉妹で英祖の時に追贈され「慶嬪」)。
  • 順嬪尹氏
  • 淑儀韓氏
  • 淑儀李氏
  • 淑儀申氏(申彦淑の娘)
  • 淑儀鄭氏(鄭亀朋の娘)
  • 淑儀鄭氏
  • 淑儀慎氏

王子[編集]

  • 順懐世子 李日偏に頁)(1551年-1563年)
1561年尹元衡(文定王后の弟)の姻戚である黃大任の娘を世子嬪に選んで冊嬪礼まで終えた(この時王と王妃は黄代任の娘があまり気に入らなかったが文定王后の言付けに押され仕方なくそのまました。)が、彼女がとても病弱なので良娣に降格させ、恭懐嬪尹氏と嘉礼をあげた。
  • 世子嬪:恭懷嬪尹氏(?-1592年)
工曹判書を勤めた尹思翼の息子である尹玉の娘で、正確な生まれた年は不明だが実録によれば揀択された時 10歳だったと言う。1561年順懐世子と嘉礼をあげ世子嬪になったが、1563年に順懐世子が逝去する徳嬪と呼ばれた。恭懐は諡号。宣祖即位後にも宮殿でずっと生活していたが1592年壬辰の乱が起きる直前に昌慶宮 通明殿で死去。

明宗が登場する作品[編集]

テレビドラマ