北伐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

北伐(ほくばつ)とは、中国の歴史に敵国がある場合にそこへ向けて軍を起こすことを言う。

概要[編集]

中国は地理上の条件から南北に分裂しやすく、しかも北には漢民族の文化的故郷とも言うべき黄河があり、南は経済的に北を圧する力を持っていた。故に北に割拠した国は南を征服する事を望み、南に割拠した国は自分達の故郷を取り戻す事を望んだ。中国の歴史上、北伐と名乗る戦争は歴代にある。

蜀漢の北伐[編集]

三国時代(蜀漢)の諸葛亮が自ら軍を率いて出兵した侵攻が5度行われた。

これは、初代皇帝劉備王朝復興の遺志に基づくものであったが、当時の蜀の国力及び軍事力からすれば、かなり無理なものがあった。元々蜀は荊州と益州の二方面からの北伐を計画していたが、荊州を魏と呉に奪われていたため、益州のみからの北伐を余儀なくされた。

228年春の第一次北伐は、最初の内こそ上手く行っていたものの、諸葛亮の指示に背いた先鋒の馬謖張郃に撃破され、その後蜀軍は撤退する(街亭の戦い)。 228年冬の第二次北伐は、攻めあぐねているうちに食糧不足により撤退した。撤退時に追撃してきた王双を討ち取っている(陳倉の戦い)。 229年春の第三次北伐は、陳式が武都・陰平を攻め、諸葛亮が魏の郭淮を防ぎ、武都・陰平の両郡を平定した。 231年春2月から始まった第四次北伐は、祁山を包囲し、援軍に来た張郃・司馬懿を撃退するが、同年夏6月に食料不足により撤退する。撤退時に追撃してきた張郃を討ち取っている。 そして234年春2月から始まった第五次北伐は屯田を行い長期戦に持ち込むが、同年秋8月に諸葛亮は陣中で病没した(五丈原の戦い)。

第四次北伐と五次北伐の間に益州南部で反乱が起こっている。蜀末期の学者で『三国志』の著者の陳寿の学問の師である譙周によれば、「益州南部は遠方蛮族(南蛮)の土地で、反乱が多く統治の難しさから従来は税が課されていなかったが、諸葛亮が益州南部の反乱を制圧したのち益州南部に租税を課せるようになり、それを苦しみ恨んでいる」と言って蜀が滅びる前に南方に撤退しようと検討していた劉禅を説得している(譙周伝)。

諸葛亮の死後、北伐は一時期中止されて国力の回復が図られる。諸葛亮の後継者であった蒋琬もその遺志を継いで北伐を計画したが、実現を見ぬまま病死した。その後、北伐反対派の費禕を経て姜維が軍権を握ると、再び北伐が大々的に行われることとなった。しかし、度重なる北伐により、蜀の国力は徐々に弱体化していった。

東晋の北伐[編集]

三国時代を終結させた西晋八王の乱による混乱とそれに続く周辺異民族(五胡)の進入により滅亡(永嘉の乱)、生き残りが河北河南関中を失いながら江南に亡命政権を打ち立てた(東晋)。東晋は故地奪回のため度々北伐軍を繰り出し、有力部将が自らの地位・名声を向上・強化するための手段としても北伐が行われた(桓温劉裕)。しかし、朝廷内部での権力闘争や軍閥間の不和もあって足並みは揃わず、占領した北方が戦乱により疲弊していたことによる補給の困難もあって、北方の永続的な回復には至らなかった。以下、東晋時代に行われた主な北伐を挙げる。

祖逖の北伐[編集]

東晋朝廷から軍を授けられなかったが、祖逖は故地回復を目指して2000の義勇兵を率いて長江を渡り北伐を開始。河南の諸主を破り、あるいは下した後、後趙と戦い石勒石虎を破り河南を回復した。しかし河北回復を目指して準備中、朝廷により更迭され憤死。祖逖が回復した河南もやがて後趙に奪われた。

殷浩の北伐[編集]

353年、後趙滅亡後の北方の混乱に乗じて殷浩は北府軍団(長江下流域・首都建康の近郊に駐屯していた)を率いて北伐を敢行したが、背いた族の首長姚襄に敗退した。

桓温の北伐[編集]

354年、桓温は西府軍団(長江中流域に駐屯していた)を率いて荊州から北伐を敢行する。関中に進撃し前秦苻健を破り、苻健の長子苻萇を討ち取ったが、長安の回復には失敗した。356年族の姚襄と戦い撃破、洛陽を奪回した。

9年後の365年前燕に洛陽が奪われると、369年に前燕に対する北伐を敢行する。序盤は優位に進めたが、干ばつによる水路補給路の断絶と前秦の参戦により撤退、帰途に前燕の慕容垂の軽騎兵による追撃を受け、死者3万を超える大敗を喫する。これにより桓温の北方回復は潰えた(枋頭の戦い)。

劉裕の北伐[編集]

