明の十三陵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
明の十三陵
碑亭
地下宮殿の内部
崇禎帝の無字碑

明の十三陵(みんのじゅうさんりょう)とは、中国北京市昌平区天寿山にある代の皇帝、后妃の陵墓群である。成祖永楽帝以後の皇帝13代の皇帝の陵墓があるため、この通称がある。このうち定陵は発掘され内部は地下宮殿として公開されている。

世界遺産明・清王朝の皇帝墓群」の一部である。

被葬者[編集]

概要[編集]

関連項目[編集]

神道

外部リンク[編集]