定宗 (朝鮮王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
定宗
李朝
第2代朝鮮国王
王朝 李朝
在位期間 1398年-1400年
都城 景福宮
姓・諱 芳果 (방과、→曔(
光遠(광원
諡号 恭靖懿文荘武温仁順孝大王
정종공정의문장무온인순효대왕
廟号 定宗(정종
生年 至正17年7月1日
没年 永楽17年9月26日
太祖
神懿王后
陵墓 洪陵

定宗(チョンジョン、ていそう、恭愍王7年7月1日1357年7月18日) - 世宗元年9月26日1419年10月15日))は、李氏朝鮮の第2代国王(在位:1398年 - 1400年)、権知高麗国事。本名を李芳果という。世子になる前は永安君

生涯[編集]

1357年7月1日に太祖李成桂と神懿王后の間の二男として生まれた。性格が穏やかで勇猛で知略がすぐれて、高麗末期、父に就いて多くの戦いに参加し多くの功績を立てた。父・李成桂が朝鮮を建国すると、李芳果は永安君に冊封されたが、1398年 8月に五男である弟・靖安君李芳遠の起こした第一次王子の乱の後、王世子に冊封された。本来王位につく意志がなかった芳果は、王世子になるのを言葉を尽くして辞退したが、太祖の長男で兄の 鎮安君李芳雨は既に亡くなっていたうえ、その頃、国の権力を掌握していた芳遠の強要で仕方なく王世子となり、1ヶ月後の1398年9月、太祖の譲位で朝鮮国王となった。側室との間に多くの庶子を儲けていたが、正室金氏との嫡男が無いことは、芳遠にとって好都合であった。定宗は2年の在位期間、芳遠の影響力下にあった。芳遠の意向によって権力者たちの私兵を解体し、軍事権を国家の最高軍事機関である義興三軍府に集中させた。

定宗はソウルの運気が悪くて王子の乱が起きたという理由を聞いて、首都をソウルから再び 開京に遷都した。しかし翌1400年第二次王子の乱が起きると、芳遠を王世弟に冊封し、9ヶ月後の 11月13日に王世弟に王位を譲り、上王に退いた。定宗としては権力の中心である王位から退くことだけが、命を維持することができる唯一の道だったからである。上王に退いた定宗は 仁徳宮で撃毬、狩猟、温泉、宴会などの娯楽で悠悠自適な生活を送り、世宗元年(1419年)9月26日に 63歳で薨去した。御陵は開城にある厚陵。

2年の間の短い治世にほとんど実権がなかったことから、朝鮮では定宗を過渡期執権者と考え「恭靖大王」と呼んだが、262年が過ぎた粛宗7年(1681年)12月に至り、定宗という廟号を贈った。

宗室[編集]

后妃[編集]

後宮[編集]

  • 誠嬪池氏
  • 淑儀池氏
  • 淑儀奇氏
  • 淑儀李氏
  • 淑儀尹氏
  • 淑儀文氏

王子[編集]

  • 義平君 李元生(?年-1461年)(淑儀池氏が母)
  • 順平君 李群生(1392年-1462年)(淑儀奇氏が母)
  • 錦平君 李義生(?年-1435年)(淑儀奇氏が母)
  • 宣城君 李茂生(淑儀池氏が母)
  • 従義君 李貴生(1393年-1451年)(淑儀文氏が母)
  • 鎭南君 李終生(1396年-1470年)(淑儀李氏が母)
  • 守道君 李徳生(淑儀尹氏が母)
  • 徳泉君 李厚生(1397年-1456年)(誠嬪池氏が母)
  • 林堰君 李禄生(1399年-1432年)(淑儀尹氏が母)
  • 石保君 李福生(1399年-1447年)(淑儀尹氏が母)
  • 王子(1400年-1401年,1歳)
  • 任城君 李好生(淑儀池氏が母)
  • 桃平君 李末生(1402年-1439年)(誠嬪池氏が母)
  • 長川君 李普生(淑儀尹氏が母)
  • 貞石君 李隆生(1409年-1464年)(淑儀奇氏が母)
  • 茂林君 李善生(1410年-1474年)(淑儀奇氏が母)

王女[編集]

  • 咸陽翁主(淑儀池氏が母)
  • 淑慎翁主(淑儀奇氏が母)
  • 徳川翁主
  • 高城翁主
  • 祥原翁主(淑儀奇氏が母)
  • 全山翁主
  • 仁川翁主(淑儀尹氏が母)
  • 咸安翁主

璿源譜略[編集]

品階 無階 無階 正1品 従1品 正2品 従2品 正3品堂上 正3品堂下 従三品 正四品 従四品 正五品 従五品 正六品
名称 大君 王子君 都正 副正 副守 副令

義平君・順平君・錦平君・宣城君子孫。

従義君・鎮南君・守道君・林堰君・石保君子孫。

徳泉君子孫。

任城君・桃平君・長川君・貞石君・茂林君子孫。


関連項目[編集]

先代:
太祖
李氏朝鮮国王
第2代:1398年 - 1400年
次代:
太宗