万暦帝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
万暦帝 朱翊鈞
第14代皇帝
明神宗.jpg
明神宗朝服像
王朝
在位期間 1572年 - 1620年
都城 北京
姓・諱 朱翊鈞
諡号 範天合道哲粛敦簡光文章武安仁止孝顕皇帝
廟号 神宗
生年 嘉靖42年8月17日
1563年9月4日
没年 万暦48年7月20日
1620年8月18日
隆慶帝
貴妃李氏
皇后 孝端顕皇后
陵墓 定陵
年号 万暦:1573年 - 1620年
明神宗冕服像

万暦帝(ばんれきてい)は、朝の第14代皇帝翊鈞(よくきん)。廟号神宗は範天合道哲肅敦簡光文章武安仁止孝顕皇帝。日本では一般的に治世の元号を取って万暦帝と呼ばれる。

生涯[編集]

万暦の中興[編集]

隆慶帝の第3子として生まれ、10歳で即位した。即位直後は主席大学士宰相張居正の手腕により、両税法にかわる一条鞭法の導入・無駄な官職の撤廃・全国的な検地・無用な公共事業の廃止などにより財政は好転し、満州女真李成梁により一時的に落ち着いた状態となり、内外政で大きな成果を上げた。また帝自身も幼少年期には聡明利発で、将来の大器と目されていた。

堕落[編集]

しかし万暦10年に(1582年)に張居正が死去し、親政を始めると一転して堕落し、寵姫鄭貴妃の偏愛による立太子問題(詳しくは泰昌帝の項を参照)が起きた。また日本の豊臣秀吉が引き起こした朝鮮の役においては、宗主国として朝鮮を援助し、それ以外にも寧夏ボハイの乱播州楊応龍の乱の鎮圧(朝鮮の役を含めて万暦の三征と呼称)などによって、軍制の腐敗と相まって財政は悪化した。

さらに朝廷の中では、顧憲成が復興した東林書院を中心とする東林党と、魏忠賢宦官勢力と結んだ非東林党の争い(党争)が激化して宦官が跋扈するようになり、また満州の女真もヌルハチの下で明の遠征軍を破るなど強大化して国事多難となった。

しかし万暦帝は相変わらず政治に関心を持たず、国家財政を無視して個人の蓄財に走った。官僚に欠員が出た場合でも給料を惜しんで、それを補充しないなどということを行い、このために一時期は閣僚が一人しかいない、あるいは地方長官が規定の半数しかいないなどという異常事態となった。

さらに悪化した財政への対策として(あるいは自らの貯蓄を増やすために)、全国に税監と呼ばれる宦官の徴税官を派遣して厳しい搾取を行った。この搾取に反対する民衆により税監たちが度々殺される事件が起こったが、万暦帝は最後まで廃止しようとはしなかった。

国家にとって不可欠な出費を惜しむ一方で私的な事柄には凄まじい贅沢をした。例えば鄭貴妃の子である福王朱常洵を溺愛し、その結婚式のために30万両という金額を使っている(張居正が政治を執っていた十数年に国庫に積み上げた金額が400万両である)。このことで民衆の恨みを買い、後に朱常洵は蜂起した李自成軍に捕らえられた時に残忍な殺され方をしている。

後半生では25年にわたって後宮にこもり、朝政の場には全く姿を現さなかったという。

評価[編集]

万暦帝の治世は明の退廃と爛熟の時期であった。この時期に外国産のが大量に流入したことにより、経済界は好況に沸き、その影響で文化的には最盛期を迎え、景徳鎮における万暦赤絵などの陶磁器の名品が生まれた。万暦帝はこのことに気を良くしていたのだろうが、明の衰退は明らかとなっており、女真の力も増す一方であった。『明史』は「明朝は万暦に滅ぶ」と評している。

なお当時、過去の文献の修正を多々含むため毀誉褒貶の激しかった『本草綱目』の献上を受けたときに、これを絶賛して出版への便宜を与えるなど、中国本草学の発展への寄与は大きい。

1960年代から中国で始まった文化大革命の最中、旧思想・旧文化破棄を掲げる紅衛兵らにより墳墓が暴かれ、后妃の亡骸とともにガソリンをかけられ焼却されてしまった。

宗室[編集]

后妃[編集]

  • 孝端顕皇后王喜姐
  • 孝靖皇太后
  • 孝寧太皇太后
  • 孝敬太皇太后
  • 昭妃劉氏、宜妃楊氏、端妃周氏、榮妃王氏、德妃許氏、順妃李氏、順妃常氏、僖妃王氏
  • 和嬪梁氏、德嬪李氏、榮嬪李氏、慎嬪魏氏、敬嬪邵氏、順嬪張氏、悼嬪耿氏
  • 侍御胡氏

[編集]

[編集]