慕容超の治世に南燕が乱れると、410年、劉裕は南燕に対する北伐を敢行。同年、南燕を滅ぼし山東を奪回する。これにより東晋・南朝と三韓及び倭国との交通状況が改善され、大規模な遣使が可能となった(→倭の五王)。416年後秦姚興が死んで同国が混乱すると、同年、劉裕は檀道済王鎮悪らの諸将を率いて後秦に対する北伐を決行。翌417年に後秦を滅ぼし、長安・洛陽を奪回した。しかし、国元を任せた劉穆之が急死したため、劉裕は次男劉義眞に王鎮悪、沈田子毛徳祖らの諸将を付けて関中に残し、建康へ帰った。

劉裕が南に帰ると、赫連勃勃が関中の奪取を狙って侵攻してきた。そのような状況にありながら劉裕が残した諸将は仲間割れを起こし、沈田子が王鎮悪を謀殺する。これにより東晋軍の結束は乱れ、赫連勃勃に敗れて関中を失った。

南宋の北伐[編集]

明による統一[編集]

末、湖北淮南江南を統一した朱元璋は、1368年1月に南京で即位し、国号とした。

朱元璋はさらに、徐達河南河北へと向かわせた。元の内紛もあり、徐達はココ・テムル率いる元軍を破った。同年8月に、トゴン・テムル大都を放棄した。

モンゴル高原甘粛へと逃れた残存勢力とは、ココ・テムルの子アユルシリダラ1378年に死ぬまで、戦争が続いた。

太平天国の北伐[編集]

国民党の北伐[編集]

北伐に望む蒋介石
北伐後の中華民国の情勢。藍色の部分は蒋介石率いる南京国民政府の支配が強い領域。ピンクの部分は地方の軍閥の支配が強い領域。満州張学良奉天派支配地域、山西省閻錫山山西派支配地域、陝西省寧夏等の北西部は馮玉祥西北派支配地域、広東省広西等の南部は李宗仁新広西派支配地域、雲南省竜雲雲南派支配地域

辛亥革命後の軍閥割拠状態になった中国において、孫文蒋介石指導の国民党による全国統治を目指して戦われた北京政府や各地軍閥との戦争。特に1926年から1928年のものを指すことが多い。

1921年5月、広東地方の軍閥陳炯明の勢力を基盤として広東護法政府非常大総統に就任した孫文は、中国の統一をめざして北伐を図った。しかし、大規模な軍事行動は、広東地方への経済的負担を強いるものであり、広東の安定を最優先に考える陳炯明の反対を招き失敗する。

1923年2月、広東を回復した孫文は第3次広東軍政府を組織すると、急速にソ連との関係を深め、その助言をうけ中国共産党との合作、革命軍の中核を担う人材を養成する黄埔軍官学校を設立するなどして軍閥に依存しない自身の勢力強化につとめ、1924年9月18日に「北伐宣言」を発表し北京政府に対抗した。しかし、同年10月23日、北京政府内で全国統一をかかげた馮玉祥が政変(北京政変、首都革命)を起こし孫文に北上を要請、これに応えた孫文が北京に入るなど平和的統一の機運が高まり北伐は立ち消えになる。この平和的統一の流れは1925年3月12日に孫文が北京で客死すると頓挫した。

孫文亡き後の国民党は広東に国民政府を組織する。この中で中山艦事件を契機に、急速に台頭してきた蒋介石が中心となり、1926年7月1日、国民政府は「北伐宣言」を発表、北伐が開始された(第1次北伐)。北伐軍は、統一を望む輿論を背景に北京政府や各地軍閥を圧倒、翌1927年には南京上海を占領した。

しかし、中国国民党内部で中国共産党が勢力を拡大したこともあり、4月12日蒋介石は、党内の中国共産党員の粛清を行った(上海クーデター)。その後、上海クーデターから中国国民党の武漢と南京分立(寧漢分裂)、武漢国民政府の中国共産党と決別及び南京国民政府との合流、広州張黄事変に至るまでの間は中国国民党内の混乱によって北伐は一時停滞をみせた。

蒋介石が事態の収拾に成功し権力を掌握すると、1928年4月8日に北伐を再開した(第2次北伐)。日本(首相田中義一)は、中国にある既得権益及び治安の維持のため、居留民の保護の名目で山東省に軍を派遣した(山東出兵。この時、済南に入った北伐軍との間で武力衝突が発生した(済南事件)。その後、国民革命軍は日本との衝突を避けつつ閻錫山、馮玉祥らの軍閥を傘下に加え進撃した。そして、6月4日奉天派の首領である張作霖が北京を撤退した後、6月15日北京を占領した(その後、張作霖爆殺事件が起こった)。父のあとを継いだ張学良12月29日に降伏したこと(易幟)をもって、北伐は完了し一応の国民党による全国統治を果たしたのであった。

しかしこの「北伐」完成は、地方の軍閥勢力を残存させたままでの極めて妥協的な「中国統一」であったため、1929年3~6月には蒋桂戦争が、1930年5~11月には中原大戦が勃発する等絶え間ない戦乱が続いた。また、これに中国の共産化を狙うソ連ー中国共産党の工作や、大陸における既得権益を防衛したい英国や日本等の思惑、中国市場の主役の座を獲得したい米国の謀略が加わり、国内政治は常に安定しなかった。