隆武帝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
隆武帝 朱聿鍵
南明
第2代皇帝
Long-wu.jpg
王朝 南明
在位期間 1645年 - 1646年
都城 福州
姓・諱 朱聿鍵
長寿
諡号 思文皇帝
配天至道弘毅肅穆思文烈武敏仁廣孝襄皇帝
廟号 紹宗
生年 万暦30年(1602年
没年 隆武2年(1646年)10月
朱器墭
宣皇后
皇后 孝毅襄皇后
年号 隆武:1645年 - 1646年

隆武帝(りゅうぶてい)は、南明の第2代皇帝聿鍵(いつけん)。廟号紹宗(しょうそう)。日本では在位中の元号隆武を取って隆武帝と呼ぶのが一般的。の太祖・洪武帝朱元璋の第23子、唐定王朱の8世孫にあたる(下記系図参照)。

生涯[編集]

崇禎5年(1632年)、祖父の唐端王・朱碩が死去、父・朱器が既に他界していたため、唐王の爵位を相続する。しかし、崇禎9年(1636年)に軍の運用を巡り崇禎帝によって庶人に落とされ、鳳陽に軟禁された。崇禎帝が自殺し、弘光帝が即位すると恩赦を受け、広西平楽に移されることになった。

移送中に弘光帝が清軍に囚われたとの報を受けた朱聿鍵は、福州の地で鄭芝龍黄道周らに推されて明の帝位を継承することにし、隆武帝となった。

鄭成功が隆武帝にはじめて謁見した時、隆武帝は「朕に公主(娘)がいないのが残念である」と述べ、その容貌と聡明さを気に召したほどだった。

隆武2年(1646年)、清軍が福州を攻撃すると汀州に逃れたが、李成棟の軍によって捕らえられた。その後絶食して自ら命を絶った。享年45。

宗室[編集]

  • 皇后
    • 孝毅襄皇后曽氏
  • 子女
    • 荘敬太子 朱琳源(夭折)

系図[編集]

太祖洪武帝
朱元璋
 
1唐定王
 朱
 
2唐靖王
 朱瓊
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
3唐憲王
 朱瓊
 
4唐荘王
 朱芝址
 
5唐成王
 朱弥鍗
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
文城王
朱弥鉗
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
6唐敬王
 朱宇温
 
7唐順王
 朱宙
 
8唐端王
 朱碩
 
朱器
 
9唐王・隆武帝
朱聿鍵
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
10唐王
 朱聿
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
紹武帝
朱聿𨮁
 
  • 明史』巻118(列伝第6 諸王3 唐王伝)および巻120(列伝第8 諸王5 桂王伝)より作成。