ドルゴン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
摂政睿親王ドルゴン

ドルゴン(多爾袞、満州語Dorgon.png Dorgon[1]1612年11月17日 - 1650年12月31日)は、初の皇族ヌルハチの14子。睿親王。甥である順治帝摂政となり、清が中華王朝となるにあたって指導力を発揮した。

略歴[編集]

ドルゴンの母はヌルハチの4番目の正妃であるウラ・ナラ氏出身の孝烈武皇后烏拉那拉・阿巴亥(ウラナラ・アバハイ)で、ヌルハチが死ぬ際に殉死を命じられている。ヌルハチのハーン位を継いだ異母兄ホンタイジの下でモンゴルチャハル部を討つことに功績を挙げ、族内の実力者となる。

1643年、ホンタイジが死ぬと皇位をめぐり、ドルゴンおよびその同腹の兄弟であるアジゲとドドの一派と、ホンタイジの長子粛親王ホーゲを支持する一派に分かれて対立した。結局、清朝が二分することを避けるためドルゴン、ホーゲ双方が皇位に就かず、ホンタイジの第9子であるフリン(順治帝)が6歳で即位した。順治初期にドルゴンは摂政王として実権を握り、ホーゲら政敵を粛清し権勢をふるった。

翌年の1644年李自成によって滅ぼされると、対清の最前線である山海関の守将であった呉三桂は清に対して、明の仇である李自成を討つための援軍を求めた。ドルゴンはこれに応え、自分と兄弟たちの支配下にある軍と皇帝直属軍を率いて南下して、李自成軍を破った。李自成軍が敗走した後に北京に入った清軍は、明の最後の皇帝である崇禎帝を厚く弔い、減税特赦を行うなど明の遺民の心情を慰める一方で、満州族の風習である辮髪漢民族に強制し、「髪を留める者(頭を剃らない)は首を留めず」と言われるような苛烈な政策で支配を固めた。1648年、皇父摂政王と称された。1650年に狩猟中に死去した。追尊して義皇帝と称され、成宗の廟号を与えられた。

死後[編集]

ドルゴンが死去すると、それまでドルゴンに押さえつけられていた反ドルゴン勢力の不満が一気に噴出した。順治帝はドルゴンに大逆などの罪があったとして、爵位を剥奪し宗室から除名した。乾隆帝の治世に名誉が回復されて忠のを贈られた。

ドルゴン死後の厳しい処置については、ドルゴンが兄ホンタイジの妻であり順治帝の母である荘妃(尊号孝荘文皇后)を娶っていたからだという説がある。兄嫁を娶る行為は儒教の感覚からでは非常な不義であるが、満洲族の習慣では珍しいことではなかった。荘妃がドルゴンと再婚していたかどうかについて、真偽ははっきりとはしないが、もしそうであるならば、幼い頃から漢文化に傾倒していた順治帝は叔父と母の行動を許せなかったため、死後のドルゴンに対してつらく当たったのではないかと推測される[2]

ドルゴンを描いた作品[編集]

小説
テレビドラマ

脚注[編集]

  1. ^ 満州語で「アナグマ」を意味する。
  2. ^ 陳舜臣 『中国の歴史(6)』 講談社文庫