孝宗 (朝鮮王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
李氏朝鮮 第17代 国王
姓名 李淏
静淵(チョンヨン、정연
竹梧(チュゴ、죽오
年号 -
廟号 孝宗
諡号 忠宣[1]文章武神聖顕仁明義正徳大王
在位年 1649年-1659年
生没年 1619年-1659年
仁祖
英語表記 Hyojong
ハングル 효종
日本語読み こうそう
カタカナ転写 ヒョジョン

孝宗(ヒョジョン、こうそう、万暦47年5月22日1619年7月3日) - 順治16年5月4日1659年6月23日))は、李氏朝鮮の第17代国王(在位:1649年 - 1659年)。

父・仁祖の皇帝ホンタイジに跪いて臣下の礼を取らされた恥辱を雪ぐべく、即位後は清を討伐(北伐(李氏朝鮮)韓国語版)するために軍備拡充に努めた。その軍事力(特に銃砲等の火力)を清に買われ、黒竜江を超えて南下していたロシア勢力の討伐を行う清軍に1654年と1658年の2回軍勢を参加(羅禅征伐韓国語版)させられている。

宗室[編集]

妃嬪[編集]

  • 仁宣王后 張氏
  • 安嬪李氏
  • 淑儀金氏
  • 淑媛鄭氏

[編集]

[編集]

  • 淑慎公主
  • 淑安公主
  • 淑明公主
  • 淑徽公主
  • 淑静公主
  • 淑敬公主
  • 淑寧翁主(安嬪 李氏が母)

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ 清の諡号を隠した朝鮮後期の国王たち 朝鮮日報 2007/09/16