仁宗 (朝鮮王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
仁宗
李氏朝鮮
第十二代国王
王朝 李氏朝鮮
在位期間 1544年 - 1545年
姓・諱 (イ・ホ、이호)
天胤(チュニョン、천윤)
諡号 栄靖献文懿武章粛欽孝大王
廟号 仁宗
生年 1515年3月10日
没年 1545年8月8日
中宗 (長男)
章敬王后
后妃
  • 仁聖王后朴氏
  • 淑嬪尹氏
  • 惠嬪鄭氏
  • 貴人鄭氏
  • 良娣尹氏
仁宗 (朝鮮王)
各種表記
ハングル 인종
漢字 仁宗
発音 インジョン
日本語読み: じんそう
ローマ字 Injong
テンプレートを表示

仁宗(インジョン、じんそう、正徳10年2月25日1515年3月10日) - 嘉靖24年7月1日1545年8月8日))は、李氏朝鮮の第12代国王(在位:1544年 - 1545年)。姓は李、名は山偏に告)。は天胤(チョニュン、천윤)。は栄靖献文懿武章粛欽孝大王。

父は第11代国王の中宗、母は章敬王后尹氏。朝鮮王朝の歴代君主中、最も在位期間が短い君主として知られる。

経歴[編集]

中宗章敬王后尹氏の子として1515年に誕生。同母姉に孝恵公主、異母兄弟に慶源大君らがいる。1520年に王世子に冊立され、1522年に成均館に入学して儒学を修めた。

1544年11月に中宗の薨去に伴い即位し、父親が在世中に改革を試みたが果たせず、遺物として残っていた宮中の腐敗を撤廃しようと試みた。その中には中宗時代に趙光祖の提案によって設置され、一度は廃止されていた賢良科科挙によらない人材登用制度)の復活も含まれる。しかし生来病弱であった仁宗は、在世中も病のために、十分には政務を果たすことができなかった。

1545年、即位から8ヶ月後に薨去した。陵墓である孝陵が京畿道高陽に設けられた。死後、異母弟である慶源大君が第13代国王明宗として即位した。

仁宗が手がけようとした政治改革は、多くの家臣たち、特に仁宗の義理の母文定王后尹氏の弟尹元衡に警戒された。仁宗の死後、彼の伯父にあたる尹任をはじめとする「大尹派」と、文定王后の実兄である尹元老尹元衡をはじめとする「小尹派」との勢力争いが起こり、敗れた尹任は1545年に賜死された(乙巳士禍)。

宗室[編集]

  • 仁聖王后朴氏(1514年 - 1577年)
  • 淑嬪尹氏(生没年不明) - 文定王后の兄尹元亮の娘
  • 惠嬪鄭氏
  • 貴人鄭氏(1520年 - 1566年) - 詩人鄭澈の姉
  • 良娣尹氏
    • 子女なし

中宗~宣祖の略系図[編集]

 11中宗━┳12仁宗
          ┣13明宗
          ┗徳興大院君━━14宣祖

仁宗が登場する作品[編集]

テレビドラマ

関連項目[編集]