燕山君

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(CJK統合漢字拡張Aの文字「」)が含まれています詳細
燕山君
各種表記
ハングル 연산군
漢字 燕山君
発音 ヨンサングン
日本語読み: えんざんくん
ローマ字 Yeonsan-gun
テンプレートを表示

燕山君(ヨンサングン、えんざんくん、成化12年10月7日1476年10月24日) - 正徳元年11月6日1506年11月20日)、在位:1494年12月29日 - 1506年9月2日)は李氏朝鮮の第10代国王。第11代国王中宗の異母兄。名は[りっしんべんに隆](以下の記述には代字として「隆」の字を使用する)。第7代国王世祖の曾孫で、朝鮮王朝史上前例のない暴君または暗君とされる。

生涯[編集]

誕生から即位[編集]

第9代国王成宗の長男として生まれた。母は廃妃尹氏(斉献王后)。生母尹氏は、成宗の最初の王妃であった恭恵王后・韓氏が1474年に死去すると正妃の位に登ったが、王妃から嬪の位に降格された。さらには成宗の顔に傷をつけたため、1482年、王命により賜薬(死薬)を下された。[1]

その後、長男であった隆は、1483年に7歳で王世子(王太子)に冊封されたが、性格粗暴のうえ、勉学を嫌い、王位後継者として相応しくないという意見があった。[要出典]だが、1494年成宗が薨去すると、18歳でそのまま王位に登った。王妃は居昌慎氏。

即位当初は、学問を奨励した成宗時代の気品と秩序は維持されていた。燕山君は貧民を救済して、「国朝宝鑑」など多くの書籍を編纂し、女真族などの外勢の侵略を阻んで城を築くなど、安定した政治を行った。

士禍そして失脚[編集]

しかし時がたつにつれて、治世4年後から燕山君の悪行が目立ち始めた。燕山君は2度にわたって士林派に対する粛清事件(士禍)を引き起こした。また戚臣の任士洪韓国語版(イム・サホン)と宦官内侍)の金子猿韓国語版(キム・ジャウォン)がそれぞれそそのかして、生母尹氏誅殺に関係した者を捕らえて処刑している(甲子士禍)。

燕山君は全土から女性を徴発し、世祖が建てた円覚寺(現在のタプコル公園)を王の享楽の場である掌楽院に変え、最高学府の成均館妓生らとの遊興の場に変えた。燕山君は多数の妓生を引き連れて遊興にうつつを抜かし、諫言する功臣たちはことごとく残酷な刑罰で処刑した。臣下たちの怒りが頂点に達した結果、彼らの確執と離反を招く結果となり、1506年9月2日に朴元宗韓国語版(パク・ウォンジョン)、成希顔韓国語版(ソン・フィアン)、柳順汀韓国語版(ユ・スンジョン)らが企てた宮廷クーデターによって燕山君は失脚し、江華島配流、王位を剥奪されて燕山君に封じられた。この時任士洪、金子猿、更に燕山君の寵姫である張緑水(チャン・ノクス)は反対勢力の手によりそれぞれ斬首刑となっている。また正妃慎氏も同時に廃位された。

配流からおよそ2ヶ月後、燕山君は30歳で病死した[2]。廃された王であるため、諡号はない。後継には成宗の次男で燕山君の異母弟である晋城大君(チンソンデグン)懌(即位して中宗)が推戴された。

宗室[編集]

后妃[編集]

  • 王妃: 廢妃 愼氏(居昌郡夫人。中宗の最初の王妃・端敬王后の叔母。母方の祖父臨瀛大君は世宗と昭憲王后の四男。)
  • 淑儀李氏
  • 淑儀尹氏
  • 淑儀郭氏
  • 淑儀權氏
  • 淑儀閔氏
  • 淑容張緑水
  • 淑容チョン氏
  • 淑媛崔氏
  • 淑媛張氏
  • 淑媛李氏
  • 淑容ウ氏
  • 承恩尚宮

王子[編集]

  • 元子(-1494年 名不詳、夭折)
  • 廃世子 煌(ファン、황)(?~1506年)
  • 昌寧大君(1501~1506年)
  • 王子(?~1503年)
  • 王子(?~1502年)
  • 陽平君(?~1506年 淑儀李氏の子 )
  • 阳平君

王女[編集]

  • 公主(夭折)
  • 徽慎公主
  • 翁主(淑容 張緑水の子)
  • 翁主
  • 翁主(承恩尚宮の子)

燕山君が登場する作品[編集]

映画
テレビドラマ

脚注[編集]

  1. ^ 名門出身だった太后や他の妃たちとの勢力争いに敗れて死に追いやられたのが真相だという主張もある。[要出典]
  2. ^ 配流先の江華島で餓死したという説もある。[要出典]

関連項目[編集]