成功級フリゲート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
成功級フリゲート
ROCN cheng kung class.jpg
艦級概観
艦種 フリゲート
艦名
建造期間 1990年 - 2002年
就役期間 1993年 - 就役中
前級 済陽級フリゲート
次級 康定級フリゲート
性能諸元
排水量 満載:4,200t
全長 138.1m
全幅 14.3m
吃水 4.9m
機関 COGAG方式
LM2500-30ガスタービンエンジン(20,500 hp 2基
推進器(可変ピッチプロペラ) 1軸
非常用旋回式スラスタ(350 hp) 2基
速力 最大30ノット
航続距離 4,500海里(20ノット)
乗員 217人(飛行要員19人)
兵装 62口径76mm単装速射砲 1基
350PX 40mm単装機関砲 2基 (田単は装備せず)
T75S 20mm機関砲 2基(田単のみ)
ファランクス 20mmCIWS 1基
Mk.13 mod.4 ミサイル単装発射機
スタンダードMR SAM
を発射可能
1基
雄風II型 SSM4連装発射機 2基 (3隻のみ)
雄風II型SSM連装発射機 2基(5隻のみ)
雄風III型SSM連装発射機 2基(5隻のみ)
Mk 32 3連装短魚雷発射管
Mk46短魚雷用)
2基
艦載機 S-70C-1哨戒ヘリコプター 2機
C4I 大成 (台湾版NTDS; リンク 11 / 14)+リンク 16
JTDS+Mk.92 GMFCS+Mk 116 UBFCS
レーダー SPS-49 対空捜索
SPS-55 対水上
STIR-240 射撃指揮
ソナー AN/SQS-56 船底装備式
電子戦
対抗手段
AN/SLQ-32(V)5統合電子戦装置
Mk 36 SRBOC チャフフレア展開装置

成功級フリゲート成功級巡防艦、Cheng Kung class frigate)は、台湾海軍フリゲートオリバー・ハザード・ペリー級ミサイルフリゲートライセンス生産によって8隻が建造された。

概要[編集]

台湾海軍の近代化計画の一つである光華I号計画によって調達されたフリゲートであり、原型となったオリバー・ハザード・ペリー級との相違点として、ハープーンの代わりに雄風II型を搭載、Mk-13ミサイルランチャーのスタンダードミサイル専用化、40mm機関砲装備による対高速艇能力の強化、一部対潜装備の省略などがある。また、本級8隻目の「田単」をイージスシステム搭載艦として建造する構想もあったが、結局8番艦として建造された。

2006年3月には、鄭和がパラオで接触事故を起こし航行不能となる事態が発生している。

なお、成功級は艦設計時のミスによって、成功級の76mm砲を射撃するとその真下にある40mm機関砲の給弾作業員が衝撃波で最悪死亡することが判明。結果、成功級は戦闘時には76mm砲と40mm機関砲を同時に射撃せず、76mm砲の射撃時には40mm機関砲の作業員は艦内退避をすることとなった。
また、成功級は、この両舷の40mm機関砲に加え船体上に装備された雄風II型対艦ミサイル発射機が船の重心位置の上昇を招いている。その為、船体の幅を原型のペリー級より大きくするなどして対応しているが、それでも安定性を損ねているようである。
この事が原因で、8番艦の田単は40mm機関砲を装備を取り止め、後日代わりに20mm機関砲を両舷に装備した。

2012年には、8隻のうち5隻に2011年8月に公開実験を行った雄風III型対艦ミサイルを実戦配備した。

同型艦[編集]

艦番号 艦名 起工 進水 就役 艦名の由来
1101 成功 1990年
12月21日
1991年
10月5日
1993年
5月7日
鄭成功
1103 鄭和 1991年
10月29日
1992年
10月15日
1994年
3月28日
鄭和
1105 繼光 1992年
10月30日
1993年
10月3日
1995年
3月4日
戚継光
1106 岳飛 1993年
9月5日
1994年
8月26日
1996年
2月26日
岳飛
1107 子儀 1994年
8月7日
1995年
7月13日
1997年
1月9日
郭子儀
1108 班超 1995年
7月25日
1996年
7月3日
1997年
12月16日
班超
1109 張騫 1995年
12月4日
1997年
5月14日
1998年
12月1日
張騫
1110 田単 2001年
2月22日
2002年
10月17日
2004年
3月11日
田単

関連項目[編集]

外部リンク[編集]