側室

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

側室(そくしつ)は、正室に対する概念で、本妻に対するをいう。または寵愛を受けた女中をもいう場合がある。

概説[編集]

高貴な男性の場合、寵愛を受けた女官女房等も側室に該当する。現在では側室を正室以外の「妻」と定義(『大辞泉』)されるが、本来は正室の位置づけが「家族の一員」であるのに対し、側室の位置づけは「使用人」である。この点で「本妻=正室」が家族の一員であるのとは厳密には異なる。

側室の実態の多様性[編集]

但し男女の情や同居人同士の親近感が絡んでくるため、上述の区分けは厳密には守られない事が多く、時代や身分によって正室と側室との関係は多様であり、君主と下僕のような厳格な差があったケースから、まるで実の姉妹のように扱いに大差がないケースまでいろいろであった。儒教倫理に基づく建前としては「正室が一人で側室が複数」が正格であったが、日本では身分の上下を問わず、側室を複数あるいは一人もちながら正室を置かなかった例や、逆に複数の正室を置いて側室をもたなかった(あるいは側室も複数もった)例などがあり、かなり変則的であった。また側室が子を生んだ場合の側室本人の扱いも時代や身分によって大きく異なる。例えば江戸時代皇室では側室は出産後わが子を抱く間もなくただちに子と切り離されて本人の身分は低いままに置かれ(御役御免になって追放されることすらあった)自由に我が子に会うことも出来なかった。その一方では、将軍家の大奥においてはまったく逆に、出産した側室は「御生母様」「御腹様」と崇められ絶大な権勢をふるった。

男系男子の維持[編集]

一夫一妻制の下では、女性一人が生涯に出産できる子供の数は限られる。また、妻の健康状態、不妊、夫婦の不仲問題から、子ができないこともある。そのため、男系男子の子孫が安定的に確保できるとは限らない。その問題を防ぐため、かつては側室を持つことにより、男系男子の子孫を絶やさないことが重視された。

しかし、男性側の健康問題等により子ができないこともある。この場合、側室を持ってしても子を確保することはできない。だが、伝統的に一夫多妻制が採られていれば、当該男性に同腹または異腹の弟(さらには父の兄弟の子孫など)がいる可能性が高くなる。その者を養子とすることで、男系男子による祭祀の承継を維持できることになる。

儒教との関係[編集]

儒教において、直系の男子が先祖の祭祀を守ることが重視された。また、婚姻制度にも、子孫繁栄、男系相続者の存在が重要視される。古代中国では正室が生んだ長男子を「伯」といったが、側室の生んだ男子のほうが年長である場合その長男子を「孟」といった。

封建時代においては、正室を迎える前にそれ以外の女性と性的関係を持つ事が普通に存在した。たとえば、徳川将軍家では、正室を迎える前に童貞を捨てさせる慣わしが存在した。側室を置く事が公然とされていたのは、「一人前の男子は既に性交を済ませているもの」という概念や、正室の存在が政略結婚のようなものであることも関係したと思われる。

現代の愛人[編集]

現代でも「妾」・「愛人」・(既婚者の)「セックスフレンド」等の形で事実上は存在しているが、一夫一妻制のもとでは「側室=妾」をもつことが不貞行為に当たるため公然と認められているものではない。

関連項目[編集]