出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

(あざな、拼音: )とは、中国など東アジア漢字圏諸国で使われる人名の一要素である。 昔、中国で成人男子が実名以外につけた名。日本でも学者文人がこれをまねて用いた。 また、実名以外に呼び習わされた名。あだな

概要[編集]

歴史的に、中国人は個人に特有の名として(氏)と(名)との三つの要素を持った。日本では大抵の中国人は「姓-諱」の組み合わせで知られる。ただし例外的に「姓-字」の呼称が通用している人物もいる。伍子胥(諱は員)、項羽(諱は籍)、諸葛孔明(諱は亮)、蒋介石(諱は中正)など。

例えば「諸葛-亮」は「諸葛」が姓、「亮」が諱であり、字を「孔明」という。諱は軽々しく用いられることは忌避され(そのため日本に入って「忌み名」と訓じられた)、同時代人に対しては[1]主君などの特定の目上の人物だけが諱を使用し、それ以外の人間が諱で呼びかけることは極めて無礼なこととされていた。逆にそういった諱で呼びかけられる立場にある者がわざわざ字で呼びかけることは、立場とは別に一定以上の敬意を示すことになる。諸葛亮を例に取れば、三国志演義の訳本において劉備であっても「孔明」と呼ばせているものは一定以上見受けられるが、関羽、張飛をそれぞれ雲長、翼徳(益徳)と呼ばせているものはまずない。『礼記』曲礼篇に「男子は二十歳でを着け字を持った」「女子は十五歳でかんざしを着け字を持った」とあり、成人した人間の呼び名としては原則として字が用いられた。

なお、その人物が官職に就いた場合は官職名で呼ぶことが優先された(諸葛亮なら「諸葛丞相」。丞相が官職名である)。この場合、親しい間柄以外は、字で呼ぶことは、諱ほどではないにしても少々無礼なこととされていた。

前述のとおり、字は諱を呼ばないために使うものであるので、基本的に相手に対して「劉-備-玄徳」のように姓・諱・字を連結して呼ぶことはない。しかし文書の中では姓・諱・字を連結して書く場合がある[2]

類例[編集]

字に明確な法則はないが、多くの場合は二字である(陳勝(渉)、顔之推(介)など一字の例や尉遅迥(薄居羅)など三字の例もある)。一字目に敬称である「子」の字、あるいは輩行を表す「伯・孟(長男)」「仲(次男)」「叔(三男)」「季(四男または末子)」「幼(五男または末子)」などの字を入れる場合も多い。序列を表す内容の字は他にも「元・長(長男)」などが在る。また諱と関連した字を用いることも多く、以下のようなパターンがある。

  • 諱と同義の字を用いた例
班固(孟堅)-固と堅は同義、諸葛亮(孔明)-亮と明は同義、文天祥(景瑞)-祥と瑞は同義
  • 諱と対義の字を用いた例
趙衰(子余)-衰と余は対義、呂蒙(子明)-蒙と明は対義、朱熹(元晦)-熹と晦は対義
  • 経書に典拠を求めた例
李商隠(義山)-『史記』の伯夷・叔斉は商の末期の隠者で義を以て山に篭った
曹操(孟徳)-『荀子』の「夫是之謂徳操」の句に取材
白居易(楽天)-『礼記』の「故君子居易以俟」「不能安土、不能楽天」の句に取材
  • 古人にちなんだ例
司馬相如(長卿)-卿となった藺相如に取材、田豫(国譲)-豫譲に取材、閻若璩(百詩)-百詩を作った応璩に取材
  • その他関連性がある例
趙雲(子龍)-龍は雲を呼ぶ、郭淮(伯済)-淮水、済水は河名、岳飛(鵬挙)-鵬が上れば飛ぶ

また、杜牧(牧之)、胡適(適之)など諱と字に同字を用いることもあり、中には司馬徳文(徳文)、郭子儀(子儀)、司馬道子(道子)、孟浩然(浩然)のように諱と字が全く同じという例もある。その他変わった命名法としては、王維(摩詰)の諱と字をつなげると維摩詰(ヴィマラキールティ)という仏教経典上の人名になる。

中華人民共和国では、字の公用を廃止している。

法字[編集]

禅僧は、出家後に法名の他に僧侶の字である「法字」を持つことがあった(ただし「法号」と称されることも多く、字と号の区別は明確でない)。この場合、法字・法名の順に連ねるという独特の表記が用いられた。例えば臨済義玄は「義玄」が法名で「臨済」が法字である。この風習は日本にも伝わり、宗純のように法字の「一休」の方がよく知られている僧もいる。

[編集]

  1. ^ 後世の人間が歴史上の人物として言及する場合には基本的に諱を用いる。ただしこの場合でも、字やを用いて敬意を表すこともある(諸葛亮に諡を用いて「諸葛武侯」と呼んだり、白居易に字を用いて「白楽天」と呼んだりする場合など)。また皇帝になった人物は通常諡号か廟号で呼ばれる。
  2. ^ 実例として、曹丕「典論論文」の「今之文人、魯国孔融文挙、広陵陳琳孔璋、山陽王粲仲宣……」や『三国志』「諸葛亮伝」の「身長八尺、每自比於管仲楽毅、時人莫之許也。惟博陵崔州平、潁川徐庶元直与亮友善、謂為信然」などがあげられる。

関連項目[編集]