鄭成功

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鄭成功
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

鄭 成功(てい せいこう、チェン チェンコン、繁体字鄭成功簡体字郑成功ピン音:Zhèng Chénggōng、ウェード式:Cheng Ch'eng-kung、寛永元年/大明天啓4年7月14日1624年8月27日) - 大明永暦十六年5月8日1662年6月23日))は、中国代の軍人政治家。元のは森。は明儼。日本名は福松[1]に滅ぼされようとしている明を擁護し抵抗運動を続け、台湾に渡り鄭氏政権の祖となった。俗称を国姓爺。台湾・中国では民族的英雄として描かれる。オランダ軍を討ち払ったことから台湾では、孫文蒋介石とならぶ「三人の国神」の一人として尊敬されている[1]鉄人(鉄の甲冑を着込んでいたための呼び名)や倭銃隊と呼ばれた日本式の鎧を身に纏った鉄砲隊や騎馬兵などの武者を巧みに指揮したことでも有名。

人物・来歴[編集]

誕生[編集]

幼年鄭氏母子彫像(台湾:台南市・鄭成功祖廟)
中国福建省厦門の岬・鼓浪嶼に建つ鄭成功の巨大像

日本平戸で父鄭芝龍と日本人の母田川松の間に生まれた。成功の父、芝龍は大陸は福建省の人で、平戸老一官と称し、時の第28代藩主宋陽隆信の寵をうけ川内浦に住み、浦人田川マツを娶り二子を生んだ。二人に、福松と七左衛門と名付けた。 たまたま、母マツが千里ヶ浜に貝拾いにいき、俄に産気づき家に帰る暇もなく、浜の木陰の岩にもたれて出産した。この男児こそ、福松少年であり、後の鄭成功である。幼名を福松(ふくまつ)と言い、幼い頃は平戸で過ごすが、7歳のときに父の故郷福建につれてこられる。千里ヶ浜の南の端に鄭成功にちなむ誕生石がある。鄭芝龍の一族はこの辺りのアモイなどの島を根拠に密貿易を行っており、政府軍や商売敵との抗争のために私兵を擁して武力を持っていた。15歳のとき、院考に合格し、南安県生員になった。明の陪都・南京東林党銭謙益に師事。

明の滅亡[編集]

1644年李自成北京を陥落させて崇禎帝が自縊すると、は滅んでが立った。すると都を逃れた旧明の皇族たちは各地で亡命政権を作った。鄭芝龍らは唐王朱聿鍵を擁立したが、この時元号隆武と定めたので、朱聿鍵は隆武帝と呼ばれる。一方、寄せ集めの順が精悍なの軍勢の入関によってあっけなく滅ぼされると、中原に満州民族の王朝が立つことは覆しがたい状況となり、隆武帝の政権は清の支配に対する抵抗運動にその存在意義を求めざるを得なくなった。

そんななか、ある日鄭森は父の紹介により隆武帝の謁見を賜る。帝は眉目秀麗でいかにも頼もしげな鄭森のことを気入り、「朕に皇女がいれば娶わせるところだが残念でならない。その代わりに国姓の『』を賜ろう」と言う。それではいかにも畏れ多いと、森は決して朱姓を使おうとはせず、自ら鄭成功と名乗ったが、以後人からは「国姓を賜った大身」という意味で「国姓爺」(「爺」は「御大」や「旦那」の意)と呼ばれるようになる。

隆武帝の軍勢は北伐を敢行したが大失敗に終わり、隆武帝は殺され、鄭芝龍は抵抗運動に将来無しと見て清に降った。父が投降するのを成功は泣いて止めたが、芝龍は翻意することなく、父子は今生の別れを告げる。

抵抗運動の継続[編集]

鄭成功軍の占領地と影響圏

その後、広西にいた万暦帝の孫である朱由榔が永暦帝を名乗り、各地を転々としながら清と戦っていたのでこれを明の正統と奉じて、抵抗運動を続ける。そのためにまず厦門島を奇襲し、従兄弟達を殺す事で鄭一族の武力を完全に掌握した。

1658年(明永暦十二年、清順治十五年)、鄭成功は17万5千[要出典]の北伐軍を興す。軍規は極めて厳しく、殺人強姦はもちろん農耕牛を殺しただけでも死刑となり、更に上官まで連座するとされた。

意気揚々と進発した北伐軍だが途中で暴風雨に遭い、300隻の内100隻が沈没した。鄭成功は温州で軍を再編成し、翌年の3月25日に再度進軍を始めた。

鄭成功軍は南京を目指し、途中の城を簡単に落としながら進むが、南京では大敗してしまった。

台湾占拠[編集]

鄭成功が攻め込んだオランダの城跡に建つ「赤嵌楼」
安平古堡の鄭成功像

鄭成功は勢力を立て直すために台湾へ向かい、1661年に台湾を占拠していたオランダ人を追放し、承天府及び天興、万年の二県を、澎湖島には安撫司を設置して本拠地とするも、翌年に死去した。その後の抵抗運動は息子の鄭経に引き継がれる。台湾台南市には、1663年に鄭経が鄭成功を祀った鄭成功祖廟がある。

国共内戦に破れて台湾に敗走した中国国民党にとって、いきさつの似ている鄭成功の活躍は非常に身近に感じられており、中華民国海軍フリゲートには成功級という型式名がつけられている(一号艦名が「成功」)。

歴史上の鄭成功は、彼自身の目標である「反清復明」を果たす事無く死去し、また台湾と関連していた時期も短かったが、鄭成功は台湾独自の政権を打ち立てて台湾開発を促進する基礎を築いたこともまた事実である為、鄭成功は今日では台湾人の不屈精神の支柱・象徴(開発始祖)として社会的に極めて高い地位を占めている。台湾城内に明延平郡王祠として祠られており、毎年4月29日復台記念式典が催されている[1]

紀念[編集]

関連文献[編集]

(白麓蔵書)鄭成功伝(鄭亦鄒撰・木村孔恭点、安永3年大坂木村氏蒹葭堂刊本の複製)を収む
  • 寺尾善雄、『明末の風雲児 鄭成功』東方書店、1986、ISBN 4-497-86164-3
  • 長崎鄭成功と同時代史研究会編、『鄭成功と同時代史研究-鄭成功生誕370年記念-』1994
  • 林田芳雄、『鄭氏台湾史―鄭成功三代の興亡実紀』汲古書院、2004
  • 内藤史朗、『東天紅の龍 鄭成功評伝』、榕樹会事務局, 2010.8.
  • 河村哲夫、『龍王の海 国姓爺・鄭成功』、海鳥社, 2010.3.
  • Interpreting Zheng Chenggong: The Politics of Dramatizing a Historical Figure in Japan, China, and Taiwan. Chong Wang;VDM Verlag, Saarbrücken 2008; ISBN 3-639-09266-X
  • 福住信邦、『新国姓爺合戦物語り』、講談社出版サービスセンター、1989.:著者は鄭家の子孫

浄瑠璃[編集]

小説[編集]

  • 旋風に告げよ 陳舜臣 講談社、1982 「鄭成功 旋風に告げよ」中公文庫
  • 南海の風雲児・鄭成功 伴野朗 講談社, 1991.8. のち文庫 (小説)
  • 朱帆 鄭成功青雲録 高橋和島 海越出版社、1993 のち小学館文庫
  • 怒帆 鄭成功疾風録 高橋和島 海越出版社、1994 のち小学館文庫
  • 怒濤のごとく 白石一郎 毎日新聞社、1998 のち文春文庫

映画[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 旧集落で観光協会をつくって 台湾と独自の海外交流 - よかネット

関連項目[編集]